やまもとりゅうけん

SNSマーケティング

Twitterでダサくセコく爆発的にフォロワーを増やす方法

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

先日からずーっと書き続けてますけど、「フォロワー数至上主義」は評価経済社会でも何でもないですよ。

というか、ウソはバレますし、メッキははがれますし、超絶ダサいです。

 
ほらほら、バレちゃってますよ。

 
ひと昔前までは、この「ニセ影響力装備法」をやってるヤツは多かったんですが、フォロワー数を重視していてもさすがにもうやってるヤツいないよなーと思ってました。

が、、、まだいた(笑)

 
で、「クソリプ送ってくるヤツはオレの3万人のフォロワーに晒してやるぜ」みたいなこと言ってたけど、「いやいや、何の反応もしないクソフォロワーかい」と。

 
ブロガーさん、もうそういう「ニセ影響力装備法」はやめときなさいって。

ブログコンサルとか名乗ってるならなおさらやめてください。
 

それから同業のコンサルタントさん、ただでさえ胡散臭いと言われる業界なのに、さらに業界の信用を落とすようなことはもうやめましょうよ。

見つけたらマジで晒してブッ叩きますよ。
 

っていうか、僕の大事なフォロワーを晒してこき下ろしてタダで済むわけがないでしょう。

ニセ影響力装備法の詳しい手順

クソブロガーとかアホコンサル、キラキラ起業女子とかがこぞってやるんですよ。

TwitterとかFacebookとかでエセ影響力を顕示するために、メッキを塗りたくるんですね。

 
で、Facebookだと一応フォロー機能もありますが、基本的には「友達」として相互につながるので、ガンガン友達申請して増やしていけば、友達がたくさんいるから人気者(のよう)に見えるんですが、Twitterはそうもいかないんですよね。
 

例えば、ある人が、フォロワーがめちゃくちゃ多くても、本人がフォローしている人数も多ければ、「いやいや、フォローしまくってフォロー返しもらってりゃそりゃ増えるよね」となります。

フォロワー:13,427
フォロー:14,956

みたいなバランスのことです。
 

それが、フォロワーが1万人いて、本人がフォローしている人が50人とかならどうですかね?

フォロワー:13,427
フォロー:56

みたいな感じ。

おそらく、だいたいの人が、「この人のフォロワー数スゲー!しかもフォローしてるの56人しかいないってことは、めっちゃ人気者で尊敬されてる人なんだね!」となります。

芸能人とか著名人は、”自然と”後者の状態になっていますよね。
 

で、同じようにその状態にして「人気者ふう」「尊敬されてるふう」を装いたいブロガーやコンサルタントは、見た目が「フォロワー1万人、フォロー50人」みたいな感じになるように細工をするわけです。

要は、「俺ツエー」「俺スゲー」状態をつくり上げるために、

無差別にフォローしまくる
 ↓
一定数フォロー返しをされる
 ↓
定期的にフォローを外す

を繰り返して、フォロワーの数字だけを増やしていくと、、、

「ほら見て!オレ何もしてないのにフォロワー1万人もいるんだぜ!スゲーだろ!」

というニセブランディングの一丁あがりです。

フォロワー数といいね数の乖離

いやー、何ですかねー、
 

超ダセー!
 

それで自分はインフルエンサー気取ってるわけでしょ。

そりゃ、そんなヤツらばっかりになったら、評価経済社会もむちゃくちゃな方向に行きますよ。

 
で、そういう人はフォロワーの数といいねやリツイートの数が比例しませんから。

だって、フォロワーが1万人いてその中で真剣なフォロワーがたった1%でもいたとしたら100人ですよ。

毎回100いいねは無いとしても、それなりにはいいねされるでしょう。

同じくらいのフォロワーがいる芸能人とかは毎回何十、何百いいねとかつくわけですから。

それが、ほぼ10いいねもとかつかないとかありえないじゃないですか。

ブランディングは副産物

自動ツール使ってフォローしまくってフォロワー増やし、フォロワーの反応が薄くなってきたらフォロー解除してまたフォローしまくるとかしてたらそりゃこうなりますよ。

で、最終的には、同じ人物にリムーブとリフォローを繰り返してつっこまれ、同じような被害者が芋づる式で現れて逃げきれなくなる。
 

そんなアホみたいなフォロワーの集め方するわけですから、そもそも興味なんか持たれていないわけですよ。

発信に興味があってフォローしたわけではなく、「フォローされたからフォロー返しただけ」なのでもはや死んでるフォロワーだらけなんですよね。

だから、誰も助けてくれないし、数字にも如実に現れてしまうわけです。
 

同じようなこと言って、同じようなアクションを起こして、同じようにアンバランスなフォロワー数といいね数が垣間見えるブロガーやコンサルタントはほぼこれです。
 

確かにSNSのフォロワー数によって影響力を持つことができる時代ではありますが、セコい方法で影響力を形成したところでウソが簡単にバレる時代でもあります。

ブランディングや影響力というものは、あくまでマーケティングの副産物であり、中身が空っぽの人間が、最初からまとえるものではないということです。

 
中身空っぽなのに、最初からメッキを塗りたくって影響力があるように見せて、楽して金を巻き上げてやろうと思っているブロガーやコンサルタントはさっさと滅びてください。
 

文句があれば、自分のタイムラインでブツブツつぶやかずにいつでも絡んできてください。

まぁ、僕に絡んでも、まともに議論できなければ薄っぺらいフォロワーは離れていくでしょうけど。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSマッチポンプヒエラルキービジネスの底辺で「SNSはフォロワー数が命!」を盲信し続けるSNS依存者の末路前のページ

コンテンツの「どこまでが無料でどこからが有料か」という時代遅れな考え方次のページ

関連記事

  1. Facebook
  2. twitter

    SNSマーケティング

    バズったツイートを分析してみたら情報発信の超基礎だった話

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。いつもは、ホームラ…

  3. パワー
  4. SNSマーケティング

    起業してまで副業禁止を強いられる起業家たち

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。起業や副業のビジネ…

  5. ブログ

    SEO戦略

    ブログにはノウハウ記事とオピニオン記事の2つが必ず必要な論理的理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ブログを書く上で、…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

オススメの記事

  1. police
  2. コンサルタント
  3. ブログライティング

最近の記事

  1. 広告運用
  2. 目標と行動
  3. twitter
  4. 起業と撤退
  5. コロナ

服部のアタマの中

  1. ミニマリスト

    つぶやき・仕事術

    ミニマリストとの会話からわかったコンサルティングとミニマリズムの関連性
  2. 島田紳助

    マーケティング

    勝てるポジショニングは島田紳助のシークレット講義で学べ
  3. つぶやき・仕事術

    1月17日の阪神大震災の日に、お金では買えない大事なものを守るためにお金を稼ぐと…
  4. note

    note戦略

    noteの購入者は価格に見合う価値を手に入れているのか?
  5. モンパチフェス

    ブログ集客

    情報発信やコンテンツの尖らせ方はモンパチフェスから学べ
PAGE TOP