Google

SEO戦略




Googleに好かれる毒舌ブログの書き方

こんにちは、服部です。

ブログを書く上で、1つのカテゴリーに特化して書くことはSEO的に有利と言われていますし、僕自身(このブログとは別に)アフィリサイトを運営していてそれは体感しています。

が、その論理が全てではありません。

雑記ブログでもSEOに強いブログはありますし、数十記事で月に数百万PVを集めるバケモノサイトもあるわけです。

 
じゃぁ、何が重要なのかと言うと、やはり、「そのブログ(サイト)自体の信用性があるかどうか」なんですね。

さらに言うと、「誰が言っているか」でアクセスが集まるSNSとは違い、ブログでは「何を言っているか」、そして「その情報が誰かの役に立っているか」で評価されるということです。

もっと言えば、SEOの視点だけではなく、SXOの視点も重要な評価基準になるということです。

こんなクソブログは評価されない

例えば、僕のこのブログですが、ビジネスブログではありますが、発信しているカテゴリーは多岐に渡ります。

が、アメブロ集客に関する記事を書くと、検索ではトップに出てきます。
 

試しに、「アメブロ集客」「アメブロ 集客」というキーワードで検索をかけてみてください。

この記事がトップに出てきますよね。

 
他にもトップ表示される記事がありますが、この記事がヒットするようになってから、やたらアメブロユーザーから相談が来るんですが、この検索順位が真実なんですよ(笑)

ブログのタイトルに「集客」というキーワードすら使っていないブログが、アメブロ集客のノウハウを書きまくっているブログよりも価値があり、役に立つとGoogleは判断しているんですよ。

だって、1ぺージ目に表示されるサイトのほとんどは「アメブロはヤバイ」系の記事ばかりじゃないですか。

 
ちょっと話はずれましたが、アメブロの記事を書きまくっていても、「アメブロ」「集客」 といったキーワードをどれだけ使っていても、アメブロの読者が1万人いても、”いいね!”がどれだけついても、そのブログとそれを書いている人と書いている内容に信用がなければ簡単に後発組に抜かれるということです。

つまり、Googleは不都合な真実を隠して情報弱者から搾取するために、騙し騙し書いているブログを評価するわけがないんですよ。

 
上記の中で紹介しているアメブロガーの記事を見れば、その曖昧さは目瞭然ですよね。

そのブログは人を救えているか?

丁寧な言葉を使って書くだとか、毒舌だとかは関係ないんですよ。

なんだったら、僕のブログの記事の中には組織や人物を名指しで批判している記事もわんさかありますが、その記事によって救われている人がいるんですよ。

 
アメブロの記事もそうです。

前述したように、検索をすればトップに出てくるわけですから、当然、この記事を読んで相談にきてくれる人はたくさんいますし、そういった人たちがアメブロで消耗したり、アメブロコンサルから搾取されるのを回避させてあげられているという自負はあります。

 
さすがに、卑猥な表現や「コロス」「シネ」といったワードを使うのはSEO的にも人間的にもNGですが、表現方法は自由で良いんです。

そのブログに書いてあることが

・真実かどうか
・人の役に立っているかどうか
・人を救えているかどうか
・問題解決できているかどうか

そして、それがどれだけの情報の網羅性があるかどうかこそが最も重要なことなので。

余裕で逆転できます

自分の利益だけにつななるようなブログを書いて、Facebookの友達やTwitterのフォロワーを爆集めして、「数」という影響力を持てば、瞬間的なPV数を集めることは可能です。

が、SEOやSXOの観点からすると真逆のアクションであるということがもうおわかりでしょう。
 

そして、そんなブログでどれだけ記事を量産していっても、長期的なビジネスは継続できないことは言うまでもなく。
 
・タイトルにキーワードを含ませれば良い
・同様のカテゴリーの記事を量産すれば良い
・SEO対策をしっかりすれば良い
・被リンク(紹介)を増やせば良い
・コンテンツを充実させれば良い

といったことはブログ集客をする上でテッパンとして指導されますが、それだけに頼った結末が「アメブロ集客」の検索結果なわけです。

後発組みのたった1記事に追い越されるのです。

 
逆に言えば、舐めた内容を発信をしているエセトップランナーがいた場合、後からでもいくらでも逆転が可能だということです。
 

あなたのブログは真実を伝えられていますか?

困っている人の情報を網羅しようとしていますか?

 
Googleに好かれるブログというのは、イコール、お客さんに好かれるブログだということです。

SEOで頭デッカチになっていた人は、SXOの視点を取り入れてブログを改善していってください。

 
PS

自分のブログがどんなキーワードで検索トップを取れているかリサーチしていますか?

もし「このキーワードで検索1位を取りたい!」というキーワードがあれば、これで簡単にわかるので、一度調べてみることをオススメします。

 
GoogleやYahoo!で検索しても良いんですが、普通に検索するとキャッシュの影響で自分のブラウザでは上位に出てきてしまうので、ぬか喜びにご注意を(笑)

その場合はGoogle Chromeでシークレットモード で検索しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  2. 集客に欠かせないオシャレでSEOに強いブログ&ホームページ(TCDのハイクオリテ…
  3. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備

関連記事

  1. 東寺

    SEO戦略

    『真言宗総本山 東寺』のホームページがかなり本気レベルです

    こんにちは、服部です。ホームページがあった方がいい人もいれば、…

  2. SEO戦略

    ブログをバックアップとってもムダな3つの理由

    こんにちは、服部です。アメブロの削除のリスクに軽く触れて、…

  3. ブログ集客

    ニッチビジネスの見つけ方とつくり方

    こんにちは、服部です。前回とつながる内容になりますので、必…

  4. ブログ

    SEO戦略

    そもそも「良質なブログ記事(コンテンツ)」の基準なんてない

    こんにちは、服部です。SEOに関しての質問は年中ずっとされるの…

  5. SEO戦略

    Ameba OwndにWEB制作やWEBコンサルティングは不要か?

    こんにちは、服部です。Ameba Owndについて、色んな情報…

  6. Google ペナルティ

    SEO戦略

    Googleは全てのミラーサイトにペナルティを課すのか?

    こんにちは、服部です。以前からお伝えしていますが、Goog…

オンライン”コンサル”サロン

オンラインサロン

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. 土下座
  2. ブログ集客
  3. WEBマーケティング

最新記事

  1. アンチ・トレンド(逆張り)戦略の天国と地獄の分かれ目
  2. 人は「どっちでも良い」ことに迷い、悩み、結局そのままやらずに…
  3. Instagramの投稿をTwitterにシェアする時に画像…
  4. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダ…
  5. 二度と戻って来れなくなる前に

関連コンテンツ

服部の普段のアタマの中はこちら

  1. 宗教

    洗脳・マインドコントロール

    セミナービジネスは選民思想を植え付ける宗教テクニックが柱になっている
  2. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
  3. WEB集客

    なぜWordPressは記事を更新しないとGoogleからの評価が下がるのか?
  4. ネット

    SEO戦略

    プロブロガーやアフィリエイターのWEBマーケティング能力が圧倒的に高い5つの理由…
  5. ブルーオーシャン

    コンサルティング

    ブルーオーシャンではなく「グレーオーシャン」を推奨するトンデモなコンサルタントた…
PAGE TOP