アメブロ

アメブロ

アメブロ集客の裏側②:共感する(させる)方法を変える

こんにちは、服部です。

アメブロにおけるペタや”いいね!”、読者登録などの機能は、
要は「あなたに共感しましたよ」という合図です。

これをリアルの営業活動に例えると、
商品を買ってもらうためや契約をしてもらうために、
見込み客のところに顔を出して挨拶をするということです。

要するに、まずはひたすら相手の話を聞いて、
相手の問題や悩みに強く共感を示してあげることで、

「●●さんなら、一回くらい買ってもあげてもいいかな

と思ってもらう基本的な手法です。

この場合、商品やサービスがそんなに優れてなくても、
成り立つ場合が多いです。

じゃぁ、同じことがアメブロでもできるのかというと、
それとこれとではまた話が変わってきます。

”いいね!”や読者登録で喜ぶのは情報弱者だけ

昔であれば”いいね!”や読者登録がつくことで、
「共感してもらえている」と思えたのかもしれませんが、
前回お伝えしたように、多くの人はウンザリしてるんです。

もちろん、ちゃんと興味を持って、
”いいね!”や読者登録をしてくれてる人もいますよ。

ただ、大半が自分のためにやってるだけにすぎません。

その証拠に、届くメッセージやコメントも、
「私のブログも見てください」「読者登録してください」
といったマヌケなものばかりですよね。

で、こういった現状を知らない情報弱者や、
アメブロ初心者はこんなことで一喜一憂してしまうんです。

また、その感覚に慣れてしまうと、
わかっていても”ただ数字”で喜んでしまうわけです。

アメブロの中毒性ですね。

記事で共感してから⇒共感してもらう

ということで、アメブロの基本的な便利機能では、
共感を示すことは難しくなってきてることがわかります。

なので、記事で共感してもらうことができなければ、
生き残ってはいけないということです。

こっちが”いいね!”を押して共感を示してあげたから、
相手も共感を示してくれるなんてことはないんです。

”いいね!”返しは共感してるフリでしかありませんので。

つまりこれからのブログ記事では、

・共感してあげる
・共感してもらう

という2つの要素が必須になってきます。

「●●って大変ですよね」「▲▲って困りますよね」って
まずは、読者の問題や悩みに共感する記事を書き、
「■■という解決策があるんですがどうですか?」って、
最終的に共感してもらう記事を書くということです。

初めて入った服屋さんでいきなり、
「これいいでしょ!似合いますよ!どうですか!」
って来られても共感できないですよね。

でも、

「そのクツ素敵ですね!どこで買ったんですか?
 もしそういうのが好きならこんなのありますよ!」

って言われてたらまた違ってきますよね。

リアルもインターネットも同じことで、
そういった発信をしなければならないってことです。
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshinya hattoriをフォローしよう!

NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  2. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  3. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. ステップメールの7通目:予告とオファー

関連記事

  1. 怒り

    WEB集客

    怒りの感情が強いときにブログが書きやすいのはなぜか?

    こんにちは、服部です。イヤなことがあった時とかムカついた時って…

  2. インプット

    コンサルティング

    インプットした情報を商品化する5つの方法③

    こんにちは、服部です。インプットした情報を商品化する5つの方法…

  3. youtube

    SEO戦略

    ブログ集客動画コンテンツまとめ

    【Vol.1】ブログ集客コンサルタントが無料では教えてくれないこと…

  4. Google ペナルティ

    SEO戦略

    Googleは全てのミラーサイトにペナルティを課すのか?

    こんにちは、服部です。以前からお伝えしていますが、Goog…

  5. ステータス

    コンサルティング

    セミナーでコンサルタントのステータスをアップする

    こんにちは、服部です。目に見えないものを売るコンサルやコーチという…

  6. ブログネタ

    アメブロ

    ブログネタに困ったときに読むブログ【ハード編】

    こんにちは、服部です。毎日ブログを書いてるとネタに困りますよね。…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」
WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. 美容師
  2. マーケティング
  3. 起業

最新記事

  1. 起業難民がスピリチュアルにハマる理由
  2. 【ブログ療法】心が病んでいてしんどい時ほどブログを書くべき3…
  3. 常に付加価値を生み出せる「コンサル脳」にアップデートする方法…
  4. ライバルが誰も知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブロ…
  5. だけど、僕らは楽して稼ぎたい

関連コンテンツ

  1. WEB集客

    なぜWordPressは記事を更新しないとGoogleからの評価が下がるのか?
  2. USP

    集客・マーケティング

    どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの…
  3. コンサル

    コンサルティング

    常に付加価値を生み出せる「コンサル脳」にアップデートする方法
  4. WELQ

    経営・ビジネス

    DeNAのWELQ騒動から学ぶべきマイビジネスの”Xデー”対策
  5. 週刊文春

    政治・経済

    そしてこれからも「文春砲(週刊文春)×LINE」という捏造されたニーズに自分の人…
PAGE TOP