アメブロ

アメブロ

アメブロ集客の裏側②:共感する(させる)方法を変える

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

アメブロにおけるペタや”いいね!”、読者登録などの機能は、要は「あなたに共感しましたよ」という合図です。

これをリアルの営業活動に例えると、商品を買ってもらうためや契約をしてもらうために、見込み客のところに顔を出して挨拶をするということです。

要するに、まずはひたすら相手の話を聞いて、相手の問題や悩みに強く共感を示してあげることで、

「●●さんなら、一回くらい買ってもあげてもいいかな

と思ってもらう基本的な手法です。

この場合、商品やサービスがそんなに優れてなくても、成り立つ場合が多いです。

じゃぁ、同じことがアメブロでもできるのかというと、それとこれとではまた話が変わってきます。

”いいね!”や読者登録で喜ぶのは情報弱者だけ

昔であれば”いいね!”や読者登録がつくことで、「共感してもらえている」と思えたのかもしれませんが、前回お伝えしたように、多くの人はウンザリしてるんです。

もちろん、ちゃんと興味を持って、”いいね!”や読者登録をしてくれてる人もいますよ。

ただ、大半が自分のためにやってるだけにすぎません。

その証拠に、届くメッセージやコメントも、「私のブログも見てください」「読者登録してください」といったマヌケなものばかりですよね。

で、こういった現状を知らない情報弱者や、アメブロ初心者はこんなことで一喜一憂してしまうんです。

また、その感覚に慣れてしまうと、わかっていても”ただ数字”で喜んでしまうわけです。

アメブロの中毒性ですね。

記事で共感してから⇒共感してもらう

ということで、アメブロの基本的な便利機能では、共感を示すことは難しくなってきてることがわかります。

なので、記事で共感してもらうことができなければ、生き残ってはいけないということです。

こっちが”いいね!”を押して共感を示してあげたから、相手も共感を示してくれるなんてことはないんです。

”いいね!”返しは共感してるフリでしかありませんので。

つまりこれからのブログ記事では、

・共感してあげる
・共感してもらう

という2つの要素が必須になってきます。

「●●って大変ですよね」「▲▲って困りますよね」と、まずは、読者の問題や悩みに共感する記事を書き、「■■という解決策があるんですがどうですか?」と、最終的に共感してもらう記事を書くということです。

初めて入った服屋さんでいきなり、「これいいでしょ!似合いますよ!どうですか!」って来られても共感できないですよね。

でも、

「そのクツ素敵ですね!どこで買ったんですか?もしそういうのが好きならこんなのありますよ!」

って言われてたらまた違ってきますよね。

リアルもインターネットも同じことで、そういった発信をしなければならないってことです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

アメブロアメブロ集客の裏側①:現代版アメブロで生き残るために前のページ

アメブロ集客の裏側③:読者登録をしないという方法次のページアメブロ

関連記事

  1. 女性起業家
  2. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側①:現代版アメブロで生き残るために

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロユーザーの…

  3. ゴミ記事

    WEB集客

    ブログのゴミ記事整理は「生け捕り方式」であらゆるリスクを回避しよう

    こんにちは。服部です。先日、オンラインサロンの方で質問があった…

  4. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客コンサルタントが伝染させているあの病気

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ややおどろおどろし…

  5. ステップメール

    WEB集客

    ステップメールの7通目:予告とオファー

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ステップメールの7…

  6. SXO

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. newspicks
  2. AI
  3. 収入
  4. ゆたぼん

最近の記事

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. SNSマーケティング

    キラキラ起業女子がTwitterを使わない3つの理由
  2. ミルフィーユマーケティング

    マーケティング

    美味しいビジネスをつくる『ミルフィーユマーケティング』の仕組み
  3. コンサルタント

    コンサルティング

    経営者はみんなコンサルタントであり、商売人はみんなマーケターである
  4. 教科書

    コンサルティング

    コンサルタントの教科書とコンサルタントの懺悔書
  5. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
PAGE TOP