アメブロ集客

アメブロ



アメブロ集客の26個の間違い Part.4

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

7.自分のストーリーを語った方がいい?

人はストーリーが好きなので、自分のヒーローストーリーを語れば確かに読まれます。

①自分はこんなにダメ人間だっだ。
   ↓
②でもムチャクチャ努力した。
orでもこんな幸運が舞い降りてきた。
orその両方。
   ↓
③その結果、こんなに成功した。
   ↓
④さあ、君もらればできる!
   ↓
⑤その方法はこうだ!

といったベタな構図でできていることは、マーケティングやコピーを勉強してる人でなければ、ほとんどの人が知りません。

ただ、今では多くの人が同じことをしてるので、構図を知らない人でも感覚的にわかるようになってきてます。

「あぁ、またこのパターンか」と感じ取ってしまうので、”ストーリー自己紹介”は効果は薄れてきてはいます。

こういうストーリーは、人を惹きつけるために、おもしろおかしく見せることが目的なので、ほぼ100%盛ってるか、ホラ話を盛り込んでるわけです。

全部が嘘というわけではなく、真実を含むグレーな表現をするということです。

みんながみんな波乱万丈な人生を歩んでるわけではないし、おそらくあなたも同じようにするハズですよね。

今の時代にストーリーを有効に使うのであれば、ある程度読者や見込み客と距離が縮まったときに、ブログやメルマガでサラっと入れ込むのが有効な手段です。

話の途中で、「まぁ僕は昔●●で苦労しましたけどね…」みたいな感じで挿入するのがいいです。

いきなりプロフィールの冒頭や、ブログの記事一回をまるまる使ったり、メルマがの1通目でいきなり語りだす人とかがいます。

「まずは私のことについて話をさせてください」みたいな感じで始めますが、誰も興味がないんですよ(笑)

タイミングや挿入する場所に注意して使ってくださいね。

8.記事は毎日書いた方がいい?

大前提として良質な記事でなければ意味がありません。

どうでもいいような記事であれば、書かない方がマシということになりますからね。

どうでもいいような記事しか書けないということは、完全に勉強不足なので、それはそれで考えようですが(笑)

毎日記事を書く目的というのはいくつかあるんですが、1つめは、Googleに評価してもらえるようになるまでに、200~300記事が必要というのはよく言われます。

つまり、アクセスが集まるのがそれくらいということです。

じゃぁできるだけ早く集められるようになるためには、短い期間でできるだけ多く書いた方がいいですよね。

ただし、1日に数記事アップするのは、スパム扱いされてしまう可能性もあるので注意は必要です。

2つめは、毎日できるだけ同じ時間に配信することで、読者に知ってもらうということです。

アメブロではタイムラインがあるので、読者に習慣的に読んでもらえるようにするのは、そんなに難しいことではありませんからね。

毎日書く必要がないとすれば、定期的にアクセスが集まる記事がいくつかあって、ほっておいても見込み客が増えていく場合などですね。

たとえば、アメブロのカスタマイズやデザインなどで、困ったときには必ず見るというブログは、日々大量のアクセスが集まりますよね。

そこにちゃんとセールスの仕組みが備わっていれば、毎日毎日更新する必要はなくなりますよね。

注意点としては、Googleは常に新しい情報をユーザーに届けるのが使命なので、その視点でみた場合、数ヶ月間更新してないブログと、日々新しい情報を更新し続けてるブログとでは、どちらが評価されるかというと明らかに後者だということです。

9.一記事で1,000文字以上は必要?

800~1,000字程度が必要と言われてますが、最近の検索ではYouTubeの評価が優先されてきており、一概には言えなくなってきている部分はあります。

実際、動画を多用しているまとめサイトなどは、多くのアクセスを集めることは普通にありますし、検索上位に上がってくることもよくあります。

ただ、まだまだ画像や動画では情報価値は含まれにくく、”テキスト”の重要性が高いことは変わりません。

テキストでのコンテンツがしっかりとあって、追加要素として動画が含まれていればベストですね。

 
アメーバキング


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
solo



ピックアップ記事

  1. ステップメールの7通目:予告とオファー
  2. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  3. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  4. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  5. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー

関連記事

  1. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑤:アメブロで儲かるほど窮地になる

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。どんな世界(業界)…

  2. アメブロ

    塾や講座に参加しても”売れる”コンサルタントにはなれません

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。”売れる”コンサル…

  3. baby

    ブログ集客

    つくってはいけない命、生まれてはいけない命なんかあるんですかね?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ブロガーとかインフ…

  4. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側①:現代版アメブロで生き残るために

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロユーザーの…

  5. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側②:共感する(させる)方法を変える

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロにおけるペ…

  6. ブログ集客

    Facebookとブログから見透かされているあなたの本性

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。強い発信をすること…

オンラインサロン

ソロマーケ部

無料メール講座

定期購読マガジン

note

よく読まれている記事

  1. 右脳マーケティング
  2. time
  3. ケイティ・ペリー
  4. books

最新記事

  1. noteの返金機能が炙り出すフォロワーのリテラシー
  2. 有料noteを販売することのメリットとデメリット
  3. コンプレックスビジネス(ナンパ塾、モテコンサル、恋愛講座など…
  4. Twitterの固定ツイートとモーメントの「新しい」活用方法…
  5. Twitter100万円プレゼント企画の裏側

服部のアタマの中

  1. リストマーケティング

    WEB集客

    12月1日にメルマガを配信するという愚策リストマーケティング
  2. やまもとりゅうけん

    SNSマーケティング

    Twitterでダサくセコく爆発的にフォロワーを増やす方法
  3. 貧乏

    マーケティング

    人間は貧乏から先に死んでいく【Part2】
  4. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
  5. マーケティング

    コンサルティング

    今いる環境が悪ければどんなマーケティング戦略もどんな経営戦略もどんな努力も通用し…
PAGE TOP