恋愛マーケティング

恋愛とマーケティング

僕は、強い人とだけ恋をしたい

こんにちは、服部です。

前半はちょっと恋愛の話になるんですが、
後半には整合性がとれるようにしてあるので、
楽しんでください(笑)

僕は、強い人や強く見せようとしてる人、
強くありたいとがんばってる人ほど、
めっちゃ大事にしたいと思いますし、
できるだけ寄り添いたいと思うんですよね。

別に上から目線とかではなくて、
強い人や強くあろうとしてる人に対しては、
深く尊敬すると同時に、
めっちゃ愛おしく感じるということです。

そういった「強い女性」が好きなんです(笑)

強い絆で結ばれる恋愛

弱い人というのは、
見た目や雰囲気、会話を通して「弱い人」
ってわかるくらいなので、
ほっといてもサポーターが現れるんですね。

「君を守ってあげる」
「君を助けてあげる」

っていう薄っぺらい連中が、
いくらでも寄ってきてくれるんですよ。

一方、強い人というのは、
悩みを抱えてることや弱みといった部分に、
周りからは気づかれにくいんですよ。

だから、

「あんたみたいに強くないんだよ」
「おまえはいいよな」

みたいな、軽いセリフを吐かれたりして、
人が寄り付かないこともけっこう多いです。

あるいは、”自分でなんとかするよオーラ”が
ムンムンと出てるんです。

まぁ、それも本人が望んでることであり、
自己責任、自業自得ではあるんですけどね。

僕自身がまさにそうなので、、、(笑)

で、そういう人にアプローチすることは、
僕にとってはチャレンジでもあるわけです。

僕が「この人強いなぁ」と思ってる人に、
振り向いてもらうということ自体が、
けっこうハードルが高いことだと思うので。

その場の雰囲気や押しに流されることなく
人間の本質を見てるでしょうし、
”千里眼”を持った人でしょうからね。

今まで本能的に、
そういう人を選んできたように思いますし、
そういう人とつながれると幸せを感じます。

で、そういう人とは、
たとえ出会って間もない時間であっても、
遠距離などで接触頻度が少なかったとしても、
かなり強い絆を感じることができます。

お互いに深い愛情を交わすことができます。

強い人は強いブログを書いている

実は、この話というのは、
ビジネスにおいても多くの共通点があり、
僕のビジネスの指針になってるんですよね。

というのも、個人のクライアントには
ブログを書いてる人が多いんですが、
クライアントには”ある共通点”があります。

それは何かと言うと、みんな例外なく、

強いブログを書いてるってことです。

つまり、人の心に突き刺さる、響く、
強い想いや信念、アイデンティティなどを、
芯を持って発信しているということ。

要は、「人の心を突き動かすブログ」を
書いてるということです。

クライアントだけではく、
パートナーにも同じことが言えますね。

強いブログを書いてる人というのは、
強い人や強くあろうとしてる人なんですが、
なぜそういう人が集まってくれるかというと、
僕自身が、そういう人に突き刺さるように
日々ブログを書いてるからです。

強いからこその悩みや苦しみであったり、
セルフイメージと現実との葛藤であったり、
そういったところに寄り添えるような、
キレイゴトなしのブログを書いてるからです。

そういった、強く生きてる人たちにこそ、
ブログを読んでもらいたいのであって、
いつもジメジメウジウジしてる人たちには、
まったく読んでもらいたくないんです。

読んでも何も行動しない人たちですからね。

恋愛とビジネスの大きな違い

もちろん今までには、ごくごく稀に、
フワフワしたネガティブなことばっかりを
書いてるクライアントもいました。

が、そういう人は例外なく、
人のせいにしてフェードアウトしていくか、
僕から契約解除の申し出をしてました。

結局フワフワした記事であったり、
個人的なネガティブな発信をしてる人は、
誰かに助けて欲しい人なので、
依存度が高く、ストレス耐性も低いんです。

なので、結果を出せるハズがないんですよね。

で、当然、そういった弱い人には、
人や組織に依存させようとする輩であったり、
「楽して稼げるよ」っていう、
似非サポーター(情弱狙い)が寄ってきます。

恋愛観はけっこうビジネスにリンクしますよ。

恋愛もビジネスも、
弱い人を助けたいというステージと、
強い人の役に立ちたいというステージとでは、
お互いの成長度合いは大きく変わります。

弱い人を助けたいと思ってるうちは、
弱者をただ見下してるだけにすぎないので、
依存する側と依存される側になるんですよね。

ビジネスにおいては少し違って、
弱者にアプローチして助けることが重要ではなく、
弱者にアプローチする人たちを教育することが、
何よりも重要になります。

恋愛は一人だけにずっと寄り添うことはできても、
ビジネスではそれができませんから。

ただ、弱い人ばっかりにアプローチしてたら、
自己満足だけで成長していかないですよ。

恋愛もビジネスも。

PS

あたりまえの話にはなりますが、
虚勢を張ってる人というのは
誰からもアプローチされませんからね、、、。

誰にも寄り添ってもらえない、
超悲しいポジショニングになりますね(笑)
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshinya hattoriをフォローしよう!

NCS



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  2. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  3. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  4. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. ベッキー

    恋愛とマーケティング

    ベッキーの不倫騒動から学ぶマーケティング戦略

    こんにちは、服部です。集客の2大要素が「露出」と「求心力」であ…

  2. 恋愛とマーケティング

    幸せを願ってるフリ

    こんにちは、服部です。「好きな人ができたんだ、、、」  だ…

  3. 恋愛

    恋愛とマーケティング

    ワクワクドキドキ(恋)できない人とビジネスはさっさと乗り換えてしまおう

    こんにちは、服部です。1つのビジネスにずっと固執している人がい…

  4. クリスマス

    恋愛とマーケティング

    10万円の恋人

    こんにちは、服部です。さて、意外と大好評(?)の、恋愛とマ…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. フリーライダー
  2. 宗教
  3. 起業
  4. money
  5. マインドコントロール

最新記事

  1. 起業難民がスピリチュアルにハマる理由
  2. 【ブログ療法】心が病んでいてしんどい時ほどブログを書くべき3…
  3. 常に付加価値を生み出せる「コンサル脳」にアップデートする方法…
  4. ライバルが誰も知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブロ…
  5. だけど、僕らは楽して稼ぎたい

関連コンテンツ

  1. 商品価値

    政治・経済

    これからは「良い商品さえ作れば売れる」時代に突入する
  2. 西野亮廣

    経営・ビジネス

    西野亮廣が実践しているのはマーケティングや炎上ではなく「ビジネスとしてあたりまえ…
  3. 納棺師

    経営・ビジネス

    おくりびと「納棺師」という究極の仕事におけるマーケティングから僕らが学ぶべきこと…
  4. shy

    マインドセット

    あなたの収入を増やしてくれるのは、あなた自身が決める「とんでもなく恥ずかしい環境…
  5. 阪神大震災

    つぶやき・仕事術

    1月17日の阪神大震災の日に、お金では買えない大事なものを守るためにお金を稼ぐと…
PAGE TOP