アメブロ集客

アメブロ



アメブロ集客の26個の間違い Part.9

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

アメブロ集客やアメブロ運用に関しての、よくある疑問や質問にお答えしていきます。

基本的な内容に関しては今回が最後になりますね。

22.WordPressと両方やった方がいい?

一昔前によく言われた内容ですね。

アメブロがいつ削除されてもいいように、同じ記事をWordPressにも同時投稿するみたいなことです。

これに関してはミラーサイトになるのでNGです。

インデックスさせないようにもできますが、そもそもそれではブログの意味がまったくありません。

こんなアホみたいな穴の広拡げ方をするんであれば、アメブロを深堀りしていってる方がよっぽどマシです。

こういったリスクのあることを推奨してるWEBコンサルが、未だウジャウジャにいるのには驚きですね。

やるのであれば、WordPressでは全く違う記事を書いて、アメブロからどんどんアクセスを流し込んで、最終的にはアメブロは閉鎖するというのがベストです。

アメブロのアクセスがほぼないのであれば、リスクの高いアメブロはさっさと閉鎖してしまって、WordPressをコツコツ育てていくのがいいでしょうね。

23.ホームページはあった方がいい?

前回のメルマガのところでも少し触れた内容ですが、メルマガをするよりも向いてる人がいるのは確かです。

「お客さんに見てもらうページがアメブロじゃ…」

という業種の人もいると思いますしね。

別にホームページがなくてもいい業種はありますが、あってはいけないような業種はまずありませんからね。

こんな業種もホームページがあるくらいですから。

 
いちばん良いのは、ちゃんとホームページがあって、そこにブログ機能もついていて、日々更新し、メルマガの登録フォームも設置するいうカタチです。

で、ホームページにアクセスを集めるために、アメブロやFacebookを使うというイメージですね。

ホームページでメルマガ登録フォームを設置するのは、どんな業種でも、もはやあたりまえの話ですが、ホームページにブログをつけてる人はまだ少ないです。

その意味と価値をわかってない人がまだまだ多いので。

このシステムを導入するのは、今なら早い者勝ちです。

24.アメブロはやめた方がいい?

上記のような仕組みができて、ホームページにアクセスを集められるようになれば、やめても問題ないとは思います。

が、まだまだアメブロは使えるので、サブとしてはガンガン活用するべきだとは思います。

アメブロをいつでもやめれるように、独自のメディアを育てておくというのが重要ですね。

 
アメーバキング


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
solo



関連記事

  1. ブログ

    SEO戦略

    そもそも「良質なブログ記事(コンテンツ)」の基準なんてない

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。SEOに関しての質…

  2. SEO戦略

    ブログ初心者がWordPressとアメブロの両方やった方が良い2つの理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ブログを立ち上げよ…

  3. wordpress tcd
  4. ブログ集客

    ブログ集客

    ブログを書くモチベーションが下がったときにやるべきこと

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ブログを書くことが…

  5. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い Part.10

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。番外編みたいなカン…

  6. ブログライティング

    ブログ集客

    ブログの執筆スピードが遅いことはとてもスバラシイことです

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。運営しているオンラ…

無料メール講座

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. facebook
  2. 批判

最近の記事

  1. サラリーマン
  2. コンテンツメイク
  3. 企画術
  4. ブログライティング

服部のアタマの中

  1. 承認欲求

    マーケティング

    個人ビジネスで生き抜くための『承認欲求タイプ別マーケティング』とは?
  2. ブログ集客

    ブログ集客

    ブログにおける「初心者は100記事書け!」の正しい実践の仕方
  3. 自己啓発

    マインドセット

    継続と成功を結びつけるウソ自己啓発
  4. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
  5. 島田紳助

    マーケティング

    勝てるポジショニングは島田紳助のシークレット講義で学べ
PAGE TOP