帰納法

政治・経済

演繹法と帰納法の上手な使い方

こんにちは、服部です。

前回の続き「演繹法」「帰納法」についてです。


 
まず演繹(えんえき)法というは、

大きな前提から、個別の事柄を推定していく考え方です。

今回は、決戦が迫っている大阪都構想の住民投票に
例を変えてみましょう(笑)


「財源を増やして医療・福祉・教育を充実させる」
  ↓
「大阪は税金のムダ使いが多いのでお金がない」
  ↓
「大阪には府と市の二重行政があったからだ」
  ↓
「府と特別区で仕事を分ければムダがなくなる」

これに対して帰納法というのは、

個々の事象から全体を推定していく考え方です。

これに関しては画像を見てもらった方が早いですね。

modal-waste-img6-2

大阪の負の遺産と言われているものですね。

いわば、これらが個々の事象であり、断片なわけです。

その結果、管理体制と仕組みをしっかり整えないと、
財源があれば、今後も何度も同じ過ちを繰り返すだろう。

なので、今まで誰もやってこなかったことをして、

今までのこの旧態依然を変えるのは今回しかないと。

まさにCHANGE OSAKA!、ワンチャンスというわけです。

わからない=理解する気がない?

普段、あまり意識してませんが、
人間が何かを考えるときには「演繹法」「帰納法」の
どちらかを使っています。

日本の教育では問題を解くことに主眼があるので、
帰納法を使った問題が多いですね。

ようするに、

2 + 3(個々の事象)=5(全体結果)

というのが帰納法です。

最近は、公文式とかのCMで見た人も多いと思いますが、

● + ▲(個別の事柄)=5(大前提)

という問題で、●と▲を埋めるという、
ある意味演繹法とも言える問題も増えてきました。

●と▲は2と3でも、4と1でも、5と0でもいいわけです。

アメリカなどの諸外国ではこっちのほうが多いようです。

大きな前提から話を勧めて、
一定の結論が出たら、別テーマで話を進めてみるなど、
ディベートの授業などはその代表と言えます。

素晴らしいのは大阪都構想の説明が、
人間が何か考えるときに使う2つの方法に沿って、
両方活用しているということです。

普通に考えればわからないハズがないんですよね。

なので、有権者や反対者が言う「よくわからない」
というのは、実際は興味がないということであったり、
知ろうする気がないということに尽きます。

あるいは、知る場所やきっかけがなかったりですね。
それがわかってるので、
維新の会も橋下さんも動いてるのだと思いますが。

各政党は、せめてこの基本に基づいて、
それぞれの政策を説明するべきだとは思いますね。

そうすれば、毎回の討論会も、もっと実のある
大阪の未来にとって価値ある時間になると思います。

決戦が近いので政治ネタに寄ってしまいました…(笑)

両方自由に使えることがベスト

ただ、上記の都構想の話からもわかるように、
帰納法だけでは常識的な結論しか得られません。

改革をするためには、演繹的な考え方が必要です。

負の遺産という個々の事象だけに焦点化していては、
全然先に進めませんよね。

財源を増やす、医療、福祉、教育を充実させるには、
大阪を発展させるには、これから日本を元気にするには、

という大きな前提があってこそ、
ブッ飛んだ政策や改革が生まれ、進められます。

大阪以外の人にはわかりにくかったかも知れませんが、
この考え方だけでも癖づけてみてください。

最初は演繹法で考え、行き詰まったときは帰納法、
そしてまた演繹法というようにうまく使えてくると、
圧倒的に行動や成果に結びつけやすくなります。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  2. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  3. ステップメールの1通目:つかみと共感
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. ステップメールの2通目:共通の敵の設定

関連記事

  1. 集客・マーケティング

    浜崎あゆみから学ぶブランドの落とし穴

    こんにちは、服部です。僕はまったくファンではないんですが、…

  2. イスラム教

    洗脳・マインドコントロール

    マインドコントロールの3ステップ

    こんにちは、服部です。この記事、アメブロで表示させて貰えなかったの…

  3. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと

    こんにちは、服部です。フリーランスの起業家が増えたことによって…

  4. ブログタイトル

    コピーライティング

    ブログタイトルに必要な3つの要素

    こんにちは、服部です。ブログタイトルや、セールスコピーなどの、…

  5. Google

    SEO戦略

    GoogleのURL短縮サービスの使い方

    こんにちは、服部です。今回はちょっと便利なツールをご紹介します…

  6. マインドセット

    あなたが稼げない残酷な理由

    こんにちは、服部です。よくこう言う人がいます。「昔は結…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. ネガティブ思考
  2. ベンジャミン・ザンダー

最新記事

  1. 子どもには20歳になるまでに親の年収は超えてもらう
  2. 本気のネガティブ思考はあなたの未来(命とお金)を守る
  3. バカバカしい質問
  4. 起業して安全かつ最短でサラリーマンの給料を超える方法
  5. ​ ポジショントークができないアーティスト(デザイナー、画家…

関連コンテンツ

  1. イノベーター理論

    コンサルティング

    コンサルティングビジネスのレッドオーシャンの隙間はレイトマジョリティとラガードの…
  2. 武井壮

    マインドセット

    他にも同じくらい忙しい芸能人はいるのに、なぜ武井壮は圧倒的億万長者になっているの…
  3. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part3 ~マーケティング系~
  4. 教科書

    コンサルティング

    コンサルタントの教科書とコンサルタントの懺悔書
  5. 善と悪

    アフィリエイトの正しい知識

    悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
PAGE TOP