Google ペナルティ

SEO戦略

Googleは全てのミラーサイトにペナルティを課すのか?

こんにちは、服部です。

以前からお伝えしていますが、
Googleは、各企業や個人のホームページやブログを、
世の中に拡げるためにあるのではありません。

情報を探している人が、正しくて良い情報を、
ピックアップしやすいように存在しているわけです。

SEOもしかりです。

つまりは、”お客さんのため”ということになります。

こういったGoogleの根本的な考えを踏襲した場合、
ミラーサイトや重複コンテンツに関して、
すべてが”悪”かというと、そうでもないんですよね。

悪のミラーサイト

なんかおどろおどろしいネーミングですが(笑)

これは何かと言うと、
要するに、価値の低いコンテンツということです。

価値の低いコンテンツは、重複させるまでもなく、
ただ存在してるだけで迷惑なわけです。

ひたすらキーワードが散りばめられた、
ただの文字の塊のようなサイトとかありますよね。

あるいは詐欺商材のランディングページだったり。

そりゃこんなものがネット上に何個も氾濫してたら、
ペナルティを喰らわして当然です。

価値の低いもの、悪質なもの、読みにくいもの、
不快なものなどは、2度と見たくはないですから。

善のミラーサイト

では逆に、良質で価値の高いコンテンツならどうですか?

良い情報なら、1人でも多くの人の目に触れることが、
好ましい環境と言えますよね。

嬉しいニュースというのは何度見ても嬉しいものです。
多少は「あぁ、またこれか」と思うかもしれませんが、
少なくとも不快にはなりません。

そうなると、お客さん目線で考えたときに、
良質で価値の高いコンテンツが、
ネット上にいくつもあるのが悪かと言われると、
そんなことはないですよね。

さすがに、検索のトップ1~3がまったく同じ内容なら、
情報検索者は多少ストレスに感じるかも知れません。

その場合は、1つを除いて他の重複コンテンツを下げたり、
目に入らないように圏外にしたりは必要でしょう。

だからといって、ペナルティに値するかというと、
それはビミョーなところになってきます。

まとめ

コンテンツの価値を置いといて、
ミラーサイトや重複コンテンツに警笛を鳴らす人は、
実際に自分がペナルティを体験したかというと、
そう言う人は少ないです。

つまり、ただのInformation(情報の横流し)で、
Intelligence(分析情報)ではないわけなんですよ。

実際に僕は、4つのブログ+ホームページで、
同じ記事を数記事書いて実験をしたことがあります。

検索順位の激しい動きはあったものの、
結果、ペナルティを喰らったサイトはありませんでした。

使ったのは以下のサイトで、
今は記事を削除したり、閉鎖してるサイトもあります。

・アメブロ
・ワードプレス
・tumblr
・Blogger
・ホームページ

で、現状はどうかというと、
もちろん今もペナルティも喰らうこともなく、
独自ドメインのホームページやワードプレスは、
むしろバリバリSEO効いてます。

実は、もっと以前から実験をしてる方がいて、
その方は僕よりも圧倒的にSEOの専門家なんですが、
やはり同じような結果を話されています。

ミラーサイトや重複コンテンツといった情報は、
SEOの基本的な部分にはなってくるんですが、
SEOにこだわりすぎ、依存しすぎなのはよくありません。

コンテンツイズキング

ということは、絶対に忘れてはいけない、
コンテンツマーケティングの根幹ですからね。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  2. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  3. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  4. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  5. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー

関連記事

  1. SPIN 営業術

    洗脳・マインドコントロール

    SPIN営業術に学ぶ問い合わせからの成約率をあげる方法

    こんにちは、服部です。SPIN営業術というテクニックがありまし…

  2. ビジネスブログ

    アメブロ

    なぜ中小企業にもブログが必要なのか? Part1

    こんにちは、服部です。僕は、中小企業の経営者の方にも、ブロ…

  3. SEO戦略

    必要な情報を見つける検索スキル

    こんにちは、服部です。今ではほとんどのことはGooglやYahoo…

  4. インプット

    コンサルティング

    インプットした情報を商品化する5つの方法③

    こんにちは、服部です。インプットした情報を商品化する5つの方法…

  5. SEO戦略

    Googleモバイルフレンドリーから考えさせられること

    こんにちは、服部です。結論は、Googleがスマホを重視してい…

  6. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側①:現代版アメブロで生き残るために

    こんにちは、服部です。アメブロユーザーの数は昨年の時点で4,0…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. credit
  2. 小林麻央
  3. George Carlin
  4. 中野信子

最新記事

  1. ゴリゴリ自己啓発
  2. ビットコイン(仮想通貨)の動向を知るのにGoogleトレンド…
  3. マーケティングとはクソの役にも立たないプロ意識や知識欲を捨て…
  4. 本気で稼ぎたいなら1年間は人に会わずにひきこもれ
  5. 儲かっていない原因が「集客力」だという大いなる勘違い

関連コンテンツ

  1. アメブロ

    アメブロ

    アメブロの仕様変更(常時SSL化)による影響は!?致命的な不具合が発生する可能性…
  2. 服部慎也

    コピーライティング

    ライバルが誰も知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブログプロフィールの書き…
  3. パワースポット

    つぶやき・仕事術

    起業家のための売上があがるパワースポットの巡り方
  4. アメブロ

    WEB集客

    2017年は絶対にアメブロで集客をしてはいけない2つの理由
  5. SNS

    経営・ビジネス

    SNSで影響力がない人間はビジネスで勝てないのか?
PAGE TOP