アメブロ集客

アメブロ



アメブロ集客の26個の間違い Part.2

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

アメブロ集客の26個の間違いの説明に入っていきます。

ちょっと項目が多くて長くなりそうなので、何回かに分けてお伝えしていこうと思います。

何度もお伝えしますが、”YES”か”NO”かは、すべてはあなたの状況やタイミングで変わります。

1.カスタマイズした方がいい?

同じ内容のブログが2つあったとすれば、間違いなくカスタマイズをした方がいいです。

同じメニューの飲食店が2軒並んでて、見た目が一方は普通、一方はキレイだったとしたら、キレイな方にいくのは当然ですよね。

ただ、カスタマイズすればいいっていう話ではなくて、自分でやって中途半端な見た目になるくらいなら、ノーマルの方がよっぽど見た目はいいですし、もちろん依頼する制作業者のセンスにもよります。

あなたがカッコイイ、カワイイの基準ではなく、あなたのビジネスにその画像や色は適してるのか、お客さんがイメージしやすいかがポイントです。

また、一部のブログ集客コンサルタントは、「カスタマイズは記事が充実してから」とか、「記事の質が高ければ必要ないと」言っています。

が、人間と同じで第一印象はかなり重要なので、ライバルと比較された時には必ず負けてしまいます。

記事の量(貯めた記事数)が充実してなくても、質の高い記事を配信できるスキルがあるのなら、最初からカスタマイズしない理由はありません。

ここで、”まだ”カスタマイズしなくていい人なのは、見た目で反応してくれた読者や見込み客を、記事の内容でしっかりと足止めできない人です。

そいう人は、見た目で記事まで誘導できたとしても、今後読者や見込み客になる可能性がある人を離脱させ、さらにその読者や見込み客は二度と戻っては来ないので、デメリットしかないということになります。

2.サイドバーは活用した方がいい?

読者や見込み客にとって必要か必要でないかで、何をどの位置に配置するかを考えてください。

スペースが寂しかったり、デザインのバランスで、無理やり入れようとする人もいますが、極論、ブログ記事以外伝える必要がなければ、サイドバーは一つもいらないということになります。

ちなみに、人が一番最初に見るのは左上なので、一番見て欲しいものが記事なのであれば、サイドバーは左に配置するべきではありませんし。

逆に素晴らしい容姿や実績があるのであれば、左上にプロフィールを配置すれば効果はあります。

欲張って3カラム(両サイドにサイドバー)で、設定してる人もいますが、その場合は、記事枠が圧迫されて読みにくくならないようにだけ、しっかりと工夫をする必要がありますね。

3.読者は1,000人いた方がいい?

読者数やFacebookの友達の数なんかもそうですが、数をステータスにしなければやっていけないような、実績インフレに参入してビジネスをしてる人は、読者数は多ければ多いほど有利というわけなんです。

ただ、基本的な考えは、売上(収入)からの逆算です。

・売上(利益)がいくら必要なのか?
・そのためには何人集客しなければならないのか?
・読者のうち何%がお客さんになってくれるのか?
・「読者⇒お客さん」のパーセンテージを考えると何人の読者が必要なのか?

で、”毎月”必要な読者数を決めます。

たとえば、リピーターの計算は除きますが、月に100万円の売上が必要で、単価が10万円の場合、月に10人の集客が必要になります。

で、お客さんになってくれる読者が1%だとすると”毎月”1000人の読者が必要になります。

1,000人×1%×10万円=100万円

あなたの希望収入、商品やサービスの単価、成約率(購入率)によって変わってきますよね。

よく聞く「読者を1,000人集めましょう」というのは、たんなるどんぶり勘定の話でしかありません。

では、次回はまた続きの項目をお伝えしていきます。

 

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
solo



ピックアップ記事

  1. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  2. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  3. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  4. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  5. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み

関連記事

  1. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い Part.10

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。番外編みたいなカン…

  2. ステップメール

    WEB集客

    ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ステップメールの6…

  3. WEBツール

    SEO戦略

    推奨ブログツールとその活用法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕自身が実際に使っ…

  4. アメブロ

    ブログをバックアップとってもムダな3つの理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロの削除のリ…

  5. ブログ集客

    毎日ブログを書いていて「ブログで稼ぐつもりはない」って正気ですか?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。主婦の人とかの趣味…

  6. police

    アメブロ

    店長が逮捕されてしまったんですがアメブロは大丈夫ですか?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。今から20年くらい…

オンラインサロン

ソロマーケ部

無料メール講座

定期購読マガジン

note

よく読まれている記事

  1. Twitter
  2. 承認欲求
  3. TCD

最新記事

  1. ブログの執筆スピードが遅いことはとてもスバラシイことです
  2. ブログやTwitterの語尾は「断定形」で書くべきか「余白形…
  3. 作品と言葉で戦うクリエイター&アーティスト向けWordPre…
  4. noteの返金機能が炙り出すフォロワーのリテラシー
  5. 有料noteを販売することのメリットとデメリット

服部のアタマの中

  1. マーケティング

    つぶやき・仕事術

    障害者の生産性はマーケティングで向上する
  2. インフルエンサー

    マーケティング

    ブロガーや起業家が大好きな「信用をお金に換える」という概念は、まもなく時代錯誤に…
  3. 週刊文春

    政治・経済

    そしてこれからも「文春砲(週刊文春)×LINE」という捏造されたニーズに自分の人…
  4. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
  5. コンサル

    コンサルティング

    常に付加価値を生み出せる「コンサル脳」にアップデートする方法
PAGE TOP