Facebook

洗脳・マインドコントロール

地球上の全人類の趣味趣向さえも洗脳するFacebookTVが始まる

こんにちは、服部です。

このニュース見ました?

いや〜、ついにこの時が来てしまいましたね。

FacebookがMTV幹部を引き抜いて
オリジナル番組の制作を始めたというニュースです。

-前略-

動画コンテンツの配信にあたり、フェイスブックはオリジナル作品だけでなく、他社のコンテンツを流す可能性もあるが、一つだけ確かなのは同社がユーザー属性やどの程度の長さのコンテンツがふさわしいかを完全に把握していることだ。

-中略-

フェイスブックは様々な手法でユーザーの趣味嗜好を把握しており、そのデータを動画配信に用いることで大きなビジネスチャンスが広がる。スナップチャットがこの分野で足踏みしている間に、ニッチな動画市場を一気に独占することも可能だ。動画コンテンツにより、ユーザーの滞在時間を伸ばし、同社のサービス内に閉じ込めることができる。

フェイスブック、MTV幹部を引き抜きオリジナル番組制作へ [Forbs]

 

今回の僕の記事のタイトルだけを見ると、
陰謀論の話か何かと思われるかもしれませんが、
決してそういう話ではなく。

そういう話は嫌いではないですが、
そういうのはやりすぎ都市伝説の関暁夫くん
お任せしようと思っています(笑)

 
とはいえ、Facebookの「大衆扇動力」だったり、
テレビが「洗脳装置」であること

もはや今さら言うまでもないことなんですよね。

陰謀論や裏組織がどうのこうのという話とは別に。

 
で、今回お伝えする話というのは、
Facebookが顧客の行動をコントロール下に置き
ビジネスを飛躍させていくためには
非常に理にかなったアクションだということについてです。

極端に表現すれば、
Facebookにおける「洗脳強化の仕組み」について。

Facebookが情報発信量を増やす理由

Facebookのユーザーが増えた減ったという話は、
日常的に言われていることですよね。

Facebookのユーザーが増えることが
自分のビジネスにとって都合が良いという人は
ユーザーが増えているというデータを持ち出します。

逆に、Facebookの危険性を訴えている人などは、
ユーザー減っているというデータを見せます。

 
ただ、そういったユーザーの増減は別にしても
Facebookがユーザーに与える影響は甚大である
ということはまぎれもない事実
なわけです。

多くの人は朝から晩までスマホを片手に
Facebookに一喜一憂しているわけですからね。

1日のうちFacebookから得ている情報だけでも
かなり莫大な情報量になります。

 
で、そこにFacebookがテレビなんか始めたら
さらにいろんな情報が飛び込んできて
Facebookユーザーの頭はパンクするのではないか
というのが安易なマーケッターの発想です。

それに関してはこの記事でも書いたとおりですし、
この本の中にも書いてあるとおりです。


 

しかし、実際はその逆です。

提供する情報量を増やすことによって
お客さんの絶対価値判断のクオリティは上がる
んです。

情報過多で困っている人などいない

巷では、いまだに、

「情報過多の時代で人々は混乱している」
「余計な情報は入れしないようにしよう」
「お客さんと友達のような関係にならなければ
 あなたの商品は買ってもらえない」

といった定説マーケティングを唱えている
マーケティングコンサルタントは多いですが、
もはやそれは時代遅れのマーケティングなんです。

「SNSを活用して接触回数を増やして、、、」

といった、ザイアンス効果 も廃れていきます。

 
超情報化社会であることは事実ですが、
同時に、高度な検索ツールや比較サイト等によって
人々の情報の取捨選択は容易になっています。

「情報が多すぎて混乱している人」が多いのなら、
世の中の情報量増加に比例して
売上があがる企業は存在しなくなります。

ですが、同業の参入が絶えない業界であっても
売上があがっている企業はいくらでも存在します。

これは、お客さんが普通に情報を取捨選択して、
「相対価値」で判断して買っているのではなく
「絶対価値」で判断して買っているということです。

 
そして、

「仲の良い友達が勧めるものを買う」

という場合もありますが、それはあくまで、
その友達と趣味趣向が同じで
かつその友達を同じ環境下にある場合だけです。
 

例えば、MacBookを買おうと考えているとき、
友達が良いと言っているだけで買うでしょうか?
 

仮に、オシャレに関する価値観は同じでも、
友達はWEBデザインにMacBookを使っているけど
自分は事務でMacBookを使うという場合、
友達の推薦は情報として曖昧なものになります。

事務であればエクセルやワードを多用しますが、
その友達がofficeを使っていないのであれば、

「オシャレだから」
「カッコイイから」

で買うことはまずあり得ませんよね。

この場合、友達の「体験」や「満足度」ではなく、
機能性が重要なわけなので。

スタバでMacBookを開いて
意識高い系をSNSでアピールしたいのであれば
何も気にせず買えば良いですが。

 
で、実際のところ
MacのOfficeは絶望的に使いにくいですし、
検索すれば体験談の情報もいくらでも出てきます。

機能性が重視される商品の場合、
いくら信頼している人が言っているからといって
人はもう体験やベネフィットを買わないんです。

 
もちろん、少し前であれば

「この(尊敬する)人が良い言っているから買う」

というパターンもあったと思いますし、
そういった地域性が残っているところもあります。

が、確実性の高い情報が得やすくなった現在は、
人と人とのつながりや関係性で買うという人は
情報弱者か思考停止に陥っている
時代に取り残されていっている人だけになります。

Facebookの洗脳戦略

日々のFacebookの情報量に関しても同じです。

読みたくない人の記事は
友達のまま非表示にすることができますし
ウザい広告も非表示にすることができるわけです。

我々は自分にとって必要な情報を必要なだけ
簡単に抽出することができます。

情報に埋もれて苦しむことなんかあり得ませんよね。

 
であれば、これからの企業のマーケティング戦略は、
見込み客に選択してもらいやすいように
強みやウリや打ち出して差別化することでも
ブランディングを強化していくことでもありません。

これから取るべきマーケティング戦略は、
綿密なターゲッティングは行わず
販売者の情報に依存させるということ
なんです。

 
お客さんは情報を取捨選択し、
絶対価値で商品を購入する術を手に入れています。

どんなに誘導したところで全てバレるんですね。

お客さんは「本質」の情報に簡単にリーチできるので。
 

なので、体験といった抽象的な情報ではなく、
商品の本質を的確かつ詳細に伝えられる
価値の高い情報を提供できる企業や人が勝ちます。
 

もちろん、アパレルやエンターテインメントなど
まだ体験やイメージが重視される業界もあります。

が、そういった業界においても
絶対価値で商品を購入したいお客さんから
商品の本質がわかる情報を求められていきます。

定説マーケティング劣化のカーブは緩やかですが
もはや時間の問題なんですね。

 
莫大なユーザーの「趣味趣向データ」を手にし入れ、
その凄まじいデータを活用して
新たなメディアで情報発信量を増やしていくという
Facebookの戦略がそれを顕著に表しています。

Facebookが次の野望を完遂するために、
FacebookTVという強烈な情報提供メディアをつくり
あなたの趣味趣向さえも塗り替えようとしている

、、、と考えるのは大げさでしょうか?

 
だって、現に、今あなたの部屋にあるものって、
全てがあなたの趣味趣向に基づいて
自分の意思で買ったものじゃないですよね。

テレビやネット、Facebookなどを見なければ
そもそも買っていないような不用品も多いはずです。

情報によって趣味趣向さえも変化していくんですよ。
 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 
「結局最後はそれかい!」

と、画面の向こうからツッコミありがとうございます。

 
まぁ、あなたの業界で長く生き残っていくための
1つのヒントになれば幸いです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  2. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  3. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. 詐欺 スパム

    SNSマーケティング

    友達を脅威に巻き込む前に今すぐ確認を!Facebook、Twitter、Amazonのスパム・詐欺対…

    こんにちは、服部です。テクノロジーが進歩していけば、それに…

  2. マインドセット

    人は無意識に情報を取捨選択している【Part1】

    こんにちは、服部です。すいません、今回の記事は、マーケティング…

  3. WEB集客

    「0円集客」に群がる情報弱者の特徴

    こんにちは、服部です。以下、アメブロで削除された記事の転載です…

  4. 洗脳・マインドコントロール

    ビジネスマンが必ず読むべき『闇金ウシジマくん』の2つの話

    こんにちは、服部です。僕は本を読むのが好きですがマンガに関…

  5. マインドコントロール

    洗脳・マインドコントロール

    洗脳とマインドコントロールの違い

    こんにちは、服部です。ビジネスをする上で、お客さんに購入しても…

  6. インフルエンサー

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. 植松聖
  2. credit
  3. 効率化

最新記事

  1. 他人に食事やお酒を奢る習慣がない人は猛スピードで貧乏になる法…
  2. コンサルタントの”マネタイズオンチ”の矯正方法は「自信を数値…
  3. ありのままで生きるためには他人の評価を気にして生きなければな…
  4. 抽象的な自己啓発でよくある結論「行動しよう」。しかし行動をし…
  5. インフルエンサーが煽る「評価経済社会における基礎体力はSNS…

関連コンテンツ

  1. WELQ

    経営・ビジネス

    DeNAのWELQ騒動から学ぶべきマイビジネスの”Xデー”対策
  2. 洗脳・マインドコントロール

    起業コミュニティは風俗店である
  3. BEAMS

    集客・マーケティング

    BEAMSの秀逸なプロモーションビデオが教えてくれるアパレル販売員のあるべき姿
  4. Faceboook

    つぶやき・仕事術

    ビジネスでチームコミュニケーションに使うのはLINEよりFacebookのメッセ…
  5. 西野亮廣

    コンサルティング

    あなたがいつまでたってもキングコング西野になれない最大の理由
PAGE TOP