USP

マーケティング

どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの肉の棒」である

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

今では、アメブロはイタイ起業女子とそれを食い物にするコンサルタントの巣窟という、非常に残念なイメージがついてしまっています。

なので、まともな人は離れていっていたり、アメブロをサブ媒体に切り替えたりしています。
 

で、僕もSEO対策のサテライトサイトとして、たまにアメブロの更新もしていたりするので、いわゆる”起業女子系”の方から相談を受けることがあります。

最終的に依頼を受けるかどうかは別にして、無礼でアホ人でなければ相談には乗ってます。
 

で、過去にバナナマン日村似の人(女性)とのこんな相談のやりとりがありました。
 

服部
こんにちは。どうされました?
お客さん
よろしくお願いします。実は強み発掘をしてもらうコンサルを受けたんですけど、発掘してもらったもののそこからどうすれば良いかわからないんですぅ。
服部
ほぉほぉ。ちゃんと発掘してもらえなかったんじゃないですか?
お客さん
そんなことないですぅ!スゴかったんですも〜ん!だって何十個も発掘してもらったんですも〜ん!
服部
(オマエはくまモンかと思いながら)そうなんですか?例えばどんな感じか教えてもらって良いですか?
お客さん
はぃ〜、ちょっと待ってくださいねぇ…(手帳を開きだす)
服部
・・・
お客さん
あ、ありましたぁ〜!
服部
お、ありましたか(「おぼえてないんかい!」と心の中でツッコミを入れながら)。
お客さん
え〜っとぉ、「あなたは優しい人」「あなたは気が使える人」「あなたは空気が読める人」「あなたは笑顔が素晴らしい人」「あなたは周りを明るくできる人」「あなたは友達を大事にできる人」「あなたは…
服部
あ、OKですOKです。わかりました。
お客さん
え?もういいんですかぁ?
服部
はい。だいたいわかりました。残念ですけどそれは強みでもなんでもないです。だから使えないんです。
お客さん
えぇーっ!?どういうことですかモーン!?(←誇大表現)

 
はい、やっちまったパターンですね。

このセッションに数万円を支払ったとのこと。

それは強みではなくただのリソースです

起業セミナーや起業本などには、

「強みやウリを明確にしましょう」

という文句は十中八九書かれているわけですが、この「強み」っていうのは何なんでしょうね?
 

巷では、

「あなたにしかその商品を提供できないという、優位性、独自性、または”USP”ともいう」

みたいな感じで解説されることが多いです。
 

で、上記の相談のような内容は論外として、薄っぺらい自称強み発掘コンサルタントとかは、

・IT会社で勤めていた
・東大卒である
・プログラミングができる
・●百万円という借金を完済した
・部活のキャプテンをやっていた
・インターハイで優勝した
・学生時代は皆勤賞だった
・経理部門で働いていた
・ダイエットプログラムにハマった
・ペットのしつけが得意

といったものを発掘して、

「出ました!これがあなたの強みです!これを元にがんばればきっと成功できます!」

で終わってしまうわけです。
 

ここまで発掘できる人もあまりいないですが、ここで終わってしまっては本末転倒です。

なぜなら、これらは「強み」ではなくその人の中にある「リソース」に過ぎないからです。

リソースをデザインすることで強みになる

結論から言ってしまうと、純粋に自分のリソースの中から誰も真似できない「強み」をつくり出すことはほぼ不可能です。

「強み」は狙って「デザイン」するものなんです。

つまり、自分の持っているリソースを、必要とされている人のために加工をすることで、はじめて「強み」や「ウリ」と呼べるわけです。

これが「強みである」と言えるように、自分の持っているリソースを目の前に並べたら、それが提供できそうな市場を切り取ってリソースを加工するということです。

これ、勘違いしている人がけっこう多いんですね。
 

リソースを強みと思い込んでしまっている人は、需要のないリソースを市場ねじ込もうとするのでそりゃ売れません、ってなるわけです。
 

自分の中にあるリソースを絞って多数ある市場にあれこれ当てハメるんではなく、むしろその逆です。

先に成長期にある市場を決めてから、自分のリソースを市場に合うように加工してランダムに当てはめていくということです。

「リソース 強み」のデザイン例

例えば、沖縄大好きな夫婦が大阪で沖縄料理屋を経営したいという場合であれば、

「夫婦で沖縄に10年間通っている経験を生かし、沖縄の知人農家から食材を直送している本格沖縄料理屋」

というのはありがちなアピールだと思いますが、沖縄に知人や知人農家がいる人なんて世の中にはいくらでもいるので、それが「強み」になるかというと「?」なんですね。
 

沖縄に知人農家に知り合いがいるというのは、リソースであって強みとは言い難いわけです。

 
で、食材を推すということは料理のクオリティをアピールしたいわけなので、であれば、産地はプラスαのオプションにして、

「沖縄に10年間通っている夫婦だからこそ出せる味!めんそーれ!味も雰囲気もここは沖縄です!」

という方が見込み客には刺さります。
 

まぁ、外食業界と沖縄料理にニーズがあれば、ということが前提の話でが。

それはまた別のリサーチが必要になります。
 

要は、他のライバルがアピールしていないポイントをアピールすれば、それが強みなります。

5年通っている人よりも10年通っている人の方が、言葉にも料理にも説得力も信用もあります。

しかも、ライバルが追いついてこようものなら、沖縄に通い続ければ良いだけです。

15年、20年と。

好きなことなんですから苦ではないハズです。

 
ということで、USPや強みを考える際には、自分の中にあるリソースにこだわるだけではなく、同業者やいろんな市場を見渡して、ニーズがあるのに満たされていないポイントを把握することから始めてみてください。

事業立ち上げの際の強みのデザインに関しては、オンラインサロンの中で今回の軽く100倍以上は詳しく説明しています。

売れる商品や自分の強みがわからないという人は覗いてみてください。

 

強みやウリの基本を真剣に学びたければ、日本におけるUSPの第一人者の本で学んでください。

加藤先生からは僕も直接学んだことがありますが、この本はわりと古いものになりますが、USPについてかなりわかりやすく解説されています。

 
と、いうことで、デッカイのをお持ちの男性の皆さん、くれぐれもご注意ください。

そしてチッサイのをお持ちの男性の皆さん、それが「強みに変わる」ということをお忘れなく。

 
で、自分の持っているリソースが上手く強みにデザインできているかどうかは、noteを使えばいくらでも試すことができますよ。

「自分」を100円から売ることができますから。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

教科書コンサルタントの教科書とコンサルタントの懺悔書前のページ

Facebookの超危険なワンクリックで人生を終わらせたい人たち次のページFacebook

関連記事

  1. SPIN 営業術

    マーケティング

    SPIN営業術に学ぶ問い合わせからの成約率をあげる方法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。SPIN営業術とい…

  2. コンテンツ
  3. コロナ
  4. インプット

    コンサルティング

    インプットした情報を商品化する5つの方法②

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。インプットした情報…

  5. お金原論

    マーケティング

    一生お金に困らなくなるための「お金原論」とは?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。全然知らない人の情…

  6. 演繹法 帰納法

    マーケティング

    お金を稼いでいて幸せな人の2つのパターン

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。あなたの近くに「か…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

オススメの記事

  1. ミルフィーユマーケティング
  2. ブログ集客
  3. 地獄
  4. 稼ぎたい

最近の記事

  1. 目標と行動
  2. twitter
  3. 起業と撤退
  4. コロナ
  5. コロナ

服部のアタマの中

  1. 文賢

    WEB集客

    ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダーの推敲・校閲支援ツ…
  2. 脱社畜サロン

    コンサルティング

    コンサル視点で見る『脱社畜サロン』騒動の激ヤバポイント
  3. 殺し屋のマーケティング

    マーケティング

    殺し屋のマーケティングの『7つのマーケティング・クリエーション』を実践してみた
  4. ブランディング

    SNSマーケティング

    プロフィールアイコンやファッションを変えたら売上は変わるのか?に対する絶対的解
  5. 右脳マーケティング

    SNSマーケティング

    Twitterは右脳活性化ツール、ブログは左脳活性化ツール
PAGE TOP