ブログ集客

  1. アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑥:お金が欲しくなったらセミナーをする Part1

    こんにちは、服部です。あたりまえの話ですが、セミナーを頻繁にしてるアメブロ集客コンサルは、セミナーでのセールスを得意にしています。で、な…

  2. アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑤:アメブロで儲かるほど窮地になる

    こんにちは、服部です。どんな世界(業界)でもそうですが、儲かって有名になってくると妬み嫉みであったり、誹謗中傷などの”ネガキャン”の動きが活発に…

  3. アメブロ

    アメブロ集客の裏側④:アメブロの商用利用禁止について

    こんにちは、服部です。アメブロの商用利用禁止に関しては永遠の課題というか、いろんな人の憶測が飛び交ってるわけなんですよね。しかしこれに関して…

  4. アメブロ

    アメブロ集客の裏側③:読者登録をしないという方法

    こんにちは、服部です。Facebookの友達の数と同じような感覚で、アメブロの”いいね!”や読者数を増やす人が多いですが、相互登録を増やして言っ…

  5. アメブロ

    アメブロ集客の裏側②:共感する(させる)方法を変える

    こんにちは、服部です。アメブロにおけるペタや”いいね!”、読者登録などの機能は、要は「あなたに共感しましたよ」という合図です。これをリアルの…

  6. アメブロ

    アメブロ集客の裏側①:現代版アメブロで生き残るために

    こんにちは、服部です。アメブロユーザーの数は昨年の時点で4,000万人、2015年で5,000万人は超えるだろう言われてます。で、「簡単に集…

  7. メルマガ

    ステップメールの8通目:セールスとフォロー

    こんにちは、服部です。ステップメールの8通目は『セールスとフォロー』です。いよいよ最後の(セールス)メールになります。いよいよと言っても…

  8. メルマガ

    ステップメールの7通目:予告とオファー

    こんにちは、服部です。ステップメールの7通目は『予告とオファー』です。必ずしも予告が必要なわけではないですが、直前まで何の素振りも見せずにセ…

  9. メルマガ

    ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み

    こんにちは、服部です。ステップメールの6通目は『ターゲットの絞込み』です。前回のメールにも少しつながる内容になるんですが、要するにスクリーニ…

  10. メルマガ

    ステップメールの5通目:デメリットの告白

    こんにちは、服部です。ステップメールの5通目は『デメリットの告白』です。何でもそうですが100満点の商品・サービスはありません。むしろ、…

  11. メルマガ

    ステップメールの4通目:プレゼントの提供

    こんにちは、服部です。ステップメールの4通目は『プレゼントの提供』です。4通目としてますが、読者への無料プレゼントの提供に関しては、何通…

  12. メルマガ

    ステップメールの3通目:ヒーローストーリー

    こんにちは、服部です。ステップメールの3通目は『ヒーローストーリー』です。2通目設定した共通の敵を倒していくわけですが、まずは、あなた自身が…

  13. メルマガ

    ステップメールの2通目:共通の敵の設定

    こんにちは、服部です。ステップメールの2通目は『共通の敵の設定』です。1通目で無事に「つかみはOK!」となったところで、2通目の内容に入って…

  14. メルマガ

    ステップメールの1通目:つかみと共感

    こんにちは、服部です。ステップメールの1通目は『つかみと共感』です。メルマガを登録してもらったあと、ほぼ必ず読まれるのがこの1通目のメールです。…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

コンサルタントのためのメルマガ

Next Consul Skill

Facebookページ

特集記事

  1. パワースポット
  2. note
  3. 2016
  4. friend

人気記事

  1. 女性
  2. マインドコントロール
  3. ブログ
  4. 青木真也

関連コンテンツ

  1. 報われない 死にたい

    マインドセット

    努力が報われなくても死ななくて良い
  2. スマホ中毒

    インプット

    ノーモニターデーを定めた方が良い3つの理由
  3. rich

    経営・ビジネス

    一生お金に困らなくなるための「お金原論」とは?
  4. アメブロ

    塾や講座に参加しても”売れる”コンサルタントにはなれません
  5. USJ

    経営・ビジネス

    マーケティングの基礎を学びたい人が最初に読むべきUSJの本
PAGE TOP