SNS

経営・ビジネス

SNSで影響力がない人間はビジネスで勝てないのか?

こんにちは、服部です。

ネット上における”影響力”とは何でしょうか?

SNSにおけるの友達の数やフォロワー数が
その人の「影響力」というのであれば、
僕は影響力のない人間だということになります。

Facebookの友達もTwitterのフォロワーも
どちらも300人程度と、
その辺りのビジネスパーソンと比べると
普通よりもかなり少ないほうだと思います。

”いいね!”やコメントともあまりつきませんし。

それは僕のFacebook を見ての通り。
 

まぁ、そもそも増やそうともしていないので、
メッセージのない友達申請は無視していますし、
興味のないTwitterもフォローしていません。

Facebookで友達申請が10件来ても
全部無視することなんかザラにありますし。

 
じゃぁ、SNSで影響力が無い人は
ビジネスが上手くいっていないのかというと、
そうとも限りません。

SNSの量的要素とマネタイズは比例しない

僕って、儲かってなさそうですよね?

お客さんの声とかもバンバン出さないですし、
SNSのつながりも少ないですし、
”いいね!”やコメントもあまりつかないので
全然人気なさそうですよね(笑)

まぁ、実際、人気者ではありません。

オブラートに包まない批判記事は多いですし、
わりと嫌われているほうだと思います。

よく匿名で嫌がらせや攻撃されますし。
 

ただ、現状はというと
期待に反してそこそこ稼がせてもらっています。

非常にありがたいことに。

 
でも、それって側から見てもわからないんです。

友達が何千人とかいても
実際は全然儲かっていない人もいますし、
僕みたいに影響力がなくても
そこそこマネタイズできている人もいますから。
 

言うだけならいくらでもウソつけるんですよね。

「私のブログは●万PVです!」
「私の年収は●千万円です!」
「メルマガ読者●百人です!」
「Facebookの友達●千人います!」
「Twitterのフォロワー●万人です!」

言うだけは自由です。

なので、こんな手前味噌な情報を信じることは
不毛でしかありません。

そこで、信用情報を提供する方法として
何かシンプルな方法はないかなと考えた時に
note は良いんじゃないかなと思ったわけです。

0円ではビジネスは成り立たない

ということで、表層的な影響力ではなくて
実際の価値を証明する方法として
前月は「note取り組み強化月間」にしました。

なぜnoteかというと、
その人やその人が提供している情報に
本当に価値があるかどうかがわかりやすいからです。 

noteの詳細に関してはこちらの記事で。

 
ビジネスというのは無料では成り立ちません。

ボランティアではないので。
 

なので、どれだけSNSのフォロワーが多くても
お金を払ってくれる人が0人であれば
ビジネスとして成立していないんですね。

が、たとえ1円でも払ってくれる人がいれば
ビジネスは成り立ちます。

極論、1円の商品を1億人の人が買ってくれれば
年商1億円になるわけですから。

note強化月間の結果は?

僕の情報(商品)にお金を払ってくれる人が
どれだけいるのかをリサーチしました。

「noteをやろう!」と張り切ってスタートして、
SNSで影響力のない人間が
1ヶ月でどれくらいの売上をつくれるのかを、
シンプルに試しました。
 

とはいえ、僕もコンサルの仕事があるので、
noteだけに全精力を注ぐわけにもいきません。

ということで、条件を「10時間」と決めました。

noteに費やす時間を10時間と決めて
どこまでできるのかをチャレンジしたんですね。

で、せめて時給1万円は欲しいなと思ったので、
売上目標は10万円で設定し、
決めた時間内はかなり集中しました。
 

実際に取り組んだ時間の詳細は下記の通り。

10記事 × 30分 = 6時間
1マガジン × 3時間 = 3時間

普段、1記事に30分かけることはないんですが、
今回は有料記事ということで
30分はかけて書くようにしました。

そして、少し単価を上げるために
note用マガジン(コンテンツ)を1つ作りました。

多少のnoteユーザーのフォローと
SNSやブログでのシェアの時間とかも入れると
トータルで10時間くらいにはなると思います。

単価は1記事300〜500円
マガジンが1500円〜3000円といったところ。

その結果どうだったか?

売上結果は、80,400円でした。

おしい(笑)

もっと必死に販促をしていればいけましたね。

まぁ、でも、初っ端としては悪くないでしょう。

 
有名人や著名人、人気者じゃなくても、
自撮りやキャラクター推しで勝負しなくても、
コンテンツだけで勝負できるという
わかりやすい指標になったかと思いますので。

Facebookの友達が少なくても
”いいね!”やコメントがつかなくても
マネタイズには一切関係ないということが、
証明できたのではないでしょうか。

脱労働集約型ビジネス

こういった結果が出せるのは、
メルマガやFacebook、オンラインサロンに
濃い読者やお客さんだけを集めているからです。

”いいね!”は押してくれるけど
いつまでもお客さんにならないよう人たちは
基本的に相手にしていないんですね。

そこに費やす時間はムダだと思っているので。
 

もちろん、お金を払ってくれる人であれば
誰でも良いというわけではなく。

そもそも心地よい言葉は発信していないので、
そこを踏まえてお金を払ってくれる人というのは
お客さんという枠を超えて
かなり信用できる人ということになります。

人として付き合いたい人と仕事もしたいので
こういうスタイルをとっています。
 

僕の場合、コンサルに関しても
クロージングをすることなく
いつもこんな感じで契約が決まっていきます。

今回の結果で信じてもらえるでしょうか(笑)?
 

有名人になって脚光を浴びたい人にとっては
僕のようなスタイルというのは
全く魅力がないかもしれません。

が、全国飛び回ってセミナーをしたり、
数をかき集めないとマネタイズできないような
労働集約型から脱したい人にとっては、
このスタイルはオススメです。

 
影響力ではなく価値の質を上げていくことで
労働時間を増やすことなく
収入を上げていくことができますから。

で、影響力は後から勝手に付いてくるんですね。

もちろん、不特定多数への影響力ではなく、
必要な人に必要な影響を与えるという意味で。

 
ただ、影響を与えると言っても
僕と対面で会ってどうこうするという
アイドル性でビジネスをしているわけではないので、
自宅でも、沖縄でもどこでも仕事ができます。

重要なのは「誰」ではなく「何」なので。
 

あなたの真の影響力と価値を知るために
今月は「note強化月間」にしてみてはどうですか?

多少の勇気がいることですけどね。

まぁ、結果が出なければ
売上の結果は見せなければ良いだけですが。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの1通目:つかみと共感
  2. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  3. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. 求人

    集客・マーケティング

    求人こそマーケティング

    こんにちは、服部です。カウンセリングルームで相談をいただきまし…

  2. 起業

    個人起業で“マーケティング”をすると失敗する理由

    こんにちは、服部です。マーケティングの本やネット上での情報、…

  3. お客さんの声

    集客・マーケティング

    お客さんの声の価値と真実

    こんにちは、服部です。ほとんどのコンサルタントが成功事例や、お…

  4. マーケティング
  5. アクション

    コピーライティング

    読者(見込み客)を行動させる5つの流れ

    こんにちは、服部です。前回ので記事少しお伝えした、『実践してもらう』…

  6. マインドセット

    次の10年を輝かせるために今の10年何をしているか?

    こんにちは、服部です。起業について最近思うことがあるんですよ。…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. マーケティング
  2. サイコパス
  3. note
  4. フリーライダー
  5. ホリエモン

最新記事

  1. 儲かっていない原因が「集客力」だという大いなる勘違い
  2. 「効率化=時間の短縮」という時代遅れ思考
  3. すみません。実はコンサルタントは”正しい情報”なんて持ってい…
  4. あなたのそばには「お金を払いたくて仕方がない人」は常にいるか…
  5. アメブロ集客コンサルタントが伝染させている”あの”病気

関連コンテンツ

  1. 商品価値

    政治・経済

    これからは「良い商品さえ作れば売れる」時代に突入する
  2. SEO戦略

    ワードプレスで作ったホームページやブログの表示速度を劇的に速くする方法
  3. 売り子

    経営・ビジネス

    儲かっている起業家とカリスマ売り子の脳内は同じ
  4. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと
  5. 週刊文春

    政治・経済

    そしてこれからも「文春砲(週刊文春)×LINE」という捏造されたニーズに自分の人…
PAGE TOP