Facebook

SNSマーケティング




あなたのFacebookの友達の「1イイネ」の価値はどれくらい?

こんにちは、服部です。

僕は基本的に「非効率」や「ムダ」が大嫌いです。

「人生にはムダなものなど1つもない」
「全てのできごとには意味がある」

と言っているようなアホは
心の底からクソ喰らえと思っているわけです。

 
ムダなものは排除してシンプルに生きていき、
起こった出来事に意味があるのかないのか、
あるとしたら、意味を持たせるのは自分自身。

 

そういう考えです。
 

なぜなら、ムダなことや意味を見出せないことに
ダラダラ時間をかけるほど
僕らの人生は長くないからです。
 

ムダなこと100個に時間やお金を注ぐのであれば、
それらを全部排除して
好きなこと10個だけに注ぎたいです。

ムダな人100人に時間やお金を注ぐのであれば、
それらの人間関係を全部切って
好きな人10人だけに注ぎたいです。

Facebookはムダな人と時間とお金の巣窟

Facebook自体がダメなのではなくて、
使い方によってそうなってしまうということです。

毎日、情報収集しているつもりが、
逆に、人もお金も時間も心も
大量に奪われていっているということに
気づいている人は少ないんじゃないですかね。
 

WEB上の見た目では増えていっていますからね。

エセ情報もエセ友達も。
 

でも、それと反比例するように
穏やかな時間や心が減っている人は多いです。
 

なので、僕は友達もイイネも集めないんですね。
 
 
ムダな人ばっかり集めてるからこうなるという
おもしろい記事があったので、
ここでちょっと紹介しておきます。

 
言うまでもなくこれが本質でしょう。

もう僕が何も書かなくても良いくらいの内容です。
 

毎年、どうでも良い人に、

「誕生日おめでとうございます!」

と言い、

どうでも良い人から

「誕生日おめでとうございます!」

と言われ、

「ありがとうございます!」

を連打でコピペし、

読んでもいない投稿に
毎日、スクロール&イイネを繰り返した結果が
これなわけです。
 

友達やイイネという単なる”数”で
承認欲求を満たそうとするアホの末路です。

 
余談ですが、こういう記事を書くのであれば
名指しした方が良いというのが個人的な感想です。

青木真也さんもTwitterで言ってましたが、
まさにこの通りで。

 
要するに、これを読んで、

「これ、オレのことじゃないか!」

って言ってくる人間が出てきた場合、

「いやだなぁ、違いますよ〜」
「いや、自戒を込めての記事なんで」

っていうのが、「超絶ダサい」と思うからです。

「そうです、あなたのことですよ」

って、言えるのであれば良いと思うんですが。

 
あるいは、何も言ってこない人もいるわけで、
そういう人は被害妄想全開でオチるわけです。

実際はその人のことじゃなかったとしても
結果的に”誤爆”になるんですよね。
 

なので、特定の人を批判するのであれば、
こっちも素性を明かした上で名指しがベストです。

それができないならしない方がマシですね。

まぁ、この人は素性も明かしているし、
代替え案も提示しているのでまだ良いですけど。

僕が自分から友達申請を出さない理由

あ、ダサいとは思いますけど、
この人のことは全くキライじゃないんですよ。

念のため。

ただの価値観の違いを
僕が大げさに表現しているだけの話ですから。
 

なので、もういっちょう紹介しておきます。

 
この内容に関しても思うところがあって、
僕はこう見えて社交性はないわけではないので
興味がある人とはつながりたいとは思うんです。

でも、自分からは友達申請とかは出しません。

これに関して言うと、ムダだとか人見知りだとか、
そういう話ではなくて。
 

僕が興味を持ってもフォローしかしないのは
相手に悪いと思うから
です。
 

Facebookの投稿やブログを読めば、
どういう空気感や価値観で生きていて、
どんな友達や仕事仲間と仲良くしているとかは
なんとなくわかるじゃないですか。

そんな中、僕と同じような空気感で、
僕と同じような価値観を共有できそうな人って
あんまりいないんですよ。

あるいは、価値観が違っていても、
受け入れられそうな人っていないんですよね。

住んでる世界が違うというか。
 

なので、僕と同じような世界で生きている人や
それ以上のエグい世界で生きているような人にしか
友達申請は出さないんです。

だって、僕と絡むことによって、
その人が周りの人や友達から白い目で見られたり
仕事に支障をきたしたり、
仲間外れにされたりとかしたら
めちゃくちゃかわいそうじゃないですか。

僕や僕の大事な人に危害を与えない人の
私生活を壊す権利は僕にはないわけですから。

 
で、そういうのを全く気にしない、
「誰とでも本音で付き合いたい」という人は、
向こうから勝手に来てくれますから。

そういう人たちとは
最初から本音、本気でぶつかり合うので、

「あんた頭おかしいんとちゃうか!?」

みたいなネガティブなやりとりから始まって
今では長い付き合いの人も結構多いんですよ。

 
なので、ブログは読んでいるけど、
イイネは押さないという人はけっこう多いです。

イイネを押しちゃうと
タイムラインに僕の投稿が表示されてしまうので

「こんな内容に共感するような人間なのか」
「こんなヤツと友達なのか、けしからん」

って、自分の友達に思われちゃいますからね。

 
そういう人を見ているとかわいそうになるので、
僕からはアプローチしないんです。

まぁ、Facebookの友達は削除して
ブログだけ読んでれば良いのにと思いますが。

実際そういう人は多いですし。

服部流Facebookの活用法

僕のFacebookに対する考え方や使い方は、
他の人とはだいぶ違うんですよね。

シェアや拡散の重要度や優先度はかなり低く、
どちらかというと人物確認の意味合いが強いです。

Facebook、Twitter、ブログ、メルマガなど
入り口はどこからでも良いんですが、
僕や僕の発信に興味を持って近づいて来た人が

「クレイジーでイケてる人かどうか」

を、対面で会う前に確認するためのツールです。
 

なので、僕がつながっているFacebookの友達は、

・昔ながらの友達(クサれ縁)
・本音で言い合える友達
・本音で言い合える仕事仲間
・挨拶して友達申請をくれた人
・どんな人なのか確認中の人

のどれかだということですね。

まぁ、消し忘れている人も数人いると思いますが。
 

どうでも良い人とはつながらないことで、
時間、お金、心の消耗 
あらゆるムダを排除することができています。

で、その分好きなことだけに、
時間もお金も投入することができますし、
好きな人とだけ、
時間とお金を”共有”することができるわけです。

イイネ自体に価値は無い

結局のところ、
Facebookのイイネ自体に価値はないのです。

誰がイイネを押してくれているかが重要なんです。

友達にしても、お客さんにしても。

 
イイネを押す人によってその価値は変わります。

1イイネ=0.1イイネの価値しかないイイネが
100ついたところで10イイネの価値しかありません。

逆に、1イイネ=10イイネの価値があるイイネは、
10イイネで100イイネの価値があります。

 
価値のあるイイネというのは、
本当に良いと思っているのかどうか
ですから。

 
うわべだけのイイネを集めたところで、
所詮、Facebook上では
本当に笑いあえようなる友達は一生できませんし、
お客さんにもなり得ません。

 
まさに冒頭の安達さんのブログの内容ですね。

ほら、いるじゃないですか。

友達が何千人もいるのにイイネが超少ないとか、
幸が薄そうとか、儲かってなさそうとか、
発信内容やコメント内容が薄っぺらいとか。

「共感シマシターーー!」
「シェアさせてイタダキマスーーー!」
「全く同感デスーーー!」

っていう、洗脳が完了した情報弱者の信者しか
友達にいない人とか。

 
まぁ、金づるとしては
1イイネ=100イイネくらいの価値があるのかもしれませんが、
人としては1イイネ=0.01イイネくらいでしょう。

 
あなたのFacebookの友達の「1イイネ」は、
一体、どれくらいの価値があるんでしょうかね?

 
PS

Twitterも共通する部分はありますが、
Facebookの特性とはまた違ったSNSなので、
上記に当てはまらない内容も多々あると思います。

Instagramや他のSNSしかりですね。

念のため。

 
Facebookの友達の真実を知りたいのであれば、
noteがオススメですよ。

簡単にバケの皮を剥がすことができますから。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  2. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  3. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  4. ステップメールの7通目:予告とオファー
  5. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー

関連記事

  1. SNSマーケティング

    オープン席にいると消耗するし個室に入るとアホになる

    こんにちは、服部です。昨晩のツイートではこれが面白かった。…

  2. シャブ中
  3. 植松聖
  4. instagram

    SNSマーケティング

    ファッションを凌駕するInstagram(インスタグラム)

    こんにちは、服部です。下記の記事の「ハウツー」を見てもらえれば…

  5. パワー

    SNSマーケティング

    「絶対にダサい姿を見せたくない相手」がいるかどうかが人を強くする

    こんにちは、服部です。SNSビジネスを指導している連中を見てい…

  6. SNSマーケティング

    ネイルアーティストHana4さんの天才的なInstagramの魅せ方

    こんにちは、服部です。まずは何も言わずにこの画像を見てください…

オンライン”コンサル”サロン

ctc online

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. 23区 オンワード
  2. アパレル
  3. ブログ

最新記事

  1. 子どもはお金になる
  2. つくってはいけない命、生まれてはいけない命なんかあるんですか…
  3. 個人コンサルにおいては「半年契約」とか「年間契約」とか99%…
  4. 他人に食事やお酒を奢る習慣がない人は猛スピードで貧乏になる法…
  5. コンサルタントの”マネタイズオンチ”の矯正方法は「自信を数値…

関連コンテンツ

服部の頭の中の断片たち

  1. 2018

    経営・ビジネス

    年末年始に立てた夢や目標が99%叶わない2つの理由
  2. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part5 ~洗脳 /マインドコントロール~
  3. USP

    集客・マーケティング

    どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの…
  4. 青木真也 長谷川豊

    政治・経済

    ”ミスター炎上”長谷川豊と”空気を読まない”青木真也のガチンコトークバトル!
  5. Facebook

    SNSマーケティング

    Facebookの超危険なワンクリックで人生を終わらせたい人たち
PAGE TOP