羊

集客・マーケティング

年賀状の意味

こんにちは、服部です。
年末年始で忙しい方も多いと思うので、
今日はかなりシンプルな記事ししました。
あなたは何のために年賀状を出しますか?
失礼のないため?
嫌われないため?
常識人と思われたいため?
気分の切り替えのため?
おそらく、基本的には自分のためで、
相手のことを考えた上で出してる人は
少ないのではないでしょうか?

確かに今はデジタルの時代だからこそ、
手書きで届くと嬉しいものですけどね。
でも、あなたがビジネス的な視点で、
差別化のために書いてるならムダです。
だって『誰もがやっていること』なので、
相手から特別視されることもなければ、
記憶にも残ることもありません。

以前にFacebookでこんな記事を書きました。
多くの人は誕生日になると
Facebookでメッセージを送ります。
その中には「おめでとう!」といったような
定型文のメッセージを送る『営業タイプ』と
気の利いた言葉や画像などを添える
『マーケティングタイプ』がいます。
Facebookでは誕生日は表示されるので
誰もがわかるわけです。
では、その中で他の人と差別化するには
定型文でいいのか?っていう話です。

今回の話もこれによく似ています。
年賀状に限らず、暑中見舞い、お歳暮なども
そうですよね。
差別化するためにやっているなら、
もっと差別化することをやるべきなんです。
あなたからの年賀状を相手が受け取ったとき
特別な想いを持ってもらうための差別化です。
これって簡単なようでできる人は少ないです。

考えてみてください。
あなたは、その他大勢の人と同じように、
年賀状や暑中見舞いを送ってくるだけの人と、
年賀状や暑中見舞いは送ってこないけど、
誕生日や記念日などを知っていてくれて、
何かをくれる人、
あるいは、なんでもない日に
あなたの好きなものや、旅行のお土産などを
持ってきてくれる人

どちらの人に愛着がわきますか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの7通目:予告とオファー
  2. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  3. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. 集客に欠かせないオシャレでSEOに強いブログ&ホームページ(TCDのハイクオリテ…

関連記事

  1. インスタグラム

    SNSマーケティング

    Instagram(インスタグラム)集客の裏ワザ

    こんにちは、服部です。Instagramを使っての新規集客の小…

  2. 恋愛とマーケティング

    幸せを願ってるフリ

    こんにちは、服部です。「好きな人ができたんだ、、、」  だ…

  3. WEB集客

    大阪維新の会と日本共産党のコンセプトのレベルの違い Part1

    こんにちは、服部です。昨日の昼間、近所散歩していたら、ある…

  4. お客さんの声

    集客・マーケティング

    お客さんの声の価値と真実

    こんにちは、服部です。ほとんどのコンサルタントが成功事例や、お…

  5. コンサルティング

    嫌いな人とは戦うべきなのか?避けるべきなのか?の答え

    こんにちは、服部です。相手を特に理由も無く嫌ってしまっている場…

  6. 武井壮

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. フリーライダー
  2. google

最新記事

  1. 儲かっていない原因が「集客力」だという大いなる勘違い
  2. 「効率化=時間の短縮」という時代遅れ思考
  3. すみません。実はコンサルタントは”正しい情報”なんて持ってい…
  4. あなたのそばには「お金を払いたくて仕方がない人」は常にいるか…
  5. アメブロ集客コンサルタントが伝染させている”あの”病気

関連コンテンツ

  1. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと
  2. タモリ

    WEB集客

    タモリさんの「戦争が無くならない理由」に鳥肌が止まらない
  3. パワースポット

    つぶやき・仕事術

    起業家のための売上があがるパワースポットの巡り方
  4. 売り子

    経営・ビジネス

    儲かっている起業家とカリスマ売り子の脳内は同じ
  5. 西野亮廣

    つぶやき・仕事術

    キングコング西野くんからの衝撃的なお届け物(えんとつ町のプぺルの原画)について
PAGE TOP