ザッポス

SEO戦略

物販こそブログやポータルサイトが必須になる

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

今回の記事は、前回の記事との関連性が強いのです。

まだ読んでない人は、ぜひ読んでください。

 
僕のようにコンサルティングビジネスをしてる人は、商品や売っているものが情報やノウハウになるので、お客さんに提供するものは、ほぼ付加価値になります。

なので、情報を発信することによって価値を伝えたり提供したノウハウを実践してもらうことによって、何かしらの『変化』をしてもらう必要があります。

あるいは、”僕自身の価値観に強く共感してもらう”

というアクションによって、ビジネスに繋がります。

そういった背景もあるので、ブログやメルマガなどで情報発信を継続していくこと絶対には欠かせませんし、それらを蓄積することがSEO対策にもなるわけです。

では、有形の商品を販売している人たちにとって、ブログやメルマガをすることが重要でないかというとまったくそんなことはなく、むしろ必須になります。

この重要性に気づいていない人はかなり多いです。

また、ブログをしてるけど、”何の為にしているのか”を理解せずに続けているがほとんどだったりします。

今回は、その重要性と根拠についてお伝えします。

HPでコンテンツを充実をさせるのは難しい

これはどういうことかというと、例えばですが、アパレルブランドのHPを想像してみてください。

あなたがアパレルブランドのHPを訪れるときは、どのような目的訪れるでしょうか?

おそらく、商品の画像を見たい、価格が知りたい、素材を知りたい、といった目的のときですよね?

つまり、ブランドの背景やこだわり、社長の思いなど、あまり直接的に購入に関係のない情報を知るためにHPを訪れる人は、ほとんどいないということです。

しかも、仮にそういった人がたくさんいたとしても、アパレルブランドとして、HPで何かしらの情報を毎日発信し続けるというのはかなり難しいことです。

SEOの最重要ポイントはコンテンツ(情報)の充実なわけですから、これはかなり致命的なことです。

そうなると、情報量の少ないHPを使い続けても、長期的に安定したアクセスを集めるということができないということです。

じゃぁ、何が必要なのかというと、

『情報を発信し続けられるWEBサイト』

が必要になります。

これが、ポータルサイトブログになるわけです。

つまり、”Googleに評価される為のコンテンツ”を蓄積していくサイトを構築するということです。

WEBサイトが機能するとどうなるのか?

WEBサイトが機能し始めるとどうなるかというと、あなたが設定しているキーワードや目的別などで、アクセスを集めることができるようになります。

そこから、あなたが飛ばしたいWEBサイトなどに自由に誘導ができるようになります。

ということは、新しいブランドや商品・サービスを知ってもらうたびに、大々的なプロモーションをする必要がなくなるということです。

アクセスが安定しているWEBサイトさえあれば、そのページで紹介して、その商品の販売ページに誘導をすればいいだけですから。

メルマガを配信していれば、さらに確実性の高いお客さんアプローチ、プロモーションができます。

もちろん、プラットホームのWEBサイトにおいてHPのように、ターゲットを限定し過ぎていると、こういったこともできなくなりますが、、、。

だからこそ、HPとは別のサイトが必要なんです。

将来的に1つのWEBサイトだけで運営するには?

以前にAppleのWEBサイトを紹介しましたが、見たことがない人は、ぜひ一度見てみてください。

画像、動画、情報、価格、購入、サポートetc…

あらゆることが1つのWEBサイトでわかります。

こういうことができるのは、ブランディングが確立されているからです。

もちろんAppleのレベルにまでブランディングやWEBサイトのクオリティを上げるのは不可能です。

が、ブランディングができると、あらゆる情報をまとめることができるようになります。

誤解してはいけないのは、ブランディングは、マーケティングの副産物であるということです。

ほとんどの人は。ウリや強みなどを見つけて、ブランディングをしてから、マーケティングをしようとしますが、実はその順番は逆なんです。

いろんな媒体で情報発信をし、お客さんの反応を集めることでブランディングができていきます。

アメブロなどの無料ブログはなぜNGか?

これはずっと言ってますが、とても単純な話で、”他人の軒下でのビジネス”になるからです。

アクセスなどのSEOはもちろんのことですが、そのブログが存在するかどうかに関しても、すべて他人に任せている状態になるからです。

明日、全ての記事が削除されるというリスクが常についてまわります。

アメブロに関しては、昔から”商用目的での利用”が禁止されてます。

しかし、多くの人は気にせず記事内でガンガンセールスをかけています。

これは”ある理由”によって、助かっているからです。というよりかは、アメブロが黙認してるんです。

その”ある理由”を知らなければ、記事一つで、今日にも、あなたのブログは消えてしまうんです。

ほとんどの人はその”ある理由”を知りませんが。

「ブログを消されてもバックアップを取ってるから、最悪の場合は、またコピペをすれば大丈夫でしょ」

と思ってる人も多いと思います。

しかし残念ながら、Googleの評価というものは、”継続的に”コンテンツの配信しているかどうかもかなり重要視すようになっています。

なので、「コピペをして元通り」にはなりません。

むしろコピーコンテンツはマイナス評価になります。

これらが無料ブログをNGにしている理由です。

無料ブログは、プラットホームのWEBサイトの為の情報拡散ツールや、アクセスアップツールとして使うのには、かなり有用です。

しかし、無料ブログをプラットホームとするのはリスクが高すぎるので、完全にNGなんです。

独自ドメインと独自ブログについて

ということで、独自のドメインで独自のブログを構築することが必須というわけです。

ちなみに、途中でもお伝えしましたが、ブログやポータルサイトは、ほぼ同じ認識で結構です。

要するに、役に立つコンテンツ(情報)を発信し、蓄積していくWEBサイトということですから。

基本的にはお薦めしませんが、ある程度知識があって自分で構築してみるという人は、挑戦してください。

 
「理解できたけど、どうしていけばいいのか、、、」

という人はお気軽にお問い合わせください。

 
PS

コンサルティングビジネスの場合、情報サイト自体がHPにもなります。

複数のWEBサイトは必要ありません。

なぜなら、それが提供できる商品・サービスでありビジネスだからです。

つまり、あなたが物販のビジネスをしているのなら、そのビジネスをコンサルティング化するということはまさにこういうことになります。

あなたが発信しているコンテンツ(情報)やルートがお客さんにとっての新たな付加価値になっていきます。

もっと言えば、あなたの業界でそういったビジネスを展開している競合がまだまだ少ないのであれば、

プラットホームとなるWEBサイトを構築することで、新たなビジネスや収益が増えたということ自体が、ノウハウや成功事例になり、さらに新たなビジネスや収益に繋がるということです。

ただ、大前提としてコンテンツ(情報)というのは、『おもしろいもの』『役に立つもの』が必須です。

何度も言うように、ツールはあくまでもツールです。

収益を生むのは、ツールではなくビジネスですから。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. SEO戦略

    ワードプレスで消耗している人たち

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロなどの無料…

  2. アメブロ

    SEO戦略

    アメブロカスタマイズをする前にやるべき3つのこと

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。アメブロカスタマイ…

  3. google

    WEB集客

    仮想通貨の動向を知るのにGoogleトレンドやキーワードプランナーは絶対に外せない

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。仮想通貨がおもしろ…

  4. WEB集客

    批判されないのは売れていない証拠

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。何かしらを世に送り…

  5. TCD WordPress NUMERO
  6. wix

    WEB集客

    直感的にオシャレなホームページを作るならWIXがオススメです

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。WIXという無料で…

無料メール講座

定期購読マガジン

オンラインサロン

オススメの記事

  1. クリスマス
  2. George Carlin
  3. 天才
  4. 納棺師
  5. Google

最近の記事

  1. サラリーマン
  2. コンテンツメイク
  3. 企画術
  4. ブログライティング

服部のアタマの中

  1. コミュ障

    WEB集客

    「社会不適合者やコミュ障は起業家に向いている」のウソ
  2. SNS

    SNSマーケティング

    マッチポンプヒエラルキービジネスの底辺で「SNSはフォロワー数が命!」を盲信し続…
  3. note

    note戦略

    noteの購入者は価格に見合う価値を手に入れているのか?
  4. 商品価値

    マーケティング

    これからは「良い商品さえ作れば売れる」時代に突入する
  5. マーケティング

    「フォロワー数に応じて割引」を打ち出しているお店は「私のお店にはウリがない」アピ…
PAGE TOP