wordpress

SEO戦略

WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

ワードプレスの準備する上での最初のステップが今回お伝えするドメインの考案と取得です。

長期に渡って付き合っていく、あなたや会社の分身になるのがドメインなので、神経質になりすぎる必要はありませんが、そこそこ慎重には考えて決めるようにしてください。

1.ドメイン名の考案

『●●.co.jp』の”●●”の部分になります。

もちろん、自分の名前や自社の名前を入れるんですが、ハイフンなどを含むのと、含まないのとでも、メリットデメリットはあります。

たとえば、「shinya-hattori」か「shinyahattori」ということです。

ハイフンがあった方がわかりやすくなりますが、ハイフンあるなしで入力ミスも起こりやすくなります。

全体の名前が短かくてわかりやすい場合か逆に長くて、区切らないとわかりにくいかなどで判断するのがいいと思います。

あたりまえですが、名前や会社名に関係ない文字列や、複雑な文字列はやめたほうがいいですね。

最近増えてきたのですが、『コンサル.com』のような、日本語ドメインなどもあります。

見た目的にもかなりインパクトはありますし、一瞬でおぼえてもらいやすいです。

また、SEO対策的にも有利と言われています。

しかし、使えないサーバーがあったり、メールアドレスが意味不明な文字列になったり、海外向けサイトでは不向きだったりします。

それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、ドメイン名を決めてみてください。

2.ドメインの種類

ドメインの種類自体はかなりありますが、代表的なものは「.com」「.jp」「.co.jp」です。

「com.」は商業組織用に分類され、安価で誰にでも取得することができます。

「.jp」はその名のとおり、日本国内に住所がある、個人、団体、組織であれば取得できますが、価格は少しだけ上がります。

「.co.jp」は登記している法人だけが取得でき、価格は「.jp」とそんなに変わりません。

3.ドメインの取得

選ぶ業者によって多少の金額の差はありますが、年間契約で「.com」は数百円~数千円ほどで、「.jp」「.co.jp」は数千円~10,000円ほどが相場です。

ドメインの取得は”お名前.com”が一般的ですが、僕は、レンタルサーバーと同一管理にしたいためXSERVERでドメインも取得しています。

余談ですが、法人契約の場合、登記前でもドメインは押さえることができますが、実際に契約が完了して使用できるのは登記後です。

希望のドメインが使えるかどうかは調べてくださいね。

Xドメイン

では、次回はレンタルサーバーの契約と準備ついて、お伝えしていきます。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  2. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  3. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  4. ステップメールの7通目:予告とオファー
  5. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由

関連記事

  1. ネット
  2. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側②:共感する(させる)方法を変える

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロにおけるペ…

  3. ザッポス

    SEO戦略

    物販こそブログやポータルサイトが必須になる

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。今回の記事は、前回…

  4. WEBツール

    SEO戦略

    推奨ブログツールとその活用法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕自身が実際に使っ…

オンラインサロン

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. 恋愛
  2. twitter
  3. 島田紳助
  4. メルマガ

最新記事

  1. 年収800万円未満、フォロワー1000人未満は二流なのか?
  2. 良性ルーティンを台無しにする悪性ルーティン
  3. YouTubeは未来のお客さんに「視聴覚情報」という安心を提…
  4. これでライティングスキルがアップしなければブログはあきらめて…
  5. ブログを書くモチベーションが下がったときにやるべきこと

服部のアタマの中

  1. パワースポット

    つぶやき・仕事術

    起業家のための売上があがるパワースポットの巡り方
  2. time

    つぶやき・仕事術

    10,000時間よりも3,333時間
  3. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
  4. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
  5. 毒舌

    ブログ集客

    毒舌ブログを書くときに怒りの感情を込めてはいけない
PAGE TOP