タモリ

SNSマーケティング




タモリさんの”戦争論”記事に学ぶ「ブログをバズらせる技術」

こんにちは、服部です。

なんだかんだでこの記事はよくバズりました。

 

今まで1記事で数万PVが良い方だったんですが、この記事に関してはここ1週間ほどで30万PVに。

で、まだまだプチバズり続けていて、検索からもアクセスが入ってくるようになり、いまだに主要なアクセスを稼いでくれています。

わざわざアクセス解析を見せなくてもSNS等のシェア数を見れば大体わかるかと思います。

タモリ

 
で、多少の仕掛けはしたものの、僕自身もここまでバズるとは思っていませんでした。

なぜならこのブログはパワーサイトであり、検索からの流入で成り立たせているからです。

なので、ビジネスにつながりにくいSNSの流入は別に必要としてなかったんですね。
 

ただ、

「ビジネスブログ × アフィリサイト」

というハイブリッドサイト、つまり、混合ブログとして成り立つかどうかを実験的にチャレンジしていたのでなかなかおもしろい結果にはなったと思います。

 
だって、安定して仕事の依頼も入って、安定してメルマガのリストも集まって、そこそこのアフィリエイト収入もあるブログがあれば最高なことじゃないですか。
  

ということで、ビジネスブログを軸としながらも

・専門家としての権威性を獲得
・見込み客リストを獲得
・アフィリエイト報酬を獲得する

ためのブログのバズらせ方について解説します。

1.ブログのサイトマップを見る

今回僕がやったことは単純にこの5つだけです。

1.ブログのサイトマップを見る
2.記事ごとのアクセス数を見る
3.ハイブリッド記事を見つける
4.リライトする記事を絞り込む
5.SNSで複数回シェアする

という、ごくごくシンプルなアプローチなんですが、もう少し詳しくお伝えしていきます。
 

1つ目のフェーズですが、ます最初に、自分のブログのサイトマップを見ます。

こういうヤツですね。

CHANGE THE CONSULのサイトマップ

ずらっと記事の一覧が見渡せると思いますが、その中で「この記事は渾身だった」という自分でも自信のある記事を10記事ピックアップします。

今までのアクセス数とかは一切気にせずに、とにかく、「この記事は最高だ!」と思える良記事を10本ピックアップしてください。
 

記事が多ければ多いほどだ大変だと思いますが、「この記事懐かしいな〜」と浸りながらでも良いので真剣に10記事を厳選してください。

そして、その10記事のタイトルを書き出してください。

第1フェーズはたったこれだけです。

2.記事ごとのアクセス数を見る

2つ目のフェーズになります。

普段、「記事ごとのアクセス数」を見るというのは、ブログをやっていれば当然のことですね。

が、この時に検索からなのかSNSからなのかは、特に考えません。

むしろ、今回はSNSでバズらせる方法なので、SNSからどれくらいアクセスがあるかを気にします。

 
で、SNSからのアクセスが多かった厳選記事を、また10記事ピックアップしてください。

そしてピックアップした10記事のタイトルを全部書き出してください。

そして、次の3つ目のフェーズにに進みます。

 
一応、念のために言っておきますが、安定した集客ブログをつくるためには瞬発的にSNSでアクセスを伸ばしても意味はなく母数は少なくても良いから濃いアクセスを検索から集めなければなりません。

ただ、その取っ掛かりとして、バズらせるという「手段」を使うということです。
 

というのも、大量のアクセスが集まることによって、他の記事もかなり読まれることになるので、記事ごとのアクセス数を精査することによって需要のある記事をブラッシュアップできるんですね。

キーワードや関連ワードを盛り込んだり、記事タイトルを変更したり、文字を増やしたり削ったりといったことです。
 

小雨では雨漏りの穴は見つけにくいですが、大量の雨を降らすことによって小さな穴でもすぐに見つけることができますよね。

それと同じで、1記事をバズらせるということは、ブラッシュアップすべき記事が可視化されるという大きなメリットもあるということです。

3.ハイブリッド記事を見つける

さて、3つ目のフェーズに移るわけですが、これまでのフェーズで、

・自分で自信のある渾身の記事が10本
・SNSで多くシェアされた記事が10本

が集まったことになります。

これで何がわかるかというと、自分が読者に提供したいと思っている記事(情報)と実際に読者のニーズに答えている記事(情報)のズレが明確に見えるようになっているんですね。
 

では、フェーズ1の10記事とフェーズ2の10記事をそれぞれ見比べてみてください。

1記事くらいはかぶっていたでしょうか?

それが1記事でも5記事でも良いんですが、その記事がバズる可能性のある記事なんですね。

再度”発射”するべき記事だということです。 
 

もし、1記事もかぶっていない場合は、発信内容とニーズがズレているということなので、ビジネスモデルから修正する必要があります。

 
「サイトマップを見る→アクセス数を見る」という特殊なリサーチの順番にした理由はこれでわかっていただけたかと思います。

先にアクセス数を確認してしまうと、アクセス数が多かった記事に自分の自信を寄せていくことになるからです。

4.リライトする記事を絞り込む

4つ目のフェーズです。

かぶった記事が1記事であればそれで良いですし、かぶった記事がたくさんあった場合は上位3記事くらいにまで絞り込んでください。
 

この際に、もう一つ確認していただきたいのが、フェーズ1でもフェーズ2でも出てこなかったけど配信してからかなり時間が経った記事なのにちょっとだけSNSからアクセスが増えていたという、いわゆる”時間差プチバズり記事”です。

これは無条件でリライト記事に入れてください。

なので、こういう記事があった場合はこれも含めて3記事に絞り込むということです。
 

あまりにリライトする過去記事が多すぎても、機会損失になったりすぐに飽きられたりもするので、多くても3記事くらいが良いかなと思います。

で、リライトのポイントとしては、今見てみると、

・タイトルのパンチが弱い
・キーワードが盛り込めていない
・情報量が足りない
・構成や簡潔さが弱い
・アイキャッチが弱い(ダサい)

といった懸念要素がある箇所を、最高の状態にブラッシュアップするということです。

5.SNSで複数回シェアする

あとは、SNSでシェアをしていくわけですが、基本的にはFacebookかTwitterで良いです。

友達やフォロワーが多い方でシェアをしましょう。

フォロアー数が同じくらいであれば両方ですね。

 
で、3つの記事を時間帯を変えて、朝はA記事、昼はB記事、夜はC記事という具合に何回かに分けて何日も配信を繰り返します。

もちろん、それだけでは飽きられるので、日々、別の投稿やつぶやきをしたり、新しい記事をUPすることも忘れないでください。

 
これは、初回に記事をシェアした時には、そもそも見られていなかった可能性があるのと、早い時代の流れとともにニーズが変わってきていてその時には刺さらなかった人たちに再度情報を届けるためのアクションになります。

ちなみに、Twitterに関しては、Facebookよりもタイムラインの流れも早いのでシェア回数はそんなに気にする必要はありません。

ガンガンいっても良いと思います。

 
そんな感じでタモリさんの記事はバズりました。

まぁ、はてブ(はてなブックマーク)に引っ張られたり、Newspicks に取り上げてもらったりと偶然が重なった部分もあると思いますが、それもSNSでバズったからこその結果ですからね。

過去にNewspicksに取り上げてもらった記事は全くバズりませんでしたし。

 
最近、同じような手法で仕掛けていっているのが、このあたりの記事ですね。

 

どちらも配信当時はアクセスもかなり少なくて、Facebookでいうと、”いいね!”も40〜50でしたが意図的に少しずつバズらせていっています。

ビジネスブログとしては良い伸び数だと思います。

検索順位も少しずつ上がってきていますしね。
 

ぜひあなたもこの方法にチャレンジしてみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの1通目:つかみと共感
  2. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  3. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
  4. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  5. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…

関連記事

  1. 思い出

    SNSマーケティング

    Facebookに思い出が詰まっている人にオススメ!超簡単な思い出管理術

    こんにちは、服部です。最近、息子への愛情をひたすら綴るという『…

  2. インフルエンサー
  3. SNSマーケティング

    Instagramフィードを使ってWordPress(ワードプレス)に画像ギャラリーをつくる方法

    こんにちは、服部です。好評のインスタの小ワザシリーズです(笑)…

  4. SNSマーケティング

    オープン席にいると消耗するし個室に入るとアホになる

    こんにちは、服部です。昨晩のツイートではこれが面白かった。…

  5. プロレス

    SNSマーケティング

    Twitterプロレス『はっとりVSりゅうけん』まとめと舞台裏

    こんにちは、服部です。いやー、なかなか面白いプロレスができたの…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. books
  2. ミルフィーユマーケティング
  3. プロレス

最新記事

  1. noteの購入者は価格に見合う価値を手に入れているのか?
  2. 世の中には胡散臭いと言われれば言われるほど儲かるコンサルタン…
  3. 高確率でサイコパスと情報弱者を巡り合わせるSNSワールド
  4. 進化し続ける人のゴールデンウィークの仕事の仕方
  5. AI悲観論、教育悲観論が大好物のインフルエンサーとプロブロガ…

服部のアタマの中

  1. リストマーケティング

    WEB集客

    12月1日にメルマガを配信するという愚策リストマーケティング
  2. 小林麻央

    政治・経済

    小林麻央さんが亡くなるのを首を長くして待っていた日本のメディア
  3. ゴミ記事

    WEB集客

    ブログのゴミ記事整理は「生け捕り方式」であらゆるリスクを回避しよう
  4. トレンド

    経営・ビジネス

    「トレンドにババ乗り」するか「鬼逆張り」するかの答え
  5. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
PAGE TOP