洗脳・マインドコントロール

「エリート本」と「落ちこぼれ本」と「カイジ」どれを読むべきか?

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

ビジネス書や仕事術系自己啓発系の本は、エリート本と落ちこぼれ本に分かれてることが多く、買う人はけっこうどっちかに偏ってたりします。

エリート本というのは何かと言うと、エリートビジネスマンの仕事術やノウハウです。

・なぜ●●な人は仕事ができるのか
・トップ●%だけがやっている…
・稼ぐ人は必ずやっている●●仕事術

といったタイトルをよく目にしませんか?

さらに言うと、マッキンゼー、ハーバード流、ゴールドマンサックスといった名前が入ってたり。

日本で言うと、トヨタ流とか、ユニクロ流とかです。

バリバリ仕事をしてガンガン成果を出す人は、自分をどんな環境下に置いているかとか、ノートの書き方、メールの返し方まで書いてます。

これ系の本は組織に属してる人と独立してる人では、読み方、使い方はけっこう変わってきますが、ピンポイントでインプットした方がいいです。

エリート本は「よし読むぞっ!」と決めて、最初から最後までじっくり読むものでもありません。

自分の中でうまく効率化できてないことや、問題点にリンクした項目をピックアップして、そこだけを取り入れるという読み方がベターです。

もちろん、全体を通して読んでみて、新たに見えてくるものもあるとは思いますけどね。

注意が必要なのはおちこぼれ本です

地獄から這い上がった系や、成りあがり系の本です。

・●●でも年収1億円
・主婦でも●●できた
・なぜ●●でも成功できたか?

とかですね。

これもパターンがあって、いたってシンプルな、お決まりのストーリーです。

STORY①:自分はこんなダメ人間だった

営業成績が悪かった、会社をクビになった、何度か事業を失敗した、大借金を抱えてしまった、家族からも見放されていた、本気で自殺を考えた、バイトを何十個も掛け持ちしていた、などなど。

どれかは一度は聞いたことありますよね(笑)?

こういう人たちは、不幸ストーリーがお金になるとわかってるので、全部がウソじゃないにしろ、だいぶ話を盛ってます。

STORY②:ハンパない努力をした

血尿が出たとか、ほとんど寝てなかったとか、毎日●●をしたとか、なかなか成果が出なかったとか。

もちろん、ここのストーリーも盛ってます。

そして、だいたい決まって、常人ではまず乗り越えるのが不可能な高い壁を、わりと短期間で乗り越えてたりします(笑)

STORY③:その結果これだけ成功した

一文無しから年収●千万になったとか、パソコン1台で好きな時に仕事をしてるとか、こんな有名人と仕事をしてるとか。

どん底時代からのギャップを大げさに見せて、カリスマや憧れの存在に見てもらうようにします。

STORY④:だからあなたにもできる

どう考えても著者とは違う境遇なのに、この時点ではマインドコントロール下にあるので、夢と希望を与えられればテンションが上がります。

で、こういう本を読んだあとどうなるか、、、

読み終わった直後は、やたらとテンションが上がって、「よしやるぞっ!」と行動を起こすんですが、だいたいSTORY②でアッサリと挫折してしまいます(笑)

先程も少しお伝えしましたが、②の”努力”が、どう考えても人間の気力や体力を超越してたり、ありえないくらい強運の持ち主だったりします。

その結果、この方法は間違っていたとか、この著者とはポテンシャルが違うと諦めるんです。

当然この状態では③、④には到達なんかできません。

普段から僕のコンテンツをご覧いただいてる人は、もしかするとピンときてるかもしれませんが、マインドコントロールによる宗教の勧誘パターンと何ら変わりません。

ただ、人はヒーローストーリーが好きなので、この手のパターンに引き込まれますし、何度も同じような本を買ってしまうんですよね。

よくあるセールスレターとか、ブログのプロフィールとか全部同じパターンです。

効果があるので、みんなこぞってやるんですが、ボロが出ないように、盛り過ぎには注意が必要です。

もうかなり飽きられてきてますし、ホンモノにはすぐに見抜かれてしまいますよ。

少し話がずれてしまいましたが、おちこぼれ本を買う際はしっかり見極めて、その本から何を得るのかを明確にしてみてください。

ビジネス本というのは基本的には、アウトプットするためのインプット法の一つなので、インプットする前に目的を決めておきます。

そうすれば、本選びで大きな失敗しなくなります。

参考までに。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  2. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダーの推敲・校閲支援ツ…
  3. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  4. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  5. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み

関連記事

  1. ピカソ

    経営・ビジネス

    ピカソの『40年と30秒』から考えるWEBデザイナーの将来

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。デザイナーさんがコ…

  2. カリスマ
  3. インフルエンサー
  4. コンテンツ
  5. インフルエンサー
  6. サイコパス

    政治・経済

    金正男の暗殺を助長したのは五味洋治のサイコパス性だった

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。政治ネタあまり書か…

オンラインサロン

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. books
  2. マインドコントロール
  3. コンサルタント
  4. 就職活動

最新記事

  1. YouTubeは未来のお客さんに「視聴覚情報」という安心を提…
  2. これでライティングスキルがアップしなければブログはあきらめて…
  3. ブログを書くモチベーションが下がったときにやるべきこと
  4. 【ブログ4.0】消費されないための“隠れ家”式ブログ(情報発…
  5. 弱者の「アップデート式」ブログ生存戦略

服部のアタマの中

  1. コンサル

    WEB集客

    情報商材とオンラインサロンとコンサルの違い
  2. 週刊文春

    政治・経済

    そしてこれからも「文春砲(週刊文春)×LINE」という捏造されたニーズに自分の人…
  3. USP

    集客・マーケティング

    どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの…
  4. ブログ

    ブログ集客

    弱者の「アップデート式」ブログ生存戦略
  5. ツイ廃

    SNSマーケティング

    優秀なツイ廃になる方法
PAGE TOP