アメブロ

アメブロ

アメブロ集客の裏側④:アメブロの商用利用禁止について

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

アメブロの商用利用禁止に関しては永遠の課題というか、いろんな人の憶測が飛び交ってるわけなんですよね。

しかしこれに関しての結論はたった一つだけで、GoogleのSEO対策についてあーだこーだと言うの同じで考えるだけムダだということです。

つまり、、、

消されるときは消される

ということです。

真っ当にブログを書いていても消されるときもあるし、悪質なブログを書いていても消されるとは限らないんです。

管理者に依存するということはそういうことなので、アメブロを使う限りはいつか消される覚悟でやるか、消されたら収入が断たれるという状況なのであれば、決してメインのWEBサイトとして使用しないことが賢明です。

商用利用禁止というのは、アメブロ上で商売するしないということではなく、商売につなげる行為自体が禁止ということなので、厳密に別サイトへの誘導やメルマガ登録を促すことも、許されていないということです。

厳密に言うとというか、利用規約にそう記されてます(笑)

なので、「純粋にブログで文字を書いて発信する」以外は、ほぼ利用規約に反するということです。

ということは、ほぼすべてのユーザーが削除対象なんです。

で、アメブロが削除するときに、いちいちNG色の強いブログから削除していくかというと、まぁそんなことはないですよね。

ランダムか手当たり次第です。

だって、リンクが貼ってあれば削除対象になるんですから。

こういった状況で何がOKで何がNGかを推測するのが、いかにムダなことかわかりますよね。

そもそも、ルールに反してビジネスをすること自体が、ビジネスパーソンとしてどうなのかと思いますが、、、。

ましてアメブロ上でセールスをすることを教えて、それで食べてるコンサルタントもありえないですよね。

商用利用するなら覚悟してやってもらうのは結構ですが、消されても文句は言えないということは理解しておきましょう。

ちなみに、バックアップとってれば大丈夫とかは一切なく、アカウントを削除されて新しいブログを立ち上げる時は、ドメインが変わるのでまたゼロからのスタートです。

新しいアメブロに一気にコピペしても、スパム扱いされるのでコツコツやり直すしかないんです。

つまり、また半年~1年かけて、ゼロからブログを育てていかなければならないってことです。

消されて、またアメブロをする人もいないと思いますが。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

アメブロアメブロ集客の裏側③:読者登録をしないという方法前のページ

アメブロ集客の裏側⑤:アメブロで儲かるほど窮地になる次のページアメブロ

関連記事

  1. アフィリエイト
  2. ブログネタ

    アメブロ

    ブログネタに困ったときに読むブログ【ハード編】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。毎日ブログを書いて…

  3. WEB集客

    ブログは言葉の力だけに頼りすぎたら逆効果になる

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。誰もが無料で簡単に…

  4. アメブロ集客

    アメブロ

    アメブロ集客の26個の間違い Part.7

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロ集客やアメ…

  5. アメブロ

    ブログをバックアップとってもムダな3つの理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロの削除のリ…

  6. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑪:アクセス数や成約率の前の大前提の話

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。読者1,000人に…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. アメリカンエクスプレス
  2. アフィリエイト
  3. コンサルタント

最近の記事

  1. ライフスタイル

服部のアタマの中

  1. コンサルタント

    つぶやき・仕事術

    災害時こそ「空・雨・傘」のコンサル思考を
  2. サイコパス

    洗脳・マインドコントロール

    高確率でサイコパスと情報弱者を巡り合わせるSNSワールド
  3. 洗脳・マインドコントロール

    起業コミュニティは風俗店である
  4. ブログ集客

    ブログ集客

    Googleよりもお客さんに愛される近未来型ブログ集客
  5. Twitter ブログ

    コピーライティング

    ブログやTwitterの語尾は「断定形」で書くべきか「余白形」で書くべきかの基本…
PAGE TOP