note

コンサルティング




noteの購入者は価格に見合う価値を手に入れているのか?

こんにちは、服部です。

noteに関しては、どうしてもこういう意見が出てくるのはわかるんですが、僕の見解としてはnoteはかなり有用ですし、賞味期限ももうちょっとあるかなという感じです。

 
その理由に関しては以前の記事でもガッツリ述べた通りで。

ナンセンスな比較

で、noteの話になると必ずと言って良いほど比較されるのが「書籍」なわけですね。

しかも、「noteは高い!note買うくらいなら本を買う!」みたいな感じで、情報コンテンツなのにコンテンツ(中身)関係なく価格で比較しちゃうわけです。
 

が、そもそも一般的なビジネス書って8割9割が蛇足で、要点だけに絞ると実際は1ページどころか数行で終わるようなものばかりじゃないですか。

書店で1500円で販売するためにあの分厚さ(ページ数)が必要なだけで。

それこそ、自己啓発本なんて「常識を疑え」「行動しろ」「好きなことをしろ」とか一言で終わるようなものばかりです。
 

なので、濃縮された要点だけが欲しいのであれば、1500円の本を買ってムダなページをダラダラと読まされるより、3分で読める程度に要点がまとめられた500円のnoteを買って読む方が断然効率が良いんですよ。

だって、ビジネス系の本なんて行動するために買うわけでしょ。
 

そういうことなので、彼も言っている通り、note(情報コンテンツ)と書籍と比較すること自体がそもそもナンセンスなんですよね。

noteにこだわる必要はない

コンテンツがコンサルの代替という部分に関しての僕の考え方として、

・コンサルの際によくされる質問
・コンサルの際に毎回説明していること
・成果実証済み(再現性の高い)のノウハウ

などは、パッケージングしてコンテンツとしてさっさと売ってしまいましょう、ということは常々言っているわけでして。

コンテンツでノウハウを提供し、コンサルでサポートするということですね。

その方が、もっとレベルの高いことに頭も時間も使えるので、自分にとってもお客さんにとっても良いことしかありません。
 

まぁ、noteの手数料や自由度などを考えると、慣れてきたらメルマガなどでPayPal決済にして独自でコンテンツを売った方が利益率は高くなるので、必ずしもnoteにこだわる必要はないですけどね。

ただ、noteは集客からサスティナブルなマネタイズまでのプラットフォームが整備されているので、コンテンツ販売に慣れる上ではnoteは最適だと思います。

下記のようにスクリーニング的な使い方もできますしね。

コンサルティング・コンテンツ

というように、noteをコンサルの代替として販売していて、購入者もそのことを理解していれば良いんですが、如何せんnoteの販売者と購入者の関係というのは二極化していまして。

 
コンサルタントなどの販売者が、経験から得たノウハウを提供している場合、そこにイヤでも独自の価値観や切り口が含まれてくるので、情報としての価値は高くなります。

インフォメーションではなくインテリジェンスになりますからね。

まさに「コンテンツ化されたコンサル」なので、高価格で販売することも購入することもお互いの利害関係が合致して入れば何も問題ないかなと。
 

これが書籍だと、パッケージングされるまでに時間がかかりすぎるので、情報やノウハウの鮮度は落ちますし、そもそも書籍には書きたくても書けないことがあるので、noteを含むコンテンツの瞬発力や鮮度には敵いません。

なので、“コンサルティング・コンテンツ”という形であれば、次元の高い需要と供給が成り立ちます。

これがコンテンツの販売者と購入者の理想の関係性ですよね。

ビジネスではアウトですが

一方、インテリジェンスではなく、一般化されているインフォメーションをわざわざnoteに書いて高値で販売する販売者もいますし、購入者側にも情報を精査しないどころか「この人にお金を払いたい」と言ってコンテンツを買う人もいるわけで。

まぁ、「情報が精査できない」「他の情報に触れていないから比較できない」と言った方が正しいかもしれませんが、こうなるとコンテンツの購入は、完全に「教祖へのお布施」と化します。

ただ、販売者のコンテンツに少しでもインテリジェンスが含まれるのであれば、この関係性が一概に「悪」とも言えません。
 

要は「宗教」なので、教祖がnoteに俳句を一句書いて「はい、これ1万円です」と言って売って、購入する人が「この一句に癒されて幸せになれるんだよね」と言ってそれで良いなら需要と供給は成り立つわけです。

なので、ガッツリ洗脳されて購入者の財政が破綻しないのであればそれはそれで良いのかなと。

もちろん、ビジネスの関係性においてはいずれにしてもアウトである可能性は否めませんが。

購入の目的を把握しておく

重要なのは、購入者は、販売者がどういう意図で売っているのかは、冷静に吟味しておかなければならないということですね。

・コンサルの廉価版の提供が目的
・信者からのお布施集めが目的

のどちらなのか。

 
また、同時に自分自身は何を目的として購入しているのかという部分も理解しておかなければなりません。

・問題解決のショートカットが目的
・販売者を応援することが目的

のどちらなのかということですね。

これが自分自身でちゃんと理解できている状態あれば、たとえ教祖にお布施を払っていても誰にも責められる筋合いはありませんから。
 

ただ、こういったことを考えたときに、「あれ?自分はなぜこの人のコンテンツを買ったんだろう?」となってしまっている人は、自分の購買行動をコントロールできなくなっている状態なので、一度冷静になった方が良いでしょう。

販売者のマインドコントロール下にある可能性が高いので。
 

マーケティング的に言うと、人はnoteを買っているのではなく、noteを買うことで得られるであろう変化や成果を期待して買っているわけなので、

・情報ヒエラルキーの上位に立って尊敬されたい
・noteで得たノウハウを使ってお金を稼ぎたい
・販売者に気に入られて影響力の恩恵を受けたい

などなど、「自分は何のためのこの人のnoteを購入しているのか?」を自分自身に問いかけてみることで、下記のように大事なことに気づけるかもしれませませんよ。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  2. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  3. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー

関連記事

  1. キングコング 西野亮廣

    コンサルティング

    あなたがいつまでたってもキングコング西野になれない最大の理由

    こんにちは、服部です。話題のビジネス書『魔法のコンパス』が好評…

  2. ポジショニング

    SNSマーケティング

    炎上によって強化された第3のポジショニング

    こんにちは、服部です。先日、ある『ソロ・マーケティング部』とい…

  3. コンサルティング

    コンサルティング化が早急に必要な業界①

    こんにちは、服部です。実に多くの人が”手に職”をつけるために資…

  4. コンサル

    WEB集客

    情報商材とオンラインサロンとコンサルの違い

    こんにちは、服部です。情報商材もオンラインサロンもコンサルも、…

  5. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part4】

    こんにちは、服部です。項目の詳細の後半に入っていきます。…

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. コンサルタント
  2. ブログアイキャッチ
  3. note
  4. Twitter

最新記事

  1. 親が子どものマーケティングを失敗するとどうなるのか?
  2. 起業コンサル舐めてない?
  3. 優秀なツイ廃になる方法
  4. 自己都合の専門家には仕事の依頼がなくなります
  5. Twitterは右脳活性化ツール、ブログは左脳活性化ツール

服部のアタマの中

  1. インフルエンサー

    経営・ビジネス

    ブロガーや起業家が大好きな「信用をお金に換える」という概念は、まもなく時代錯誤に…
  2. baby

    ブログ集客

    つくってはいけない命、生まれてはいけない命なんかあるんですかね?
  3. friend

    WEB集客

    Facebookでわかる今まで3年間と向こう3年間のあなたの価値観
  4. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
  5. タモリ

    WEB集客

    タモリさんの「戦争が無くならない理由」に鳥肌が止まらない
PAGE TOP