Ability To Earn

こちらは、無料”裏”メルマガ『Ability To Earn(以下、ATE)』の登録ページです。


ビジネスの行程の中で悩みの割合が大きいのは、やはり「集客」です。

来月どころか今月の売上の目処も立たないという状況から、いつまで経っても脱することができない人は多いです。

一方で、集客に困っていない人はビジネスを立ち上げた段階からずっと困っていないという事実もあります。


この「集客に困っていない」というのは、集客の行程や使うツールなどによって成果のムラや取りこぼしはあるものの、「ヤバいな」という状況に陥ることは無いということですね。

なので、早くそういった状況にできるようにと、集客に力を入れたりマーケティングを学んだりする人は多いんですが、集客やマーケティングの手段なんて、上手くいっている人も上手くいっていない人もそんな大差はなく、実施しているアプローチはほぼ同じだったりします。


じゃぁ、一体何が両者の違いをもたらせているのか?


上手くいっている人は、

1.力を入れなくても集客できてしまう市場やビジネスに参入している
2.初動で「見込み客を集める」という時代遅れのアプローチをしていない
3.アプローチの的確な組み合わせによって集客の導線が確保している

ただこの3つを意識して取り組んでいるだけです。

つまり、がんばっても集客がはかどらないビジネスやアプローチで、あれこれと集客の施策を打ち続けるのは根本的な順序が逆だということです。


まだピンとこないかもしれませんが、実は、『ATE』の登録画面をも見られているあなたには、上記3つを理解して実践するための準備が整っています。

なぜなら、『ATE』の入り口は、noteの有料記事の中にしか設置していないからです。

つまり、たとえ数百円でも情報にお金を払うというアクションを起こしたごくごく限られた人しかたどり着けないページであり、「お金を払ったら負け」というフリーライダーには絶対にたどり着けないページなんです。


これは、『2.初動で「見込み客を集める」という時代遅れのアプローチをしていない』につながる部分でもあるわけですが、これから配信していく『ATE』の内容は、情報にお金を払うという経験をしてもらった人にしか理解できない内容なんですね。

なので、noteの中にだけ『ATE』の入り口を設置しています。


『ATE』を読んでいただく人は、僕の発信の方法や表現に対しての耐性はかなりついている人だと思うので、noteの有料記事の補足と深掘り、さらにはnoteの記事でも書けないようなコアな内容を、noteやブログ以上に言葉を選ばずに一切オブラートに包まずお伝えします。
まさに、Ability To Earn(稼ぐ能力)を上げてもらうためのメルマガです。


ぜひ楽しみにしていてください。

迷惑メールと認定されてしまうようなワードもガンガン入ってきますので、受信設定もお忘れなく。

※ FACTDEALのプライバシーポリシーはこちらから

  1. 起業

    アフィリエイトの正しい知識

    起業して安全かつ最短でサラリーマンの給料を超える方法
  2. 青木真也 長谷川豊

    政治・経済

    ”ミスター炎上”長谷川豊と”空気を読まない”青木真也のガチンコトークバトル!
  3. USP

    集客・マーケティング

    どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの…
  4. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
  5. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと
PAGE TOP