アメブロ

アメブロ

アメブロ集客の裏側③:読者登録をしないという方法

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

Facebookの友達の数と同じような感覚で、アメブロの”いいね!”や読者数を増やす人が多いですが、相互登録を増やして言っても意味が無いです。

もちろん、相互登録からの繋がりがゼロとは言いませんが、あなたのブログを読んでない人をいくら集めたところで、あなたの見込み客には繋がらないということです。

”いいね!”や読者数を大量に集める方法は、いくらでもありますし、自動ツールを使えば簡単です。

読者登録は1日にMAX50人まで申請することができるので、毎日続ければ1ヶ月で1,500人に申請を出すことができます。

その内半分の人が”読者登録返し”をしてくれれば、早ければ2~3ヶ月で読者1,000人なんかすぐに達成です。

で、こういったツールを使えば、1日たったの数分の作業時間だけで済んでしまいますし。

アメーバキング

実績インフレに参加しますか?

ツールを使うことはまったく悪いことではなく、むしろ、効率化のためには欠かせないと思ってます。

ただ、数という実績を集めるだけのために使うのは、

情報弱者狙いのコンサルやコーチくらいです。

情報弱者は「この人読者1,000もいる!スゴイ!」って、簡単に尊敬してくれますからね。

ある程度の信用を集めるためには、多少の見せかけの数は必要なのかも知れませんが、せいぜい読者100人くらいにしておくべきだと思います。

読者登録をしないことで現状把握ができる

興味を持ったアメブロユーザーや、「この人をお客さんにしたいな」と思った場合は、

”いいね!”だけをつけるようにした方がいいです。

”いいね!”をつけて”いいね!”返しが来ただけでは、本当に興味を持ってくれてるのか、共感してるフリなのか、まったくわかりません。

しかし、こっちが読者登録してないにもかかわらず、進んで読者登録をしてくれるということは、少なくとも興味を持ってくれてる可能性が高い人です。

もちろん、読者を増やしたいがために、アプローチが来た人には読者登録をする人もいるので、一概には言えませんが、、、。

にしても、ただ単に”いいね!”返しをする人よりは、まだマシだということです。

ある程度まで読者数を増やしたら、この方法で、あなたのブログのリアルな評価が実際どうなのかを、恐れずに現実に目を向けてください。

無差別に属性の違うリストを集めるよりも、濃い見込み客(ブログの読者、ファン)を集める方が、最終的に圧倒的に楽にセールスできますから。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

アメブロアメブロ集客の裏側②:共感する(させる)方法を変える前のページ

アメブロ集客の裏側④:アメブロの商用利用禁止について次のページアメブロ

関連記事

  1. ステップメール

    WEB集客

    ステップメールの1通目:つかみと共感

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ステップメールの1…

  2. 紫舟

    コンサルティング

    Who are you?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕の専門はWEB集…

  3. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い Part.7

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロ集客やアメ…

  4. SXO
  5. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い Part.8

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロ集客やアメ…

  6. アメブロ

    お金で全てが手に入る

    お金は必要なものですが、かと言って大事なものではありません。「…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. コンサルタント
  2. マーケットイン プロダクトアウト
  3. コンプレックス・ビジネス

最近の記事

  1. 動画編集者
  2. ブラック企業
  3. メルマガ
  4. ブログ集客
  5. family

服部のアタマの中

  1. つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part7 ~お金~
  2. キングコング 西野亮廣

    コンサルティング

    あなたがいつまでたってもキングコング西野になれない最大の理由
  3. マーケティング

    マーケティング

    マーケティングがあらゆる人間関係を解決する理由
  4. 起業と撤退

    経営・ビジネス

    起業するときにセットで学んでおくべきポジティブな撤退戦略
  5. 商品価値

    マーケティング

    これからは「良い商品さえ作れば売れる」時代に突入する
PAGE TOP