police

アメブロ

店長が逮捕されてしまったんですがアメブロは大丈夫ですか?

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

今から20年くらい前、大阪なんばのカラオケ屋でバイトをしていたんですが、その時のメインの業務は”ひっかけ橋”での”キャッチ”でした。

ひっかけ橋というのは、正しくは戎橋と言って、観光客みんながグリコをバックにして写真を撮る場所です。

osaka

 
今でこそ条例が厳しくなっていて、キャッチ行為は完全に禁止されていますが、当時は条例が厳しくなりかけていた時期で、いろんなキャッチやスカウト、客引きがひしめいていました。

カラオケ屋もたくさんあったので、ライバルに負けじとみんな集客のためにゴリゴリにキャッチをしていたわけですね。

 
ただ、ボッタクリの店の客引きやホストたちの強引なキャッチもあって、一気に規制が入ってキャッチ行為がNGになりました。

キャッチをしていると警察に注意されるようになったんですね。

 
ただ、店側としても売上のために集客しなければならないので、警察の目を盗んでコソコソキャッチをしていました。

店名が入ったものは身につけないようにして。

で、あんまりしつこくやってると、警察から「オマエどこの店や?次見つけたら逮捕するぞ!」と言われるもんですから、ライバル店の店名を言ったりして(笑)

 
そんなこんなで、アルバイトはリスクのあるキャッチ活動はしないようになっていったんですが、店長としてはやはり売上を立てないといけないので、自らキャッチに出ていました。

 
それを続けていた結果、うちの店の店長は逮捕されました。

 
会社は超ブラックだったので、当然、責任も取ってくれませんでしたね。

イケイケの指示を出していたくせに、いざ逮捕されると、

「逮捕されたん(笑)?アホやな〜。だから、やめといた方が良いんちゃうかって言うてたやんけ〜」

って(笑)

なかなかヒドイ話でしょ。

アメブロでビジネスをしてはいけない本当の理由

今回の記事は何が言いたいかというと、商用禁止という規約があるアメブロを使って集客活動をしている人の末路は、この店長の末路と同じですよということです。

ダメだと言われていることを、毎日ブログが削除される恐怖に怯えながらコソコソ集客活動をしているわけですから。
 

まぁ、さすがにすぐに逮捕とはならないですが。

ただ、ビジネスがわかっていない人は、特商法とか薬事法個人情報保護法などの観点で見るとアウトな人はいっぱいいるので、お客さんとモメた時点で逮捕は免れないでしょうけど。

いや、脅しでもなんでもなく。
 

普通に考えてくださいよ。

リアルでお店を開業して商品を売るのって、いろんな申請や許可がいりますよね。

いくらネット空間だからといって、売りたいものをブログ記事の延長線上に置いて売って良いわけがなく、最低限の準備は必要なわけですよ。 

 
どうせ、アメブロでビジネスをしている連中はリテラシーが低いので、確定申告もしていないでしょうし、それどころか登記していないのに株式会社と名乗っている連中もいます。

アメブロで小遣い稼ぎの延長くらいにしか考えていない主婦とか、軽く副業くらいにしか考えていないサラリーマンとかは痛い目に合いますよ。
 

アメブロをビジネスで使ってはいけない理由は、素人がビジネスを始める上で、そもそも商用利用禁止が前提のアメブロにはそういったインフラが無いですし、それをまともに教えてくれる人もいないということです。

お金をかけてホームページやブログをつくるとなったら、まともな業者とさえ出会えれば、「プライバシーポリシーのページはどうするか?」「特定商取引法のページはどうするか?」といった話になるので、一連の流れの中で法対策もできるんですね。

 
メインのブログやホームページがあって、そこでちゃんと法対策をしていたり、noteやBASE、Amazonといった商売用のプラットフォームを使っていたりするのであれば、サブ媒体としてアメブロを使うのは全然OKでしょう。

セールスの際に責任の所在のサイトや特商法や個人情報保護法のページを明記していれば。

 
それすらも準備していなくて、集客(ビジネス)のプラットフォームがアメブロ1本の人は、考え直した方が良いですよ。

なぜなら、その環境は、「逮捕するぞ」と警告された上で、集客のためにと、ひっかけ橋でキャッチをしているのと同じことになりますから。

アメブロに情報弱者が集まり続ける理由

じゃぁ、何でアメブロが、似非起業家ばかりが集まるこんなカオスな状況になっているかというと、冒頭の話で言うところの、「ブラック会社」が存在するからです。

ブラック会社というのは、胡散臭いセミナーや塾などのコミュニティです。
 

多くの人はそこにぶら下がってビジネスをしているので、会社員と変わらないんですよ。

それどころか、他所に依存しているのに責任の所在は全て自分にあるという状態なので、会社よりも断然リスクは高いですよね。

これで儲かっていなかったら、派遣や下請け以下です。
 

まぁ、アメブロをビジネスに使うということも、他社のメディアに依存している上に、削除されて収入源がゼロなっても全て自分の責任という点については同じことです。

 
で、ブラック会社にはクズ社長がいるように、ブラックコミュニティにもボスがいます。

例えばこういうのとか。


 
あ、投稿じゃなくてアメブロの記事の方ね。

この記事に果敢にツッコミを入れている”ごやっち”は友達なので(笑)

 
この人、アメブロ集客の指導者らしいんですけど、その立場で集客の柱であるブログにアメブロの使用を推奨しておいて、

「問題ないのかなぁと言う気がします」
「厳しいのかなぁと思います」
「NGの札が上がるんだと感じています」
「恐らく問題ないわけです」
「恐らくNGの対象になるでしょう」
「今がチャンスだと思うのです」

って、いやいやいや。

自分が勝手に使って勝手に自滅するなら良いんですけど、コンサルタント(先生)っていう立場でリスクのあるものを勧めておいて、「たぶん大丈夫でしょ」的な発信したらアカンでしょ。
 

ただでさえコンサルタントは胡散臭いと言われる職業なのに、こうやって情報弱者から搾取するヤツがいるからどんどん生きにくくなっていくんですよ。

まぁ、むしろこういったクズが大半なので(特にアメブロ界隈は)、正しいことを発信するだけでコンサルタントとしてはエッジは立ちますけどね。

 
さぁ、これでもあなたはビジネスにアメブロを使い続けますか?

 
アメブロというプラットフォームのリスク、アメブロ内でのまともな指導者の欠如、自称コンサルタントのクズ連中の巣窟、そんな中であなたはまだビジネスをし続けるんですか?


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  2. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  3. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備

関連記事

  1. 四元亮平

    ブログ集客

    お願いだからブログを書いてください

    1.「そもそも何のためにビジネスをやっているのですか?」2.「あな…

  2. ブログ

    ブログ集客

    「毎日ブログを書く」がムダな努力の理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。毎日バットの素振り…

  3. ステップメール

    WEB集客

    ステップメールの7通目:予告とオファー

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ステップメールの7…

  4. ブログ

    ブログ集客

    ブログを書く人に必要な3つの最低限の覚悟

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。読者に刺さるブログ…

  5. SEO戦略

    目的地が不明のブログは永久に資産にはならない

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。最近、「ブログをは…

  6. アメブロ

    SEO戦略

    アメブロで売上につながる読者を獲得する方法【 Part1】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。そこそこ人に役立つ…

オンラインサロン

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. books
  2. ブログ
  3. Twitter
  4. マインドセット
  5. ゴミ記事

最新記事

  1. YouTubeは未来のお客さんに「視聴覚情報」という安心を提…
  2. これでライティングスキルがアップしなければブログはあきらめて…
  3. ブログを書くモチベーションが下がったときにやるべきこと
  4. 【ブログ4.0】消費されないための“隠れ家”式ブログ(情報発…
  5. 弱者の「アップデート式」ブログ生存戦略

服部のアタマの中

  1. 2016

    つぶやき・仕事術

    2016年に良く読まれた劇薬ブログ記事10選+オマケ
  2. 武井壮

    マインドセット

    他にも同じくらい忙しい芸能人はいるのに、なぜ武井壮は圧倒的億万長者になっているの…
  3. オンラインサロン

    集客・マーケティング

    誰も知らないオンラインサロンのオイシイ使い方
  4. 教科書

    コンサルティング

    コンサルタントの教科書とコンサルタントの懺悔書
  5. 商品価値

    政治・経済

    これからは「良い商品さえ作れば売れる」時代に突入する
PAGE TOP