コンサルタント

コンサルティング




一匹狼のエゴコンサルタントはこれから必要とされなくなる

こんにちは、服部です。

学べば学ぶほど何も知らないということが分かるようになる。何も知らないと分かるようになるほどもっと学びたくなる。

 
かつてアインシュタインがそう言ったように、ずっとコンサルを続けていると、自分ができることなんてたかが知れていると思うようになります。

そう思うようになってから僕は優秀なビジネスパートナーと手を組んでクライアントのサポートをするようにしています。

 
しかも、これからの時代、経営やデザイン、コンセプトに一貫性がなければお客さんは違和感を感じて離れていくのでビジネスを継続することは難しくなります。

お客さんはあらゆる情報にリーチできるので。

なので、クライアントにとってもチームでのサポートはベストなんですよね。
 

ほら、よく見かけませんか?

ブランドやマーケティング施策は立派なのにHPがめちゃくちゃダサいとか、逆に、HPは立派だけどただのお飾りだったり、現場の接客や販売レベルがショボすぎるとか。
 

それって、いろんな業者にバラバラに依頼して寄せ集めマーケティングになっているか、能力が低いコンサルタントに一括依頼しているか、社内の素人に任せているかなんですね。

いずれにしてもかなり酷い経営状態です。
 

特にアパレルの分野では、センスや現場での販売スキルが重要なので経営やデザイン、コンセプトの一貫性の無さはかなり顕著に表れてしまいます。
 
そういった深刻な背景もあってアパレル業界のマーケティングに特化して新しい会社を立ち上げわけなんですが。

コンサルタントのエゴは不要

コンサルタントにとって自身の経験やスキルを上げていくことは必要なことではあるんですが、そこにクライアントが見えていないのであればそれはエゴでしかありません。

経営の問題を抱えているクライアントにコンサルタント自身が成長したいがためにチャレンジするというのはおかしいわけです。

チャレンジは自分自身のビジネスでやって成果実証済みのノウハウを提供するというのがコンサルタントの仕事なので。
 

もちろん、

「この方法もチャレンジしてみますか?」

とクライアントに打診することはありますが、それは別の方法で成果が出た上でですからね。
 

例えば、現状のコンサルチームでいうと、WEB制作や運営管理、デザインに関しては、何社(何人)かに力を貸してもらっていますが今では彼女に依頼することが多いです。

 
彼女には新会社のHP制作も任せています。

 
で、新会社での、販売や人材マネジメント、現場レベルのマーケティング指導に関しては、ほとんどを彼に任せています。

 
僕自身もWEB制作もしますし現場の販売マネジメントなどもしますが、僕より優れた人間がいるのであれば、僕が全てをやる必要はないということです。

僕はWEBマーケティングと経営戦略においてより確実性の高い方法を提供できるようブラッシュアップをしていけば良いわけです。
 

コンサルティングの目的は、クライアントに対して僕ががんばっていることを見せることではなくより良い成果を提供することなので。
 

あるカテゴリーや専門分野に関して他に優れた人を知っているけど、とりあえず自分で全部こなすということは自己成長にはつながるかも知れませんが、クライアントにとってベストではありませんよね。

前述したように、それは、コンサルタントのただのエゴ、自己満足です。

成果の質にこだわらないダメコンサルタント

とはいえ、弱者連合になってはいけないので、僕自身、コンサルタントとしてより良いパートナーは探し続けますし、成長しないパートナーはいつでも切ります。

あくまでクライアントの成果が目的であって仲良しチームの運営ではないので。

そこに情は混同させてはいけないんですね。
 

そのためにオンラインサロン も運営して、優秀なパートナーと出逢う機会も増やしています。

それによって、


「これに関してはこの人に依頼しよう」

と考えているストック(言い方は悪いですが)はかなり持っています。

 
なので、最近思うのが、一人で黙々とやっているコンサルタントは、

「大事なクライアントにベストな成果を提供するつもりがないの?」

ということなんですね。

成果の質と幅にはこだわらないのかな?と。

 
もちろん、一人で全部こなすことによってコンサルタント自身が確保できる利益額は断然多くなるというメリットがあります。

ただ、コンサルティングの限界値は低いのでより多くの人に、より良い成果を提供するという目的においては真逆のアクションです。

一貫性がないマーケティングは意味が無い

もしコンサルタントを依頼するつもりであれば、まずはやりたいことを全部伝えてください。

・アクセスを集めたい
・集客を仕組み化したい
・単価を上げたい
・マネタイズ方法を増やしたい
・イケてるHPを作りたい
・アフィリエイトに取り組みたい
・オンラインサロンを運営したい
・ノウハウを売りたい
・コンサルビジネスもしたい

などなど、可能な限り伝えた上で、コンサルタントの反応をしっかりと見ましょう。

「大丈夫です!全部できます!」

ときたら、それは完全にアウトだと思ってください。

これら全てをハイクオリティで提供できるスーパーマンはいません。

 
ちゃんと1つずつ、

「これに関しては私ができます」
「これに関してはパートナーとやります」
「これに関しては力になりません」

と、パートナーの人間性や実績を伝えてくれて見積やプロセスを見せてくれるのがまともなコンサルタントだと思ってください。

 
いずれにしても、集客やマネタイズに大きく関わる重要な部分、

・リサーチ
・アクセスアップ
・WEBデザイン
・WEB制作
・HP(ブログ)運営管理
・SEO対策
・SNS施策
・ライティング
・広告施策
・コンセプトメイク
・商品企画

などは、バラバラに依頼しないようにしましょう。

これらに一貫性がなければマーケティングは上手く機能しなくなるので、これらをチームでサポートしてくれるコンサルチームに依頼するようにしてください。

 
PS

今回はコンサルチームの話でしたが、コンサルに依頼しないとしても同じですよ。

経営者や個人事業主も優秀なビジネスパートナーがいないとどんどんライバルに突き放されていきます。

なぜなら、他の会社や起業家は苦手な部分は優秀なパートナーたちに任せて自分自身はやるべきことだけに集中してどんどん成長していっているわけですから。

 
自己成長=盲目にがんばる、ではないんです。

時間や労力に余裕を持ってこそ自分が本当にやるべきことに気づくことができ、チャレンジすることができるんです。

パートナーが必要な方はいつでもオンラインコンサルサロンへどうぞ!



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  2. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  3. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  4. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダーの推敲・校閲支援ツ…
  5. ステップメールの2通目:共通の敵の設定

関連記事

  1. マーケティング
  2. マインドセット

    人の死さえもコミュニティ化される

    こんにちは、服部です。みんながやっていることや、みんながや…

  3. コンサルティング

    成果を出せるコンサルタントの5つの『型』

    こんにちは、服部です。前回の話と矛盾するようですが、これも事実…

  4. アフィリエイト
  5. 評価経済社会
  6. 介護

    コンサルティング

    介護業界の闇

    こんにちは、服部です。以前にこういう記事を書きました。…

オンライン”コンサル”サロン

オンラインサロン

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. 中野信子
  2. google

最新記事

  1. アンチ・トレンド(逆張り)戦略の天国と地獄の分かれ目
  2. 人は「どっちでも良い」ことに迷い、悩み、結局そのままやらずに…
  3. Instagramの投稿をTwitterにシェアする時に画像…
  4. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダ…
  5. 二度と戻って来れなくなる前に

関連コンテンツ

服部の普段のアタマの中はこちら

  1. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part5 ~洗脳 /マインドコントロール~
  2. 沖縄 貧困

    経営・ビジネス

    キングコング西野亮廣の「えんとつ町のプペル」は沖縄の貧困問題を解決するヒントとな…
  3. サイコパス

    政治・経済

    金正男の暗殺を助長したのは五味洋治のサイコパス性だった
  4. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Pant1 ~コンサル系~
  5. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
PAGE TOP