経営・ビジネス

腐ったミカン同士で弱者連合のコミュニティつくってどうすんの?

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

Facebook友達がシェアしていたのでちょっと読んでみたんですが、根本的な考え方がそもそも間違ってるなと。

 
仲間はずれやイジメが減って失われる命も減れば良いなというのは、言うまでもなく同感です。

ただ、しんどいからといってコミュニティから逃げ出せば良いのかというとそれはまた違いますし、逃げ出した連中が集まるのも違います。

もちろん、学校などのコミュニティとビジネスコミュニティでは少し違いますが、根本的な考え方は同じです。

成果を出さなければ弾かれて当然

まず、ビジネスコミュニティに関してですが、本来ビジネスコミュニティというのは、売上をあげてなんぼ、利益を出してなんぼです。

そしてその成功事例を共有して他の人も成果を上乗せさせることで、お互いに高め合うというのがセオリーです。

なので、成果を出せない人が仲間はずれにされようがガン無視されようが、それは当たり前のことなんですよ。

むしろ、「いいよいいよ、また来月がんばろうよ!」とか言ってる方がおかしいわけで。

ビジネスコミュニティで他人の役に立たたないし、成功事例を取り入れても成果を出せない人は、そもそもビジネスコミュニティで学ぶことに全く向いていないわけですから、空気を読んで自分から出ていくべきです。

で、学生のコミュニティの場合、そもそもいじめられるという役割でそのコミュニティに入ってしまったのであれば、それは空気を読めずにさっさと抜けるべきです。

が、皆が同じスタートラインでコミュニティに参加し、いつのまにかいじめられるようになったのであればそれはあくまで自己責任です。

安心を得るためや帰属意識を満たすために、依存することを目的にして自分の価値を示せていないからそうなるわけです。

コミュニティに入った以上、ある意味「運命共同体」になるわけなので、自分の能力で何かの役に立つ必要があるわけです。

まずその努力をせずに逃げるのは違います。

その場を逃げ切ったところで、社会に出て会社に入ったら同じ壁にぶつかるので。

今できることを全力でやらないといけません。

それがパシリであっても、「アイツに頼めば間違いない」と言わせればそのコミュニティに必要な存在になりますからね。

よほど劣悪なコミュニティでないかぎり。

さすがにそこまでしたくないというのであれば、そもそも「群れるな」という話です。

弱者連合では意味がない

コミュニティを弾かれた人間がまたコミュニティに入ろうとすること自体アホです。

どんな理由にしろ、コミュニティを弾かれた時点で、自分には集団行動は向いてないと理解して、自分のビジネスを自分の力で何とかするか、マンツーマンで指導を受けるかになるはずです。

にも関わらずまたコミュニティに入ろうとするのは、思考停止したアホでしかないわけです。

つまり弱者連合でしかないので、傷の舐め合いばかりしているだけで決して高め合うコミュニティにはなりません。

なぜなら、そこに集めっているのは、懲りずにコミュニティに依存しようとしている人か、人の役に立つことができない人だけなので。

腐ったミカンが集まったところで、人の役に立つ集まりにはならんのです。
 

決していじめっこやコミュニティのエライさんを擁護するつもりはありませんよ。

大人のコミュニティでもカスみたいな集まりは腐るほどありますからね。

しょうもないコミュニティはさっさと抜けましょう。

しかし、被害妄想にまみれて抜けたところで未来はありませんよ、ということです。

まぁ、真っ当なビジネスをしたいのであれば最初から群れないにこしたことはありませんが。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

地獄挫折からの復活ストーリーは使い方を間違えるとトコトン地獄に落ちる前のページ

ネイルアーティストHana4さんの天才的なInstagramの魅せ方次のページ

関連記事

  1. ジャンケン

    コンサルティング

    ジャンケンが強ければコンサルタントは成功する

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ジャンケンをして負…

  2. 絶歌

    マインドセット

    酒鬼薔薇事件”元少年A”の『絶歌』と詐欺ビジネスの密接な関係

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。今さらながら、とい…

  3. USJ

    マーケティング

    マーケティングの基礎を学びたい人が最初に読むべきUSJの本

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。マーケティングって…

  4. ウソはバレる
  5. 情弱

    経営・ビジネス

    情弱(情報弱者)向けビジネスの定義

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。情弱向けのビジネス…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. 脱社畜サロン
  2. プロフィール
  3. Twitter
  4. Twitter ブログ

最近の記事

  1. ブラック企業
  2. メルマガ
  3. ブログ集客
  4. family
  5. 動画編集

服部のアタマの中

  1. マーケティング

    「フォロワー数に応じて割引」を打ち出しているお店は「私のお店にはウリがない」アピ…
  2. インフルエンサー

    マーケティング

    稼ぎたいならインフルエンサーのフォローを全部外せ
  3. Twitter

    SNSマーケティング

    Twitterのフォロワーは人間だということをお忘れなく
  4. マーケットイン プロダクトアウト

    マーケティング

    個人ビジネスで稼ぎ続けるコツは「マーケットインとプロダクトアウトの間」
  5. メルマガ

    WEB集客

    ブログよりもYouTubeよりもTwitterよりもメルマガ
PAGE TOP