怒り

WEB集客

怒りの感情が強いときにブログが書きやすいのはなぜか?

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

イヤなことがあった時とかムカついた時って、いつもよりブログの筆がグングン進んだり、いつもよりベラベラ喋ったりしないですか?

実際、普段は大したボリュームでもないのに、批判記事になるとボリューム満点になる人や急にヒートアップする人が多いです。

これは、​怒りの感情は目的や目標を明確に持ち、人の衝動を強く突き動かすからです。

「それは間違っている!」
「本当はこうあるべきだ!」

といったことを伝える目的があったり、この考え方や理論を誰かに伝えたいという明確な目標があったりするからです。

怒りの感情との正しい付き合い方

短期間で圧倒的な成果を出す起業家には強欲な人がけっこう多いです。

怒りを原動力にして結果を出すという、反骨精神はまさにその最たるマインドですね。

・悔しいからがんばる
・ムカつくヤツを見返したい
・間違っていることを正したい

といった怒りの感情は、目標達成や問題解決の原動力になります。

もちろん、間違った方向に行ってしまうと、取り返しのつかない行動にもなりかねませんが、上手くコントロールできれば喜怒哀楽のどの感情よりも行動を促します。

が、ただし、ピークは早いので、一息置いてからタスクに取り組むというより、怒りの感情を持ったまま突き進む方が良いです。

自然体も真理も人間らしさではない

喜怒哀楽の中の「怒り」という感情は生きるために、感情を高ぶらせて戦うという人間の生存本能と密接に関係しています。

なので、自己啓発系によくありがちな常にポジティブマインドでい続けることは、自然体でもなければ真理でもないわけです。

SNSでは「私は自然体です」だとか、「ありのままで生きています」だとか、耳障りの良い真理の話をする人がいますが、実際、「私は自然体です」といっている人はまったく自然体なんかではなく、最も人間らしい部分をひた隠しています。

で、実際、後からボロが出てきます。

無意識にネガティブな部分が露呈してしまい、整合性が取れなくなっていくんですね。

人間らしくない発信は刺さらない

別に普段出すことができないのであれば、人に見せたくない感情はフタをしていても良いと思います。

それもまた人間臭い部分でもありますし。

しかし、ブログやSNSなどの情報発信では文字にするというアクションや編集ができるので、リアルよりも幾らかは伝えやすくなるので遠慮なくネガティブな感情も出せば良いです。

結果的にそういった情報発信をする方が同じような感情を塞いでいる人に刺さりますし、信念や思想に一貫性が生まれるので後からメッキがはがれることもなくなります。

その方が紛れもなくありのままのあなたですし、
自然体で生きることじゃないですか?

もっと突っ込んだ記事はこちらで書いています。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

起業してまで副業禁止を強いられる起業家たち前のページ

Who are you?次のページ紫舟

関連記事

  1. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い Part.7

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロ集客やアメ…

  2. ステップメール

    WEB集客

    ステップメールの7通目:予告とオファー

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ステップメールの7…

  3. モンパチフェス

    ブログ集客

    情報発信やコンテンツの尖らせ方はモンパチフェスから学べ

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。先日、沖縄で平成最…

  4. 毒

    コピーライティング

    日本人にもっと毒を

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。前回紹介した広告コ…

  5. コンサル

    WEB集客

    情報商材とオンラインサロンとコンサルの違い

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。情報商材もオンライ…

  6. 断捨離

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. 恐怖
  2. 目標と行動
  3. コロナウイルス
  4. routine
  5. 善と悪

最近の記事

  1. ライフスタイル

服部のアタマの中

  1. メルマガ

    WEB集客

    情報商材屋がメルマガを使い続ける理由
  2. SNSマーケティング

    Twitter100万円プレゼント企画の裏側
  3. 自己啓発

    マインドセット

    継続と成功を結びつけるウソ自己啓発
  4. メルマガ

    WEB集客

    ブログよりもYouTubeよりもTwitterよりもメルマガ
  5. コロナ

    マーケティング

    これからの時代に必須となる「自分と優良顧客だけの世界」の作り方
PAGE TOP