PLAY

WEB集客

ファッション・アパレル業界におけるWEBマーケティングリテラシーの欠乏と過信から脱出する方法

こんにちは、服部です。

アパレル業界はWEBに疎い企業や人が多いのは、
アパレル業界のパートナーと長く仕事をすることで
最初に見えてきたことです。

が、アパレル企業が顧客の獲得に苦しんでいる理由は、
それだけではないんですね。

実は、複数の問題が重なり合っていることによって
市場での生存が難しくなっているんです。
 

まぁ、その複数の問題を集約すると、
組織や思考が旧態依然とした状態から抜け出せず
時代についていけていない
ということに尽きます。

で、こういう話をすると、
「旧態依然=WEBに疎い」と思われがちなんですが
実はそれだけではないんですね。

WEBに疎い状態でWEBを過信している

まず1つ目の問題ですが、もうそのままですね。

WEBに疎いのにWEBを過信しているということです。

基本的なWEBマーケティングの知識は少なく、
ランダムにネットで調べるか業者に投げっぱなし。

にもかかわらず、

・ホームページをつくれば何とかなる
・ECサイトをつくればある程度は売れる
・ブランドイメージをちゃんと打ち出せば
・SNSで上手い具合に拡散されれば

といった感じでWEBを過信してしまっているんですね。

 
WEBマーケティングにおいて、
外注のコンサルタントや業者に丸投げすることほど
不毛な投資はありません。

マーケティングに関しては自社で把握した上で、
自社では手が回らないから
コンサルタントや外注するというのがセオリーです。

なぜなら、WEBマーケティングで必要なのは、
オシャレなデザインや他社とは違う装飾、
社長や担当者の思いつきや趣味などではなく、
現場でお客さんと接している販売スタッフの声や
販売データ、顧客の声
だからです。
 

当然ですが、コンサルタントや業者というのは、
そういったデータは一切持っていません。

にもかかわらず、

「こんな感じでお任せします!」

といって外注してしまう企業やオーナーばかりです。

そんな付け焼き刃のホームページやECサイトで
集客ができるわけがなく。

 
実際、ホームページを制作する前に

「販売スタッフの方にヒアリンングさせてください」

と言うWEBコンサルに出逢ったことはありますか?

今も集客に困っているのだとしたら
そんなパートナーには100%出逢っていませんよね。
 

ホームページやECサイトは、

『マーケティング × デザイン』

によって初めて収益を生み出す箱になるわけです。

もちろん、この「マーケティング」の中には、
顧客リサーチ、販売スタッフリサーチを含みます。

その情報を元に、人間の行動心理等に基づいて、
レイアウトやデザインを整えていくわけです。

 
外注に丸投げするのではなく、
一緒にサイトをつくっていくもの
だということです。

マーケティング3.0

ただ、最近はこういったことを伝えるWEB業者や
WEBコンサルタントは増えてきたので、
そういった情報収集をしっかりした上で
WEB制作やWEBマーケティングを外注する企業は
かなり増えてきました。

これでマーケティングは一安心ですね。

と、言いたいところなんですが、
やっとマーケティングの理解が深まったところで
こういったことをお伝えするのは酷なんですが、
もはやそのマーケティングすら廃れてきているのです。
 
 
マーケティングはもっと先に進んでいるんですね。

NewsPicks編集長佐々木紀彦さんの出版された、
著書『日本3.0』になぞらえるのであれば、
さしずめ『マーケティング3.0』とでもいいますか。

日本や業界の動向を知る上では、
この本も読んでおいた方が良いと思いますよ。

ビジネスを浮上すさせるための施策やヒントは、
もはやあなたの業界の中には転がっていないのです。

 
で、マーケティング3.0がどういうことかというと、
昔ながらの”定説マーケティング”は
もはや通用しなくなってきているということです。

神田昌典さんが提唱しているような
「不変のマーケティング」なんていう概念は
もう崩れ去っていっているということなんですね。
 

まぁ、ファッション・アパレル業界に関していえば、
廃れの曲線は緩やかではあるので、
まだ「ブランド」や「ロイヤリティ」を信じがちですが、
それも、もはや時間の問題なんですね。

この記事でも触れていますが。

 
もう少し未来を見た上で
マーケティングを学び直す必要が出てくるので
場合によっては”何もかも”がやり直しになります。

もう、時代遅れのマーケティングの船に乗っても
どの港にもたどり着きません。
 

WEBマーケティングを外注する前に、
この本で新しいマーケティングを理解してください。

もしかすると、インプットすることで、
自走可能な解決策が見つかるかもしれません。

最強の布陣でサポートをスタートしています

実は、こういった真実に気づいたクライアントと
我々はもう進み始めています。

ファッション・アパレル専門の
WEBマーケティングコンサルティングの会社をつくり
すでにパートナーと前に進んでいるのです。

topseller.style からの業界屈指のメンバーを含め、

・トップセラー
・WEBマーケティング
・WEBデザイン
・サイト運営
・ライター/アドバイザー
・専門学校講師

といった、各分野の選りすぐりのプロをかき集めて、
プロジェクトチームを結成し
未来に向かってすでに動き出しています。

 
各クライアントとはプロジェクトで動いているため、
我々がお受けできる案件は限られています。

我々の力を必要とされている企業様、オーナー様は
PLAY Inc. にお早めにお声がけください。

PLAY – アパレル専門のマーケティング/コンサルティング会社PLAY(プレイ)

 
もう一度言いますが、
ビジネスを浮上させるための施策やヒントは
もはやあなたの業界の中には転がっていないのです。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshinya hattoriをフォローしよう!

NCS



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  2. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  3. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  4. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  5. ステップメールの4通目:プレゼントの提供

関連記事

  1. コンサルティング

    すぐにはコンサルティング必要ない人

    こんにちは、服部です。今日は滋賀の美容室の経営相談に行ってまし…

  2. 集客・マーケティング

    フロントエンドとバックエンドの概念

    こんにちは、服部です。今さらながらの内容ですが、この概念を…

  3. WordPress

    SEO戦略

    SEOに強いブログの記事は1000〜2000文字必要だと言われる本当の理由

    こんにちは、服部です。検索されるSEOに強いブログをつくるため…

  4. ウソはバレる
  5. 沖縄 貧困
  6. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑥:お金が欲しくなったらセミナーをする Part1

    こんにちは、服部です。あたりまえの話ですが、セミナーを頻繁…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

オンラインサロン&メルマガ

ctc online

note限定記事

note

Facebookページ

特集記事

  1. 納棺師
  2. friend
  3. PLAY
  4. 2018
  5. 女子高生

人気記事

  1. 怒り
  2. SXO
  3. note

関連コンテンツ

  1. Facebook

    SNSマーケティング

    あなたのFacebookの友達の「1イイネ」の価値はどれくらい?
  2. WordPress

    SEO戦略

    SEOに強いブログの記事は1000〜2000文字必要だと言われる本当の理由
  3. 四元亮平

    ブログ集客

    お願いだからブログを書いてください
  4. ブログ集客

    Facebookとブログから見透かされているあなたの本性
  5. ツタヤ

    コンサルティング

    ルクアイーレの蔦屋(ツタヤ)書店がコンサルティングや打ち合わせに使える
PAGE TOP