チャンス

コンサルティング

業界水準価格や相場価格、安売りで販売することで失う3つのチャンス

こんにちは、服部です。

最近、「セミナーやコンサルの価格が高い」とか
「暴利だ」「価格を上げるな」「ボッタクリだ」
「お客さんのことを考えろ」とか言っている人を
同業でもよく見かけます。

そういった人は

1.過去に価格アップに失敗した
2.過去に散々ぼったくった
3.それだけの価値を創造できない

という、だいたいこの3つうちのどれかです。

もちろん、コンサル業界だけではないですが。

過去に何度か価格を上げようと挑戦したけど
価格を上げたら集客力が落ちたので、
とりあえず妥当な価格で提供している人が「1」。

で、過去に高額でぼったくっていたけど、
今は違う収入源(バックエンド商品)があるので
過去の自分と同じような人を敵に設定し
ネチネチと粘着的に攻撃しているのが「2」の人。

そして、自分の商品に自信や信念がないので
業界平均の相場で価格を設定して
商品のブラッシュアップもかけないのが「3」です。

そもそも「価格が高い」の基準って?

「他のコンサルタントの価格が安すぎる」
と叩いているのはたぶん僕くらいのもんですが、
そもそも「価格が高い」の基準って何?
っていう話なんですよね。

半年で100万円のコンサルフィーを払って
年間で1000万円の利益が出たら高いですかね?

安すぎますよね。

極論、半年で100万円のコンサルフィーを払って
年間で101万円の利益が出れば得します。

「1万円得した」という話ではなくて、
コンサル契約が終わった後というのは
コンサルフィーは一切支払わずに
学んだことを使って利益を出していけるので、
どんだけお得なんだっていう話です。

安売りで失う3つのチャンス

業界水準価格や相場価格、安売りで販売することで
失うものは測りしれません。

大きく分けると

1.あなたの商品レベル向上のチャンス
2.お客さんレベル向上のチャンス
3.あなたの生活レベル向上のチャンス

の3つを失うことになるわけですが、
特に、変な意識のブロックや罪悪感がある人、
あるいは、”エセ顧客一主義”の人は
「3」の項目に嫌悪感を示すんですよね。

その辺りもしっかり解説していきますね。

1.失われる商品レベル向上のチャンス

あなたがこれから商品企画をしていく場合、

「業界の相場の価格がこれくらいだから、
 私の商品も同じくらいの価格で販売しよう」

「ライバルがだいたいこれくらいの価格で
 これくらいの商品を提供しているから
 これくらいの商品の質で問題なく売れるだろう」

と、いうのと

「これくらい利益を出し(儲け)たいから
 これくらいの価格で販売しよう」

「これくらいの価格で販売するためには
 これくらいの質は追求しないいけないな」

とでは、どちらの方が良い商品が作れますか?
 

前者と後者では
売れる数は前者の方が多いかもしれませんが、
質の高い商品が作れるのは後者の方でしょう。

もちろん、自己満足では全く意味ありませんが、
お客さんのニーズに寄り添うものであれば
後者の方が圧倒的に良い商品が作れます。
 

例えば、「ワードプレスの始め方」を説明した
有料コンテンツがあったとします。

概要だけを10項目で簡単に説明した3000円の商品と、
さらに各10項目の中に5つのステップで解説して
メールフォローもついている10000円の商品なら
どちらが価値がありますか?

試行錯誤の時間も短縮できるので、
僕なら間違いなく10000円を支払いますが、
あなたはどうでしょうか?

価格を上げないということは、
商品開発もしていなければ
ブラッシュアップも行っていないということです。


「これくらいのショボい商品内容なので
 これくらいの価格で勘弁してください」

と言っているのと同義です。

価格を上げるためには
ハンパない企業努力が必要なわけですから。

今の時代10000円で売りたければ、
その何倍ものクオリティや価値があって
しかもそれが伝われなければ売れません
からね。

2.失われるお客さんレベル向上のチャンス

これには2つの視点があります。

1つは、「販売者側から見るお客さんの質」で、
安売りや無料に群がり続ける
いわゆるフリーライダーやバーゲンハンターは
例外なく民度が低いです。

「良いものならそれ相応の対価を払う」
というマインドすら持ち合わせていないので、
継続的な良い付き合いができないどころか
クレーマー体質の人がほとんどなわけです。

販売者側としては、安物を大量に販売し続け、
なおかつクレームに追われ続けるという
対応コストに縛られ続けるビジネスになります。
 

もう1つは「お客さんから見る満足度」で、
要は、お客さんのライフスタイルが
一定以上向上していかないということです。

例えば、アメブロのコンサルはかなり安価で、
それなりに集客もマネタイズもできますが、
いつまでも独自の集客メディアを持たずに
依存媒体でビジネスをし続けるハメになります。

FacebookなどのSNSをプラットフォームにして
ビジネスをしている人も然りです。

まぁ、「アメブロ×Facebook」とか、
依存媒体しか使わないコンサル指導を受けて
大金を搾取されている人よりはマシですが。

「高けりゃ良い」というわけではないですが、
良いお客さんと継続的にお付き合いをするためにも
お客さん自身の質を高めてあげるためにも
ある程度の価格設定は必要だということです。

3.失われるあなたの生活レベル向上のチャンス

1万円のセミナーで100人集めても、
実際に行動に移して成果を出すのは数人程度です。

であれば、100万円いただいて
1人の成果に徹底的にコミットするというのが
僕のスタイルです。

だから、今はセミナーや講座をしないわけです。

同じ時間を費やして同じ売上なのであれば、
ほとんどの人が成果が出ないより、
確実に1人の人が成果を出してくれる方が、
僕にとってもお客さんにとっても有意義ですから。

ムダな時間や労力を過ごさなくて済みます。
 

そもそも「短時間で高額な収入を得る」ことを
拒否する人なんかいるんですかね?

「お客さんのために価格を上げない」
と言っている人はそういう願望ないんですかね?

人間であれば「楽して得したい」という欲求は
必ずあると思うんですが。

僕はバリバリあるので、
いかに楽するかを考えてビジネスをしています。

もちろん、「楽」というのは、
「人を騙して」とか「口先だけで」とかではなく
「シンプル」や「効率化」という意味
です。

イージーではなくシンプルということですね。

誤解があってはいけないので念のため。

重要なのは「短時間で高額な収入を得る」ために
何をするか
ということです。

楽するために商品の質を追求するのであれば、
いくらでも価格を上げていいわけですが、
楽して儲けるために石ころをダイヤモンドに見せるのは
ただの詐欺なのでアウトなわけです。
 

例えば、ただの大根を100万円で売るために、
福山雅治に一口噛じってもらって、
それを動画に収めてセット販売するのであれば
全然オッケーでしょう。

お客さんがその内容と価格に納得して
喜んで100万円を出してくれるのであれば。

昔ハンマープライスという番組が流行りましたが
まさにあれです。

が、大山英雄やみっちーを使って
福山雅治が噛じったように画像を偽造するのは、
詐欺なのでアウトだという話です。
 

「短時間で高額な収入を得る」ために
頭を使うことであなたの思考レベルも向上します。

そして、そうやって企画した高額商品が
お客さんに必要とされれば
あなたの時間、労力、お金に余裕ができるので、
ライフスタイルが充実します。

そうすれば商品企画のアイデアを練るために
使える時間もさらに創出できます。

旅行に行くことでリフレッシュされて
よりお客さんを喜ばせるための
良いアイデアが浮かぶというのであれば
そこに時間とお金を投資すればいいわけです。 

そして、そのために必要なお金を
ガンガン稼げばいいんです。

そしてそのための価格設定と
商品構成を自分自身で決めればいいんです。
 

理想のライフスタイルを決める
 ↓
稼ぎたい額を決める
 ↓
商品(サービス)の価格を決める
 ↓
それに見合う商品(サービス)をつくる

これで誰か不幸になりますか?

お客さんが求めるものを求める価格で提供するのと、
たとえ高額であったとしても
お客さんが求める以上のものを提供するのとでは
どちらが幸せになれますか?

あなたも、お客さんも、社会も。
 

あなたの商品、そして価格は、
本当の意味でお客さんを満足させていますか?

そしてあなたが理想のライフスタイルを送るための
適切な価格になっていますか?

お客さん目線は大事ですが、
お客さんの奴隷になることとはまた別の話です。

お客さんが幸せになれるかどうかの主導権は
販売者が握っているということをお忘れなく。
 

PS

ちなみに、お客さんが主導権を握り、
販売者側がお客さんの奴隷になるとどうなるか?

こういう末路になります。

↓↓↓


 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  2. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  3. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備

関連記事

  1. 集客・マーケティング

    無料で質の高い情報発信をすべき8つの理由

    こんにちは、服部です。多くの情報発信者が悩んでることがあります…

  2. コンサルティング

    嫌いな人とは戦うべきなのか?避けるべきなのか?の答え

    こんにちは、服部です。相手を特に理由も無く嫌ってしまっている場…

  3. アフィリエイト

    SEO戦略

    集客ができる最強のWEBツール Part1

    こんにちは、服部です。このページをご覧いただいてるほとんど方は…

  4. 服部慎也
  5. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part4】

    こんにちは、服部です。項目の詳細の後半に入っていきます。…

  6. 経営・ビジネス

    ビジネスでは乗り越えるだけムダな壁だらけ

    こんにちは、服部です。一般的によく言われる”キレイゴト”の一つ…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. you
  2. facebook
  3. ブログ
  4. credit

最新記事

  1. デブにコンサルを依頼してはいけない
  2. お金が無いことはとても恥ずかしいことです
  3. 「身近な人を大切にできない人はお客さんなんか大切にできない」…
  4. Facebookに思い出が詰まっている人にオススメ!超簡単な…
  5. 夢の国の価値は「圧倒的な再現性の低さ」にある

関連コンテンツ

  1. アメブロ

    WEB集客

    2017年は絶対にアメブロで集客をしてはいけない2つの理由
  2. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
  3. コンサルタント

    コンサルティング

    信用してはいけないコンサルタントと信用すべきコンサルタント
  4. 週刊文春

    政治・経済

    そしてこれからも「文春砲(週刊文春)×LINE」という捏造されたニーズに自分の人…
  5. Faceboook

    つぶやき・仕事術

    ビジネスでチームコミュニケーションに使うのはLINEよりFacebookのメッセ…
PAGE TOP