インプット

コンサルティング

インプットした情報を商品化する5つの方法④

こんにちは、服部です。
インプットした情報を商品化する5つの方法『その4』です。

その4:情報の表現の方法を変える

今回はそこまで深い内容ではありません(笑)
だって多くの人が必ず体験してることなので。

何かを新しい情報を得るときってそうですよね?
多くの人がこのせいで、迷い、悩んでいます。

各カテゴリーやジャンルには、、、というよりかは、
言葉には、同じ意味を持った言葉がたくさんあります。

そして、情報を情報を発信する人の中には、
僕は2種類の人にわかれると思っています。

一つは、情報を得る人のことを考えたら、
例え専門用語であっても、共通言語の方がいい
という人。

もう一つは、最初は理解しやすいように、
できるだけわかりやすい言葉を使うほうがいい
という人。

どちらもメリット、デメリットがあるわけなので、
これについては、ここでは掘り下げません。

言い方を変えたものや、漫画化したものなど
本当にいろいろあるのはご存知ですもんね。

どの方法やどの言葉で表現をするかは、
あなたのポジションやお客のターゲットなどで
変わってくると思います。

シンプルなものをあえて複雑に表現することで
頭の良い人と思わせる情弱狙いもいますよね。

池上彰さんみたいに、難しい経済ニュースを
めちゃくちゃわかりやすく伝える人もいます。

僕個人の意見としては、
これから真っ当なビジネスをするんであれば、
わかりやすい言葉で、特徴ある表現ができれば
差別化できて、ブランディングできると思います。

次回は最後『その5』とまとめです。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  2. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  3. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  4. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  5. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備

関連記事

  1. 夢の国

    経営・ビジネス

    夢の国の価値は「圧倒的な再現性の低さ」にある

    こんにちは、服部です。コンサルティングや問題解決にはノウハウの…

  2. ダイレクトレスポンス

    集客・マーケティング

    悪徳業者のカモにならない方法

    こんにちは、服部です。あなたが悪徳業者のカモにならない方法、それは…

  3. 23区 オンワード

    コピーライティング

    シアワセのための23のことば

    こんにちは、服部です。コピーライターの人も見られてると思うので…

  4. インプット

    コンサルティング

    インプットした情報を商品化する5つの方法①

    こんにちは、服部です。前回お伝えしたようにオリジナリティにこだ…

  5. メルマガ

    WEB集客

    ステップメールの4通目:プレゼントの提供

    こんにちは、服部です。ステップメールの4通目は『プレゼントの提…

  6. WEB集客

    目的別見込み客リストの集め方

    こんにちは、服部です。ビジネスの内容にもよるんですが、メル…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. money
  2. 質問
  3. George Carlin
  4. ブログ

最新記事

  1. 儲かっていない原因が「集客力」だという大いなる勘違い
  2. 「効率化=時間の短縮」という時代遅れ思考
  3. すみません。実はコンサルタントは”正しい情報”なんて持ってい…
  4. あなたのそばには「お金を払いたくて仕方がない人」は常にいるか…
  5. アメブロ集客コンサルタントが伝染させている”あの”病気

関連コンテンツ

  1. WEB集客

    なぜWordPressは記事を更新しないとGoogleからの評価が下がるのか?
  2. SEO戦略

    ワードプレスで作ったホームページやブログの表示速度を劇的に速くする方法
  3. タモリ

    WEB集客

    タモリさんの「戦争が無くならない理由」に鳥肌が止まらない
  4. 西野亮廣

    コンサルティング

    あなたがいつまでたってもキングコング西野になれない最大の理由
  5. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part3 ~マーケティング系~
PAGE TOP