baby

つぶやき・仕事術



子どもには20歳になるまでに親の年収は超えてもらう

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

20代はいろんな経験をし

30代で方向性を決め

40代で決めたことを実践し

50代で成し遂げる

 
みたいな話を昔聞いたことがあるんですが、日本の教育を見ていると、あながち間違いではなさそうだなと思います。

まぁ、僕は子どもにこんな時代遅れなことを教えるつもりはありませんが。

 
だって、経験とかチャレンジって歳を重ねて凝り固まらないように、歳をとればとるほどどんどんした方が良いですし、方向性なんかコロコロ変わって良いですし、時代の潮流によってやるべきことも変わるわけですから。

であれば、できるだけ早い段階でそういった変化に順応していけるようになった方が良いわけで。

 
ということで、僕の教育指針は

 
20歳になるまでに親の年収くらい超えろ

 
です。

お金ごときに人生を縛られないためにお金を稼ぐ

いろんなことを言い訳にして、チャレンジしない大人が大半です。

で、歳を取るごとにどんどん行動できないダサい人間になっていくのはのはお金(貯金、稼ぐ力)が無いからです。
 

あなたも、まだまだやりたいことや買いたいものいっぱいあるでしょう?

でもそれができないのはお金の不安があるからじゃないですか。

自分がやりたいことをやったり、買いたいものを買ったら生活がキツくなるとか、子どもにお金を回せなくなるとか、老後のお金がなくなるとか。

まぁ、世間体とかもあるかもしれないですが、それも結局、会社や仕事仲間、友達から嫌われて必要とされなくなったら、そこに居づらくなったり収入が途絶えてしまったりといったことを考えるからでしょう。

 
お金がないことで制約だらけの人生を送るってバカバカしいじゃないですか。

しかも、その「お金ごとき」を手に入れるために人生の時間のほとんどを費やさなければならないとか、何のために生まれてきて何のために生きているのかよくかわからなくなります。

 
僕は、子どもには「これをさせたい!」とか「こんな大人になってほしい!」とかはないけど、そんなバカバカ人生だけは送ってほしくない。

 
で、こういったお金の話をすると、

「コイツまたお金の話か」
「お金のことばっかり考えて」
「お金で何でもできると思っているのか」

みたいなことを言われたり思われたりするんですが、はっきり言って、お金のことばっかり考えてお金のために必死に働いているのはあなたの方です。

週5〜6日、1日8〜10時間とかをお金稼ぎに費やしているあなたに比べれば、お金への執着ははるかに弱いですよ。

僕の日常って、実際のところこんな感じですし。

好きな時に、好きな場所で、好きな人と、好きなことを、好きなだけしています。

20歳の時にはコンテンツホルダーになっている

バカバカしい人生を送らないためにも、食っていくために自力で稼ぐ術は20歳までには身につけて欲しいんですよね。

それがこれからの親の役目かなと思っています。

 
今や小学生でも稼げる時代ですからね。
 

別に友達と遊ばず、部活もせず、趣味も見つけずにビジネスをしろと言っているわけではなく、ビジネス感覚を身につけて欲しいという話で。

難しい話ではなく、小学生レベルがつくれる些細な価値であっても、それを必要としている人にちゃんと届けることができれば、いくらでもお金は稼げるということ、そして「価値を人に届ける術」も今の世の中いくらでもあるということを知ってほしいんです。
 

単純な話、10歳からブログを書き始め多としたら、20歳の時にはもう10年選手ですよ。

1ヶ月に10記事書いたとして、それを10年続ければ1200記事です。

1200記事も書いていて1記事も人に必要とされない情報、琴線に触れない記事なんてまずないですからね。

 
1200記事のうち、1記事でも誰かにとって必要な情報を届けることができれば、そのニーズをヒントに商品なんていくらでもつくれます。

夢があると思いませんか?

子どもにとっての本当の遺産

僕でさえ、自分でビジネスをはじめて十数年ですし、会社を立ち上げてからはまだ4年程度。

10歳からビジネス感覚を持って生きていけるなんてかなりのアドバンテージなので、僕の今の年収なんて余裕で超えてくれるでしょう。

子ども20歳になった時の僕の年収がいくらかはわかりませんが。

 
20歳になって自力で食っていく、要するに自由にマネタイズできるようになったんであれば、そこからはもう自由です。

とことん稼ぐことにこだわって、30歳までに一生分稼いで、リタイアして世界を旅するでも良いし、海外移住するでも良いし、社会貢献に生きるでも良いし。

仕事がめちゃくちゃ好きになって、「リタイヤなんかしてられねー」と、その業界を席巻する人物になってくれても良いし。
 

僕は遺産とか残すつもりもないですし、学資保険を払い込むとかもたぶんしません。

もちろん、「何かの時に出してあげられるお金」は用意しておくかもしれませんが、それもあくまで自分の資金や資産の中から出します。

 
1人で自由に稼いで生きていくためのマインドセットや行動の基盤をつくってあげることこそ、親が残せる最大の遺産だと思っているので。
 

とっさの時にお金を出したって使えば無くなって終わりですし、僕が生きていれば僕も稼ぎ続けるので都度お金をあげることはできますが、僕もいつかは死にますから。

 
で、財産を相続するにせよ、自力で稼いでいる人間に渡すのと、稼ぐ能力がない人間に渡すのとでは、その財産の有り難みや価値、使い道には雲泥の差ができますからね。

消費することしか知らない子どもか、投資することを知っている子どもかによってお金の性格は変わってくるということです。
 

いずれにせよ、ある程度自由にお金を生み出せる人間になれば、くだらない人生は送らないで済みます。

 
魚を釣ってあげるんではなく、魚の釣り方を教えてあげる。

これは子どもの教育に限らず、仕事での教育でも何でも基本になるわけですが、学校の先生は魚の釣り方(稼ぎ方)を知らないし、会社の上司も知らないわけですから、親が教えなければ誰が教えるんですかっていう話です。
 

親に教わってない人が、今さら勉強しようとして、いろんなセミナーや教材、コンサルに搾取されるわけで。

ただ、そこはもう教育の場ではなく、お金をもらう側とお金を払う側に別れているビジネスの場、社会構造ができている場なので、当たり前といえば当たり前なんですが。

 
子どもの未来、真剣に考えていますか?

そのためにあなたは、親は何かしていますか?

とりあえずお金を残してあげれば良いとか思っていませんか?

そんなはした金、消費することしか知らない子どもに渡したところで何の足しにもならないですよ。
 

子どもの将来のことをちゃんと真剣に考えたいならこの本がオススメです。

 
「子どもには、選択肢の無い不自由な人生は送ってほしくない。誰かに洗脳されてほしくない。そのためは親である自分が、ビジネスやマーケティングをしっかり学んで、お金くらい自由自在に稼げなきゃ!」

という人はいつでも力になりますよ。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
solo



ピックアップ記事

  1. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  2. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  3. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダーの推敲・校閲支援ツ…
  4. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  5. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み

関連記事

  1. 阪神大震災
  2. ジャンケン

    コンサルティング

    ジャンケンが強ければコンサルタントは成功する

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ジャンケンをして負…

  3. アメリカンエクスプレス
  4. 演繹法 帰納法

    マーケティング

    お金を稼いでいて幸せな人の2つのパターン

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。あなたの近くに「か…

  5. DESIRE

    マインドセット

    散らかった「欲望」を整理して夢への距離を縮める方法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。かしこまってビジネ…

  6. 貧乏

    マーケティング

    人間は貧乏から先に死んでいく【Part1】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。やや抽象的で過激な…

オンラインサロン

ソロマーケ部

無料メール講座

定期購読マガジン

note

よく読まれている記事

  1. サイコパス
  2. 批判
  3. 起業コンサル
  4. books

最新記事

  1. ブログの執筆スピードが遅いことはとてもスバラシイことです
  2. ブログやTwitterの語尾は「断定形」で書くべきか「余白形…
  3. 作品と言葉で戦うクリエイター&アーティスト向けWordPre…
  4. noteの返金機能が炙り出すフォロワーのリテラシー
  5. 有料noteを販売することのメリットとデメリット

服部のアタマの中

  1. 小林麻央

    政治・経済

    小林麻央さんが亡くなるのを首を長くして待っていた日本のメディア
  2. 女子高生

    WEB集客

    群れてビジネスをしている女性起業家は望まない妊娠をし続ける女子高生と同じ
  3. ブログ

    ブログ集客

    ビジネスやお客さんを舐めたブログには明るい未来など1mmも用意されていない
  4. USP

    マーケティング

    どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの…
  5. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
PAGE TOP