洗脳・マインドコントロール

嫌われ者こそ声を大きくしなければならない理由

こんにちは、服部です。

「別にそんなに嫌われてないんとちゃうん?」
と、最近思ってたんですけど、
この記事を読んでちょっと納得しました。

あぁ、分母が増えてきたんだなと。

僕もその分母にまんまと入ったうちの一人。

もちろん「好き」の方ですけど。

好きなのは彼が根っからのファイターであり、
ハイレベルなビジネスパーソンだから。

たとえば、あなたが何かを発信した時、『好き』と言ってくれる人と『嫌い』と言ってくる人の割合が、『1:9』だったとする。
その比率は変える必要なんてないよ。
それが『あなた』なんだから。

無理に比率を変えて、『3:7』にしても無駄。
そこには天然で『3:7』の人がいるのだから、背伸びした状態のあなたが、天然のその人に勝てるわけがない。

比率はそのままでいい。『1:9』なら『1:9』のままでいい。
そこで大切なのは、『分母を大きくする』という作業だ。

バカみたいに(ホント、バカみたいに!)、『1:9』の『9』の方に照準を合わせて、「嫌われたくないから」とかタコみたいなことを言って、なるべく見つからないように、10人だけに発信したら、あなたのことを支持してくれる人は、たった一人だけだ。

それで店がまわる?
それで次の活動に繋げられる?
それで家族やスタッフを守れる?

『9』の方は無視。無視すりゃいーんだよ。

とにかく分母を大きくする。
嫌われる比率の方が大きければ大きいほど、声を大きくする。
10人ではなく、1000万人に向けて発信する。

そうすれば、あなたを支持してくれる人は100万人だ。

目を向けなきゃいけないのは、そのままの『あなた』を支持してくれる人と、あとは『分母』だね。

これが理解できない奴はバカ。

キングコング西野 オフィシャルダイアリー

声を大きくするもう一つの理由

声を大きくする理由、
かなりわかりやすく書いてくれていますね。

ですが、僕の中では
声を大きくする理由はもう1つあります。

それは、声を大きくしていくことによって、
分母を動かすということです。

右から左にも動かすし、
下から上へ階層も上げていくんですよ。

『1:9』の『1』の人というのは
超シビアな人です。

ちょっとでも、「こっちにおいでよ~♪」と
『9』に寄せた時点で『1』の人は去ります。

でも、『1』に対して全力で発信していると、
『9』の人が『1』に寄ってきてくれるんです。
 

これ、メルマガの読者の動きとか見ていたら
ハッキリわかるんですよね。

突っ込みすぎた記事を書いたときには
必ず解除者が出るんですが
同時に読者から返信がくることがほとんどです。

「スゴいムカついて
 メルマガ解除しようかと迷ったんですけど
 これこそ大事なことだと気づけました」

という感じで。

これが分母が動く瞬間です。

どれだけスクリーニングをしても
メルマガに登録してくれる人の中には
僕のことが嫌いな人もたくさん入ってきます。

僕が批判しているコミュニティとか教祖の
スパイ要員とかで入ってきますから。

気づいてないと思いますけど
ちゃーーーんとわかってますよ●●さん(笑)

分母を増やすのは誰でも簡単にできる

分母を増やすのはけっこう簡単なことです。

アクセスアップや集客の範疇になるので
お金と時間をかければいくらでも増やせます。

今の時代、SNSもあるので
一定数まではむしろお金もかからないですね。
 

でも、「分母を動かすスキル」というのは
けっこう難しいです。

なぜなら、情弱狙いのビジネスであれば
『1』の人にキレイゴトや真理と言った
耳障りの良いことだけをダラダラ言っていれば
ずっと信者でいてくれます。

ですが、新しい価値観や切り口を提示したり
エッジの効いた発信をする場合は
『1』のお客さんは賢くなっていきます。

そうなると『1』の人に発信していることは
『9』の人にはレベルが高すぎたり
強烈すぎたりする場合が出てきます。

そうなると分母は動きません。

アンチはアンチのまま
アホはアホのままになってしまいます。

逆に、発信スタイルは変えなくても
『9』の人が理解できるレベルで発信すると
『1』の人は飽きてしまいます。

じゃぁどうすれば良いのか?

分母を動かすためには分母のステージを上げる

左右に分母を動かすだけではダメで、
下から上にも分母を動かす必要があるんです。

例えば、STAGE1がの媒体が「ブログ」の場合
発信内容のレベルを分けることができません。

なので、STAGE2の媒体として
まず「表メルマガ」を用意するとします。

表メルマガというだけあって
当然スクリーニングは弱めに設定するので、
ファンもアンチもいろいろと紛れ込んできます。

ここから、ファン用とアンチ用で
読者(見込み客リスト)を切り分けていきます。
 

つまり、ファンはメルマガに誘導して
発信内容レベルのステージを上げてあげます。

で、ここではアンチが入ってこないように
Facebookのつながりを義務付けるなど
スクリーニングに関して強化と工夫をします。

アンチ用には引き続き表メルマガで
解除するか真剣な読者になってもらうかの
スクリーニング用の発信をしていきます。

つまり、アンチからファンへと
分母を動かすための発信をするわけです。
 
メルマガのファンに関しては
さらにリストの切り分けをしていき
発信内容レベルのステージを上げていきます。
 

次のステージとしては
別のメルマガやFacebookグループ、
セミナーやセッション、
グループコンサルや個別コンサルなどです。

当然、ステージが上がるごとに、
マネタイズが容易になっていきますし、
単価や信用、忠誠心といった
お客さんのロイヤリティも上がっていきます。

僕の場合は横断的に
かなり複雑にその仕組みをつくっているので
なかなか概要はつかめないと思いますが。
 

また、西野さんは
「嫌いな人は無視すりゃいい」って言っていますが
今回お伝えしたように
僕はアプローチすべきだと思っています。

それは決定的なメリットがあるからなんですよ。

おそらく、文章ではわかりにくいと思うので
Facebookで無料でライブ配信しながら
質問と併せて答えていこうかなと思っています。

こちらのFacebookグループで
ライブ配信も配信のお知らせもしていくので
興味がある方は参加の申請をしてください。

consultv-2

■CONSULTV(無料)
https://www.facebook.com/groups/CONSULTV/

メルマガの読者である必要はありませんが、
Facebookで友達であることが条件なので、
まだの方はメッセージを添えて申請してください。

Shinya Hattori | バナーを作成

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  2. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  3. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  4. ステップメールの7通目:予告とオファー
  5. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー

関連記事

  1. ステータス

    コンサルティング

    セミナーでコンサルタントのステータスをアップする

    こんにちは、服部です。目に見えないものを売るコンサルやコーチという…

  2. USJ
  3. シャワー ゾウ

    マインドセット

    情報のシャワーの正しい浴び方

    こんにちは、服部です。インプットの仕方に関してはいろいろありま…

  4. ポール・ウォーカー

    政治・経済

    ワイルドスピードの観客動員に見る顧客のロイヤリティ化

    こんにちは、服部です。話題の映画『ワイルドスピード SKY M…

  5. Google

    SEO戦略

    GoogleのURL短縮サービスの使い方

    こんにちは、服部です。今回はちょっと便利なツールをご紹介します…

  6. 詐欺

    マインドセット

    詐欺の基準

    こんにちは、服部です。ネットで情報教材を買ったけど成果が出なか…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. コンテンツ
  2. baby
  3. スキーバス転落事故
  4. 質問

最新記事

  1. 子どもには20歳になるまでに親の年収は超えてもらう
  2. 本気のネガティブ思考はあなたの未来(命とお金)を守る
  3. バカバカしい質問
  4. 起業して安全かつ最短でサラリーマンの給料を超える方法
  5. ​ ポジショントークができないアーティスト(デザイナー、画家…

関連コンテンツ

  1. パワースポット

    つぶやき・仕事術

    起業家のための売上があがるパワースポットの巡り方
  2. サイコパス

    洗脳・マインドコントロール

    Facebookの友達が多ければ多いほどサイコパスに出会う確率は飛躍的に上昇する…
  3. Facebook

    洗脳・マインドコントロール

    地球上の全人類の趣味趣向さえも洗脳するFacebookTVが始まる
  4. 売り子

    経営・ビジネス

    儲かっている起業家とカリスマ売り子の脳内は同じ
  5. 青木真也 長谷川豊

    経営・ビジネス

    『青木真也 × 長谷川豊』空気を読まない本気・本音のトークライブを大阪限定で開催…
PAGE TOP