SEO戦略

ブログ初心者がWordPressとアメブロの両方やった方が良い2つの理由

こんにちは、服部です。

ブログを立ち上げようとしている人に、
どのブログを使えば良いか?という質問をされますが、
WordPressとアメブロの両方やるというのが、
僕の経験上、最も有効な取り組み方
と考えます。

もちろん、ちゃんとした論理的な理由があります。

大きく2つの理由をお伝えしますので
ブログ初心者の方は参考にしてもらえればと思います。

モチーベーションの継続

まず、1つめの理由ですが、
それは、「モチベーションの継続のため」です。

ちゃんとした論理的な理由と言いつつ、
「いきなりフワっとした理由じゃないか」と
ツッコミの声がPCの向こう側から聞こえてきそうです。

が、これは結構重要なことなんですね。
 

というのも、ブログの継続に必要な要素の1つとして
モチベーションは重要なポイントだからです。

もちろん、モチベーションが保てなくても、
根性やら気合いやらで
ブログを書き続けるということはできるんですが、
そもそも気持ちが乗っていないブログは、
かなりの確率でおもしろくないゴミ記事になります。

 

で、ビジネスで活用するブログを開設する上で
やはりWordPressは外せないわけなんですが、
WordPressを立ち上げてからアクセスを呼び込めるまで
それなりの時間を必要とします。

砂漠の真ん中に立てた家をイメージしてください。

それが立ち上げ当初のWordPressです。

その状態からGoogleにどこの誰かを認識してもらい、
「ここにこういう人が住んでいます」と、
インターネットネット上で知ってもらってはじめて
一般的なユーザーや読者候補が
検索キーワードであなたのブログにたどり着けます。

なので、最初はSNSなどでシェアをしない限り
アクセスはほぼゼロという状態が続くわけですね。

しかも、ブログのキーワード選定をミスったり
コンテンツの質や量が基準から外れていると、
要は、SEO対策を何もしていないと
何年たってもアクセスがほとんどないという状態にも
なりかねません。

そんな状態で記事を書き続けるというのは
モチベーション的にかなり厳しくなってくるわけです。

アメブロと並走させるメリット

そこで、アメブロの登場です。

アメブロはアカウント削除リスクや客質の悪さから
アメブロ単体での運営は推奨していませんが、
WordPressと併用することでメリットを発揮します。

メリットの1つにアクセスの集まりやすさがあります。

アメブロはコミュニティ型のブログなので、
ブログを立ち上げて記事を書いたその瞬間から
アクセスが発生します。

SNSのようにフォローや読者登録もできますし
”いいね!”やコメントも自由できるので、
自分のアクション次第でアクセス自体は集められます。

WordPressを砂漠のど真ん中の家とすると、
アメブロはマンションの一室を借りるというイメージです。

マンションに住んでいると、
隣に誰かが引っ越してきたらわかりますよね。

隣の人が挨拶をしてくれなかったとしても
こちらから手土産を持って挨拶に行けば
それなりに仲良くなることができますよね。

まぁ、マンションだからこそ
管理者やオーナーにあなたが気に入らなければ
「出て行ってくれ(アカウント削除)」という
不可抗力には文句は言えないわけなんですが。

とはいえ、商用利用やスパムまがいの記事など
あからさまな規約違反さえしなければ
継続的にブログは運営させてもらえるので
書くたびに、誰かから何らかの反応があるというのは
ブログを書く上でモチベーションになります。

Google(SEO)への対策として

「モチベーションの継続のため」ということだけが
アメブロをやる理由ではありません。

もう1つの理由としては「SEO対策のため」です。

ここからはちょっと専門的な話になるんですが、
アメブロ等の無料ブログは
ドメイン自体に今までの歴史と信用があるので
Googleにインデックスされるのが
基本的に独自ドメイン(ブログ)よりも早いんです。

要は、無料ブログでブログをアップしたら、
すぐにGoogleに認識してもらえるということですね。

なので、アメブロをサテライトサイトとして使い、
WordPressへのリンクを貼ることによって
WordPressのSEO対策に1つとして機能します。
 

気軽に遊びに来てもらえるように
マンションの一室(アメブロ)を借りていて
自分に興味を持ってくれた特に仲の良い人には
一軒家(WordPress)に招待するという感じですね。

で、こういう話をすると
アメブロでは1行だけ文章を書いて
リンクでWordPressに誘導する人がいるんですが
1行で気持ちを掴むのはかなりハイレベルなので、
できれば、事前時情報としてアメブロで記事を書いて
メインの情報をWordPressで、
というふうにします。

でなければ、サテライトサイトとして機能しませんし、
スパムのリンクを踏ませるための
悪質なサイトだと認識されてしまうリスクも高まります。
 

具体的にいうと、
アメブロでは400時程度の導入記事を書いて、
WordPressではできれば2000文字、
最低でも1000文字以上は書く
ことを推奨します。

LINE BLOGも狙い目になる

今回のブログ対策に関して、
コミュニティ型のブログとして強いイメージがある
アメブロを紹介しましたが、
フォロー機能等によってアクセスが集められるブログであれば、
他の無料ブログでも代替えは可能です。

最近解禁になったLINE BLOGは、
LINEユーザーを大量に取り込める流れになってくれば
これから狙い目になるかもしれませんね。

ただ、僕も登録してみましたが、
やはり、胡散臭いコンサルタントや起業家からの
無差別フォローが絶えないので、
今の所ところはまだ何とも言えませんが、、、(笑)

客層のレベルやアメブロユーザーの質の低さなど
アメブロの評判や質もかなり低下傾向にあるので、
選択肢の一つとしてはありかもしれませんが。

アメブロのユーザビリティやユーザー数などは、
依然として影響力は大きいので
気になる無料ブログは自分でピックアップしてみて
向いていそうなものをチョイスしてください。
 

短期間でブログで成果を出すための
たった1記事で読者を動かす毒舌ブログの書き方
メルマガで配信しています。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  2. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  3. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. 集客に欠かせないオシャレでSEOに強いブログ&ホームページ(TCDのハイクオリテ…

関連記事

  1. WEB集客

    なぜWordPressは記事を更新しないとGoogleからの評価が下がるのか?

    こんにちは、服部です。WordPressをホームページにするに…

  2. wordpress

    SEO戦略

    WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備

    こんにちは、服部です。無料のサーバーはいくらでもありますが、…

  3. ameba ownd

    SEO戦略

    『Ameba Ownd』はブログ集客に使えるのか? Part1

    こんにちは、服部です。3月18日(水)からAmeba(サイバー…

  4. THETA

    WEB集客

    360度全方位カメラ『RICOH THETA』のテスト

    こんにちは、服部です。前回の記事でお伝えした360度全…

  5. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い【 Part5】

    こんにちは、服部です。10.キーワードを意識した方がいい?…

  6. WEB集客

    過剰に他人の幸せを願うビジネスは自分と周りを不幸にする

    こんにちは、服部です。ビジネスをするということは誰かに何か…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. 承認欲求
  2. 収入
  3. DESIRE
  4. 洗脳
  5. 怒り

最新記事

  1. 旦那の収入が増えないのはあなたのせいですよ、奥さん。
  2. 名指しでの批判を批判する人たちへ
  3. ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
  4. 店長が逮捕されてしまったんですがアメブロは大丈夫ですか?
  5. 旅行が大好きな起業家はアメリカン・エキスプレス・ゴールドカー…

関連コンテンツ

  1. 教科書

    コンサルティング

    コンサルタントの教科書とコンサルタントの懺悔書
  2. friend

    WEB集客

    Facebookでわかる今まで3年間と向こう3年間のあなたの価値観
  3. SNS

    経営・ビジネス

    SNSで影響力がない人間はビジネスで勝てないのか?
  4. 西野亮廣

    つぶやき・仕事術

    キングコング西野くんからの衝撃的なお届け物(えんとつ町のプぺルの原画)について
  5. 服部慎也

    コピーライティング

    ライバルが誰も知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブログプロフィールの書き…
PAGE TOP