マインドコントロール

コンサルティング

なんちゃってコンサルタントはなぜみんなこぞって「コンサルタント養成講座」をするのか?

こんにちは、服部です。

結論から言うと、彼らは、

アタマ数を集めないと稼ぐことができないから

です。

あるいは、

アタマ数を集めて手っ取り早く稼ぎたいから

です。

個別のクライアントを獲得できない、
あるいは、それだけだはやっていけないくらいの
低い単価でコンサルをしているからです。
 

確かに、めっちゃ高い単価のコンサルタントで、
もうこれまでに死ぬほど稼いでいて
今は後任の育成に力を入れているという人は
僕も何人かは知っています。

あくまで”ライフワーク”としてやっている人ですね。

そういう人は別です、いや別格です。

しかし、大半のなんちゃってコンサルタントは
”ライスワーク”のため、
つまり、食べていくためだけにやってるんですね。

コンサルタントの集客は難しい

基本的にコンサルタントは
胡散臭いし、信用されにくい職業なので、
実績や権威性がないコンサルタントとしては
コンサルを必要とする人をターゲットにするより
「コンサルタントになりたい人」を集める方が
集客が圧倒的に楽なんですよ。

百戦錬磨の経営者や社長を相手にする場合、
圧倒的な実績か、圧倒的な情報の価値、
強い共感や新しい価値観を提供してなければ
簡単には信用してもらえません。

一方、コンサルタントになりたい人で、
しかも起業段階の人というのは
コンサルタントどころか
ビジネス自体が初心者の超情報弱者なので、
人柄やキャラだけで集客できてしまいます。

嘘や虚飾、偽ブランディングが通用するんです。

そりゃ、楽に集客できて稼げる方に逃げます。

コンサルマインドが皆無の人たち

こういうコンサルタントたちのことを
僕がなぜ「なんちゃってコンサルタント」と言うのか?

だって、考えてみてください。

コンサルタントというのは
企業や経営者の問題を解決して
その対価として報酬をもらうわけですよね。

その難易度が高ければ高いほど、
それが強烈なやりがいだったりするわけです。

普通のコンサルタントの気質であれば。

少なくとも僕はそうです。
 

なのに、そもそも問題を抱えていない人に

「稼ぎたいだろ?じゃぁコンサルタントやろうよ」

といった、ニセモノのニーズを与えるのは
コンサルタントとしては完全にアウトですよね。

上記で述べたような別格の人で、
現状はコンサルタント養成の専門家であれば
それもありだとは思います。

あるいは、コンサルタントに興味がある人だけを集めて
オファー(案内)を出すとかならわかります。

が、普段コンサルタントを名乗っている人が
ある日突然、いきなり、

「あなたもコンサルタントになりませんか?」

とかブログとかで発信しだすと、

「はい来たー」

ってなってしまいます(笑)

はいはい、あなたもそっちに逃げるのね、と。

コンサル冥利

コンサルタントを始めてたかが数年のビギナーが
養成講座をやるのは矛盾だらけです。

コンサルタントを育成できるくらいの
スゴイ実力のスーパーコンサルタントであれば、
難易度の高い依頼がどんどん入って来ます。

それってめちゃくちゃやりがいのあることです。

まさにコンサル冥利に尽きることですし、
ちゃんと結果を出して
クライアンにト継続的に契約をしてもらえれば
単価も上がっていきます。

ひとまず問題が解決して契約が終わったとしても
バックエンドを購入してもらえるので
個別コンサルだけでもめちゃくちゃ儲かります。

とても講座なんてやってられません。

コンサルタントになりたい人

そうそう。

この対談の中でDaiGoさんも言ってましたが、
こういうところに集まってくる参加者って
民度の低い人がめちゃくちゃ多いんですよね。

コンサルタントになりたい人って
基本的に楽して儲けたい人なんですよ。

僕もこの業界に入った時はそうだったので(笑)
 

時間に縛られて肉体労働しなくて良いし、
モノをつくったりしなくて良いし
経験や強みを生かして、頭を使って、
喋る(教える)だけでお金になるわけですから。

そりゃぁ、誰もがやりたいと思いますよね。

実際は全然甘くないですし、
最初に就職した某コンサル会社は
ありえないくらいの超絶ブラック企業でした(笑)

そのおかげで、ありがたいことに
舐めたコンサルタントにならずに済みましたが。
 

講師(なんちゃってコンサルタント)を含めて、
コンサル業を舐めてる人が多いんですよ。

そもそも、自分でコンサルタントしてビジネスを立ち上げて
自力で稼げないコンサルタントごときが
人の役立てるわけないじゃないですか。

そんな人がコンサルタントになったところで、
人柄やキャラで売り出して
すぐに消えて行くのがオチですよ。

コンサルタントのスタートアップの段階は
無料でもなんでも良いから
這いつくばってでも何とかして仕事をもらって
経験を積んで成果を出してなんぼです。

だって、自分が上手くいったことしか
クライアントに教えることができないんですから。

自分が上手くいった経験がなくても
先生が上手くいったと言っているから
それをクライアントに当てはめるんですかね?

それってモノスゴイ無責任なことですよね。

コンサルタントに一番必要なスキルというのは
問題解決力じゃないですよ。

問題発見力が命

最後にもう一度ハッキリ言っておきますね。

なんちゃってコンサルタントが
こぞってコンサルタント養成講座をやりだすのは、

「コンサルタントの素晴らしさを伝えたい」

とか

「コンサルタントとして活躍する人を増やしたい」

とかではなく、

アタマ数を集めないと稼ぐことができないから

です。

あるいは、

アタマ数を集めて手っ取り早く稼ぎたいから

です。
 

そんなコミュニティに入ったとしても
あなたはコンサルタントとして活躍できません。

コンサルタントは問題発見力が命です。

そして、人並み外れた思考力です。

問題解決策なんてネットでいくらでも拾えます。
 

最初から

「コンサルタントのなり方(稼ぎ方)」

という薄っぺらいノウハウを求めている時点で、
最初から思考を放棄しているわけなので、
そもそも自分の問題も理解できていない人や
考えようとしていない人に
他人の問題を発見したり解決したりできません。

コンサルタントになりたいのであれば

「とにかく自分なりにやってみて失敗も成功もした」

くらいの思考や行動の経験がないと無理ですよ。

その後からです。

そこから誰かに師事して、
ビジネスを効率化して収入を上げていくんです。

それも講座や塾という組織的な環境ではなく、
あくまでもマンツーマンで。
 

コンサルタントはまず自力ありきなんですよ。

僕が、本業がある人を中心に、
コンサルティングビジネスを指導しているのは
まさにそのためです。
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で服部慎也をフォローしよう!

NCS



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  2. ステップメールの7通目:予告とオファー
  3. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー

関連記事

  1. 結婚詐欺

    アメブロ

    女性をターゲットにするブログ集客コンサルタントと結婚詐欺の関係

    こんにちは、服部です。なかなかエグいタイトルになりましたけど、…

  2. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part1】

    こんにちは、服部です。前回お伝えした『PASONAの法則』『C…

  3. セミナー

    コンサルティング

    行動派の人がセミナーに参加してはいけない理由

    常套句のように、「セミナーや講座を受けても行動しなければ決…

  4. コンサルティング

    成果を出せるコンサルタントの5つの『型』

    こんにちは、服部です。前回の話と矛盾するようですが、これも事実…

  5. ブログ集客

    右脳ブログと左脳ブログの書き方

    こんにちは、服部です。いわゆる、第六感ってあるじゃないですか?…

  6. SNSマーケティング

    起業してまで副業禁止を強いられる起業家たち

    こんにちは、服部です。起業や副業のビジネスの相談を受けるときに…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

オンラインサロン&メルマガ

ctc online

note限定記事

note

Facebookページ

特集記事

  1. アメブロ
  2. Facebook
  3. PLAY
  4. 商品価値

人気記事

  1. 起業
  2. 青木真也

関連コンテンツ

  1. アイアムアヒーロー

    WEB集客

    自分に弱くて稼げない人はウィルパワーダイエットをしよう
  2. 植松聖

    SNSマーケティング

    ネットで批判をする人は、やまゆり園で19人の障害者を殺害した殺人犯と精神構造が同…
  3. 経営・ビジネス

    『研修中』の名札は必要ですか?
  4. 総理

    インプット

    異常な思考になる→異常な行動をする→異常な人生になる
  5. 国境

    WEB集客

    ブログとメルマガの「情報の質」のライン引き
PAGE TOP