プロレス

SNSマーケティング




Twitterプロレス『はっとりVSりゅうけん』まとめと舞台裏

こんにちは、服部です。

いやー、なかなか面白いプロレスができたので、たまにはブロガーを模倣してそれっぽくまとめてみようかなと思います。

こういう記事は書いたことないのでたぶんまとまらないと思いますが。

ウォーミングアップ:僕はやまもとりゅうけんが嫌い

ことの発端はこのツイートからでした。

 
誰かがRTしていてたまたま見かけたら、「お、やまもとりゅうけん絡んでるやん」と。

はい、僕はやまもとりゅうけんという男がそもそも嫌いです。

いや、正確に言うと「嫌いになった」ですかね。

 
というのも、何かで彼を知ってからいくつかブログ記事を読んでみたんですが、なかなか秀逸な記事を書くよなーと思ってたんですね。

イヤなヤツだけど。

頭良いよなーと思ってました。

イヤなヤツだけど。

何か学べるかもしれないなと思って気になる有料のnoteも買って読んでみたりもしました。

イヤなヤツだけど。

 
ストレートに言うと、嫌いだけどリスペクトしていたわけですよ。

その辺はけっこう柔軟なんですよ、僕。

変に感情とかプライドとか介在しないんで。
 

で、たくさんのプロブロガーがいる中で情報発信の質とかツイートの内容とか完全に別格だったんですよね。

他のプロブロガーの情報の質とかツイートがクソすぎる、薄っぺらすぎるっていうのもありますが。

ちなみに、僕がプロブロガーをdisりだしてから、彼はブロガーという肩書きをサクッとプロフィールから削除しました。

この辺の立ち回り方、逃げ方もさすが。

 
と思っていた矢先、こういうことがあったんですね。


 
それからの率直な感想が、
 

うわ、コイツ最強にダセー
 

でした。

 
ただ、本来、彼は頭の良い人間なのに、何でこんな低質な発信やアクションをしたのか興味もあって、この人と一回ガチで話してみたいなと思ってちょいちょい絡んでたんですが、ウザがられてたのかスルーされてたんですね。

まぁ、逃げ回るならもう良いよと思って別にしつこく絡んではなかったんですが、幸いにもブロックはされてなかったんで、今回のツイートが目に入ってきたわけです。

で、相変わらずクソダセーこと言ってんなと思って「それおかしくない?」っていうノリで絡みました。

ラウンド1:得意の逃げ切り術を発揮される

 
お、ちゃんと会話できるやん、ということで本題に入っていこうとしました。

 
心理戦の攻防の末逃げられました(笑)

まぁ、そんな感じだろうとは思っていたので、今回も終了かなと思っていたら、何か横から変な人が入ってきて。

場外乱闘:客席からヤジを飛ばしてくるやーつ

 
出たよ、ボスの物陰に隠れてピーピー言うヤツ。

とはいえ、ウザ絡みにしか見えない絡み方をした僕も悪いですし、嘲笑してる風ではあるけど別に言い草とかは悪くなかったので、この人に「そういうのダサいよー」という意味も込めてチクリ。

するとわざわざご丁寧に記事にまでして意見をくれました。

 
他人のプロレスについてわざわざ自分のブログで記事にするとかアホなのか?

と思いつつも、りゅうけん愛なのか、ダサいことをしてしまった自分のプライドが許さなかったのか、いずれにしてもこの対応にはリスペクト。

とうことで丁寧にお答えしました。

ラウンド2:りゅうけんくんの攻撃

りゅうけんくんかわいそうに、外野に煽られて逃げるに逃げられず。

がんばって記事を書いてきてくれました。

「正論に見せかけた暴論」に気づけるかどうかに格の違いが現れる
義妹の結婚式で栃木に行く直前の僕のTwitterのタイムライン上のやりとりが一部の界隈で話題になったそうです。一部始終をまとめてくれた記事がこちら。[blogcard url=

 
相変わらず秀逸な記事を書くなーと思ったので、僕なりに記事の分析しつつその感想は素直に彼に伝えました。

 
てな感じで平和に幕を下ろそうとしていました。

まぁ、りゅうけんくんは終始意図的に論点をすり替えていたんですが、それも「自分の立場を守るためにはしょうがないよね、これからも信者と仲良くね」と思って、もう触れないでおこうかと思ってました。

が、それ以降もショッカー(外野)が「イー!イー!」とうるさかったので、最後に完全にエンタメにして終わらしてやろうと思いこの記事を書きました。

フォロワーさんにもここまで付き合ってもらっているわけなので、どうせなら僕が多少のリスク背負ってでも最後まで楽しませますよと。

その代わりちょっとだけ観戦料くださいねと。

そうすることで楽しむ人は楽しんで、読解力ゼロのアホな人たちはアホなままで人生を歩んでいただけますから。

 
ということでエピローグに進むわけですが。

これに関しては人それぞれのエンディングがあって良いでしょう。
 

そのために、フェアになるようにちゃんとりゅうけんショッカーたちのトンチンカンな応援ツイートも載せようと思ったんですが、さすがにそれはどうかなと思うところもあったので載せてません。

興味がある人はりゅうけんくんのこの辺りの前後のツイートを漁っていただければ。
 
で、最後はあなたの頭で判断していただければ。

 
まぁ、あえてフィナーレをお伝えしておくとしたら、

「論点のすり替え」に気づけるかどうかに格の違いが現れる

でしょうか(笑)

エピローグ1:フォロワー数とかそんなの関係ねー

僕とりゅうけんくんのTL見てもらうと、同じように盛り上がってます。

なんだったら、僕のTLの方がいろんな議論が飛び交って活性化してるんじゃないかなと。

フォロワーさん同士も議論しているし、「頭おかしい」とか「チンピラ」とか言ってRTで僕に絡んできてくれる人もいますし(笑)
 

ということで、
 

影響力にフォロワー数とか関係ないやん

 
ってことを身を以て証明できたんじゃないですかね。

あと、異分野でビジネスをしている人間(僕の場合はコンサルタント)がその分野でしっかり突き抜けて尖っていれば、別の領域に踏み込んでも結果が出せるということを証明できたんじゃないですかね。

いわゆる”ハシゴの架け替え”ってやつです。
 

今回はふざけた感じで記事を書きましたが、こういう話を真剣に書いているのがこの辺の記事です。


 
情報のイロは違いますが、情報のカタチは同じなので、今回の記事を読んでくれた人は理解しやすいかと思いますよ。

エピローグ2:舞台の裏側

ちなみに、真実を書いたnoteいつまでもボスの陰で騒ぐなショッカーどもよ がどれくらい売れたかというと、、、


 
おかしいですね。

僕の支援コメントは8件しかないはずなんですが、他に誰が買ってくれてるんですかね。

38個も売れていますが残りの30件はアンチでしょうか(笑)

 
今回のプロレスは仕掛けたのは僕ですし、人によってはただのウザ絡みでしょう。

で、議論すべき内容自体は別に対して内容ではなかったことも頭の良い人であればわかると思います。
 

が、そことは違う部分で学ぶべき部分は随所にあります。

というか、心理術や戦術、エンタメへの昇華、マネタイズ、、、と可能な限り意図的に盛り込んだつもりです。

ガチンコで殴り合って憎しみあって離別とかもしてないつもりですし。
 

僕はりゅうけんくんに関してはダサいとは思っていますがアホだとは思っていませんし、むしろ救いようがないアホだなと思っているのは読解力ゼロで思考停止しているそのショッカー(取り巻き)だけなので。

「ショッカーじゃねーよ!
「アホじゃねーよ!」

という人がいれば、自分の考えを持って絡んできてもらえればいくらでもプロレスしますよ。

 
PS

ちなみに、これが火種となって場外乱闘も勃発していたみたいですが、さすがにそこまでは網羅できません(笑)
 

あと、こんなTwitterプロレスして、「コンサルタントとしての信頼落ちるよ〜」みたいなことを言っている人もいましたが、そんなリスク承知の上です。

こんな記事書いたら、どうせまた「このコンサルアホだよな〜」って言う人も出てくると思いますし。

 
良いじゃないですか。

いつもはクソマジメな記事が多いので、たまにはアホなことを全力でするのも楽しいですよ。

そんな僕の一面も好きになってくれる人だけが友達やお客さん、フォロワーになってくれれば良いので。

 
良いことも言う、口汚いことも言う、嫌いな人には嫌いとストレートに言う、おかしいことはおかしいと突っ込む、間違っていたら素直にゴメンと謝る、良い意見は取り入れる、嬉しかったらありがとうと言う、それが人間じゃないですか。

僕からしたらいつもキレイゴトしか言わない聖人みたいな人の方が怖いし信じられないわ。

 
結局、僕節の記事になっちゃいましたね。

ということで、りゅうけんくん、おつかれさまでした。

 
オマケ

 
変なヤツが絡んできたので入れときました。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  2. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  3. ステップメールの1通目:つかみと共感
  4. ステップメールの7通目:予告とオファー
  5. ステップメールは何通で完結させればいいのか?

関連記事

  1. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Pant1 ~コンサル系~

    こんにちは、服部です。僕の独断と偏見で選んだ各分野の良書たちで…

  2. SNSマーケティング

    スーパーアパレル販売員たちによる黒歴史リレーチャレンジ

    こんにちは、服部です。知り合いがおもしろいことを始めたもんで…

  3. 詐欺 スパム

    SNSマーケティング

    友達を脅威に巻き込む前に今すぐ確認を!Facebook、Twitter、Amazonのスパム・詐欺対…

    こんにちは、服部です。テクノロジーが進歩していけば、それに比例…

  4. シャブ中
  5. 逆張り

    SNSマーケティング

    アンチ・トレンド(逆張り)戦略の天国と地獄の分かれ目

    こんにちは、服部です。ビジネスで勝ち続けるためには、・…

オンラインサロン

定期購読マガジン

note

よく読まれている記事

  1. アメブロ
  2. タモリ
  3. 浮気
  4. Twitter
  5. サイコパス

最新記事

  1. アパレルマーケティングのスタートは特濃リサーチから
  2. ブログにはノウハウ記事とオピニオン記事の2つが必ず必要な論理…
  3. シンプル&オシャレでコンテンツの価値の高めるWor…
  4. 記事がコピーされたら報告してくれるプラグイン「Check C…
  5. 情報発信者は「最新の記事」が「最高の記事」であるべきだ

服部の普段のアタマの中

  1. インフルエンサー

    SNSマーケティング

    インフルエンサーが煽る「評価経済社会における基礎体力はSNSのフォロワー数」の大…
  2. 島田紳助

    経営・ビジネス

    勝てるポジショニングは島田紳助のシークレット講義で学べ
  3. プロフィール

    コピーライティング

    ライバルが誰も知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブログプロフィールの書き…
  4. WEB集客

    コンテンツの「どこまでが無料でどこからが有料か」という時代遅れな考え方
  5. WELQ

    経営・ビジネス

    DeNAのWELQ騒動から学ぶべきマイビジネスの”Xデー”対策
PAGE TOP