オバマ

政治・経済




オバマ大統領の広島訪問から見る情報発信の本質

こんにちは、服部です。

先日、オバマ大統領が広島を訪問しましたが、
それに対して、いろんな情報や意見、
憶測が、いまだにあちこちで飛び交っています。

「所詮、政治的パフォーマンスだろう」


「平和記念資料館を10分で出てくるとかありえない」

といった否定的な意見から、

「オバマさんは今までの歴代の大統領が
 誰もやっていないことやってくれた」

「たとえパフォーマンスだったとしても
 広島の被爆者の人の心は救われた」

といった肯定的な意見まで実にさまざまです。
 

まぁ、現場に行かずにあれこれと言ったところで
説得力がないと思ったので
オバマ大統領が広島を訪れた直後
僕も広島に行っていろいろと確かめてきました。

簡単にできることではない

で、正直言って、たった10分という時間では、
平和記念資料館をただ通過しただけという見方は
やはり否めません。

が、これに関しても、

「本来訪れる予定がなかったのに
 オバマさんが切望して無理やりねじ込んだ」

「短い時間でも情報を入れられるように
 館側が資料をまとめてくれていた」

「広島の人はパフォーマンスとわかっている
 だけど、それでも意味のあること」

といった情報もあるみたいなので
実際のところ、真実はどうなのかわかりません。
 

ただ、僕自身が現場に行って感じたこととしては、
オバマ大統領の立場に立った時
「めちゃくちゃアウェイやな」ということです。

30万人弱の尊い命を奪った国のトップの人間が、
その現場に行くというのは
たとえパフォーマンスであったとしても、
それはめちゃくちゃ勇気がいることですよね。

そんな特殊な重たい空気がある場所だったので。
 

オバマ大統領がどんな気持ちで広島にやって来て、
現場でどんなことを感じたのかは
やはり本人しか知る由がありません。

特にオバマ大統領のスピーチ力は強力なので、
パフォーマンスのためだと思われてもしょうがないです。

政治的な汚い戦略もあるかもしれないでしょうし、
僕らやメディアが知る由も無いような秘密の裏側も
きっとあるでしょう。
 
ですが、今後、アメリカ大統領が
「広島を訪問しやすくなった」というメリットも
少なからずあるのではないのでしょうか。

純粋に、大きな大きな1歩じゃないですかね。

情報は受け取る側が決める

結局のところ情報というのは、
受け取る側がフィルターをかけているだけです。

同じものを見て、同じことを聞いても
受け取る人によって全く変わってしまいます。

その人の人生、経験、価値観、固定観念によって
あるいは、その情報を見る目線や角度によって
全く違うものになります。
 

さらに言うと、我々が受け取る情報というのは、
自分自身でフィルターをかける前に
すでにフィルターにかけられているものです。

主観を持った、偏ったメディアによって。
 

真実の情報を手に入れられる人というのは、

現場に行き

現物に触れて

現実を知る

という、”三現主義”を実践した人だけです。
 

ですが、それでも見えないものだらけです。

広島にも、原爆で直接被害を受けた人もいれば、
二次的な被害を受けた人もいて、
広島で何不自由なく生きている世代や人もいて、
みんなそれぞれ受け取り方は違います。

アメリカを憎んでいる人もいれば、
憎むとか赦すとかという次元は超越していて、
これから世界がより良い未来に向かうためには
どうすればいいか、と考えている人もいます。
 

前者の人は批判することしかしないでしょうし、
後者の人はオバマ大統領に、
「来てくれてありがとう」と思っているでしょう。

71年が経って、はじめてのことなわけですから。

最終的に、人は”情報を心で視る”のです。

あなたの宿命は

ブログでめちゃめちゃ良いことを書いている人が
全て自分を”良い人コーティング”するためで
実はめちゃくちゃ悪人かもしれません。

逆に、毒舌で辛辣な記事を書いていても、
実は情に厚い思いやりのある人かもしれません。

真実は本人しかわかりません。

あるいは、長い付き合いの中で
あなた自身の目で確認していくしかないのです。
 

テレビやネットでの情報収集が当たり前の時代ですが、
そこには、真実はほとんど存在していません。

あなたが携わっているビジネスもそうですよね?

本当に知らなければならない真実が隠され、
本当に伝えなければならない真実は抑制され、
その真実を知らない人たちが苦しんでいるハズです。
 

あなたが「真実を伝える側」で生きていきたいなら、
現場に行き、人に会い、人に触れ、歴史に触れ、
フィルターにかかっていない情報を
手にいれるお金や労力を惜しまないでください。

それをやり続けることは、
情報発信者、コンテンツメイカーとして、
あるいは、指導者として、専門家としての宿命です。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  2. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  3. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
  4. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  5. ステップメールの7通目:予告とオファー

関連記事

  1. メタリカ

    政治・経済

    【やりすぎマーケティング Part1】メタリカ、刑務所でのPV撮影

    こんにちは、服部です。前回、矢沢永吉さんのCMの話をしましたが…

  2. 苦行

    政治・経済

    ムダな忍耐の弊害

    こんにちは、服部です。この記事はある方のブログ記事にインスパイ…

  3. マーケティング
  4. コンサルティング

    コンサルティング化が早急に必要な業界②

    前回に引き続いてパート②です。パート①はこちらです…

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

オンラインサロン

定期購読マガジン

note

よく読まれている記事

  1. インフルエンサー
  2. サイコパス
  3. インフルエンサー
  4. AI

最新記事

  1. アパレルマーケティングのスタートは特濃リサーチから
  2. ブログにはノウハウ記事とオピニオン記事の2つが必ず必要な論理…
  3. シンプル&オシャレでコンテンツの価値の高めるWor…
  4. 記事がコピーされたら報告してくれるプラグイン「Check C…
  5. 情報発信者は「最新の記事」が「最高の記事」であるべきだ

服部の普段のアタマの中

  1. WELQ

    経営・ビジネス

    DeNAのWELQ騒動から学ぶべきマイビジネスの”Xデー”対策
  2. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
  3. SNSマーケティング

    ブログトゼンブ
  4. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
  5. ブログ

    SEO戦略

    ブログにはノウハウ記事とオピニオン記事の2つが必ず必要な論理的理由
PAGE TOP