WordPress

SEO戦略

SEOに強いブログの記事は1000〜2000文字必要だと言われる本当の理由

こんにちは、服部です。

検索されるSEOに強いブログをつくるためには、
1つの記事の文字数は2000文字程度、
最低でも1000文字以上は必要だといわれています。

コンテンツとしてのボリュームだとか、
見た目の充実感だとかは
大体の人が何となくは理解していると思います。

質だけではなくボリュームがないと
Googleに評価してもらいない、
という話ですね。

じゃぁ、「あいうえお」の5文字を400回繰り返して
2000文字にすれば良いのかというと
それも違うということもわかりますよね。
 

読者にとって価値がなければならないので。

でも、ボリューム(文字数)で縛られるのは
いまいちよくわからないという人も多いはずです。

ということで、
じゃぁ、何のためのボリューム(文字数)なのか?
という疑問についてお答えします。

キーワード出現の自然さを演出

SEOは「検索エンジン最適化」なわけですから、
検索されるキーワードが重要になります。

検索されるキーワードがブログタイトルに含まれているか、
記事タイトルに含まれているか、
小見出しや記事内に含まれているかによって、
検索順位が変動するわけです。

もちろん、要素はそれだけではないですが、
今回は、”内的SEO”の話だけに絞っていきます。
 

で、キーワードが重要とは言ったものの、
不自然なものはGoogleからペナルティを受けます。

Googleの総合評価基準は実にシンプルで、
キーワードや記事といった内的SEOにしても
被リンクといった外的SEOにしても、
行なっているSEO対策が
Googleから見て自然かどうか
という部分なんですね。

まぁ、「SEO対策」自体が不自然な行為なので、
なおさら”自然さ”には気を使う必要があります。
 

記事タイトルがあって、
その直後の本文の最初に
同じ文章を繰り返しているブログとかよく見ますが、
ああいうのとか明らかに不自然ですよね。

あれはメインキーワードを多く含ませて
質が高いように見せかけるテクニックなわけです。

記事が開かれている状態でも
記事タイトルはちゃんと見えているわけですから、
記事タイトルを読んで、
本文に入ってもまた繰り返して読まなければならない、
という違和感や不自然さがあります。

本文でのキーワードの含ませ方

検索してほしいキーワードや関連ワードを含ませて
文章(記事)を書いていくわけですが、
当然、サイトに訪問してくれる読者というのは、
キーワードの羅列が読みたいのではなくて
抱えている問題の解決策を読みたい
わけです。

なので、問題解決策を提示している文章の中に、
自然にキーワードを含ませる必要があるということです。
 

例えば、

「キングコング 西野亮廣 えんとつ町のプペル」

というキーワードで上位検索を狙いたいとします。

キングコング西野亮廣さんが描く「えんとつ町のプペル」という素晴らしい絵本は、子供だけではなく大人にも人気で、キングコング西野亮廣さんが開催している「えんとつ町のプペル展」では、キングコング西野亮廣さんの光る絵を一目見ようと、また、キングコング西野亮廣さんにサインを書いてもらいために、キングコング西野亮廣さんが描いた「えんとつ町のプペル」の絵本を購入して、毎日多くのファンが詰めかけているようです。

はい。

これで、トータルの文字数は207文字ありますし、
キーワードもめちゃくちゃ含まれていますが、
明らかにめちゃくちゃ不自然な印象を受けます。

いや、かなりウザいです(笑)

さすがに2000文字の文章例は書けないので、
この他の記事も大体2000〜3000文字程度なので
2000文字の参考記事はそちらを読んでください。

 
で、もうおわかりのように、
200文字の文章中にキーワードを詰め込まれているのと
2000文字の文章の中で
適度に必要最低限にキーワードが出現するのとでは
どちらが自然か
は火を見るより明らかです。

文字数カウント
文字数(バイト数)をカウント(チェック)するツール。字数、バイト数(全角2バイト・半角1バイト・改行2バイト)、改行・空白を除いた文字数など幅広い条件で文字数をカ...

文字数が多ければ滞在時間が増える

Googleの評価基準の1つに
ホームページやブログでの滞在時間があります。

要は、訪れた人が、
どのくらいの時間そのページに滞在していたか?
当然、滞在時間長ければ長いほど
そのサイトは価値が高いと評価されるわ
けですね。
 

コンテンツの中には、
どう考えても、そこまで文章量が必要の無いような
シンプルな情報やノウハウもあります。

そういう場合はしょうがないですし、
関連動画を埋め込むなどして
訪問者の滞在時間を伸ばす施策は必要になります。

または、関連記事のリンクを貼るとかも有効です。
 

しかし、そうでなければ、
できるだけ多くの有用な情報を提示して
できるだけ長く自分のサイトに滞在してもらうことが
内的SEOの施策としては必要です。

そういう意味でも、
文字数は多ければ多いほど良いということになります。

気がつけば2000文字

文章を書くのが好きな人や、
コンテンツの質やボリュームを意識している人、
高価値な記事を書こうと心がけている人たちには、
ある共通点があるんですね。

それは、記事を書いていたら
気がついたら2000文字前後になっている
ということ。

これは共感できる人もけっこう多いと思います。
 

この記事を書いている時も、
「そろそろ締めにかかる感じかな〜」とか思ったら、
実際にちょうど2000文字になっています。

執筆者としても、「今日もちゃんとまとまったかな」
と思う文字数が約2000文字だったりするんですね。

なので、問題解決をするためのブログ記事は
やはり最低でも2000文字はいるという認識ですね。

これは、あくまで個人的な見解ではありますが。
 

まとめると、

・キーワードを自然に含めるため
・訪問者の滞在時間を長くするため
・執筆者の構成の目安として

文字数は2000文字あった方が良いということです。

ぜひ参考にして見てください。
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshinya hattoriをフォローしよう!

NCS



ピックアップ記事

  1. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  2. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  3. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  4. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. SXO

    SEO戦略

    あなたのブログやホームページはSEO対策だけではなくSXO対策ができていますか?

    こんにちは、服部です。SEOからSXOという流れになっているこ…

  2. SEO戦略

    WordPress(ワードプレス)の使用プラグイン

    こんにちは、服部です。このサイトは結構シンプルにしているので、…

  3. WEB集客

    売れているダイエット法の2つの秘密とは?

    少し前から、たった2ヵ月で理想の体になるという吉川メソッドやライザ…

  4. アメブロ

    SEO戦略

    アメブロで売上につながる読者を獲得する方法【 Part2】

    こんにちは、服部です。前回紹介したツールを使うにしても使わない…

  5. youtube

    SEO戦略

    ブログ集客動画コンテンツまとめ

    【Vol.1】ブログ集客コンサルタントが無料では教えてくれないこと…

  6. SeeSaaブログ ペナルティ

    SEO戦略

    SeeSaaブログが受けた神(Google)の裁き(ペナルティ)

    こんにちは、服部です。こういった系の記事を書くときは、だいたい…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

オンラインサロン&メルマガ

ctc online

note限定記事

note

Facebookページ

特集記事

  1. 納棺師
  2. 阪神大震災
  3. 教科書
  4. 週刊文春
  5. 善と悪

人気記事

  1. 悲劇のヒロイン
  2. マーケティング
  3. 恐怖

関連コンテンツ

  1. 名刺

    コンサルティング

    名刺ファイルで脳の引き出しを見える化する方法
  2. インプット

    マインドコントロールされた人生の結末に待っているもの
  3. コンサルタント

    経営・ビジネス

    コンサルタントの年収アップに欠かせないニーズとウォンツの基本概念
  4. ブログ

    コピーライティング

    ビジネスモデル別ブログの書き方3パターン
  5. コンサルタント

    コピーライティング

    絶対に依頼しない!「こんなコンサルタントはイヤだ」シリーズ
PAGE TOP