コンテンツメイク

マーケティング

あなたの人生の経験や知識をお金に換える方法

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

ブログを書いて自分の考えを発信している人は、最近ではまったく珍しくなくなりました。

FacebookやTwitterやInstagramといったSNSをやってる人となると、もっと人口の割合は多いですね。

そして、いわゆる「情報発信者」の中には、趣味でやっている人もいれば、集客媒体の一つとして活用している人もいます。

要するに、ビジネス目的で使っている人です。

SNSはともかく、ブログをやっている人は、ほとんどの人がビジネス用途じゃないでしょうか。
 

で、そういう人たちを見ていると、すごく「もったいないなぁ」と思うんですよ。

何がかというと、自分の知識や経験、ノウハウといったものをコンテンツ化して売らないことがです。

ブロガーはククリエイター

自分の知識や経験を編集して発信してる時点で、あなたはまぎれもなくクリエイターです。

にも関わらず、価値をクリエイト(創造)しているということにほとんどの人は気づいていません。
 

もちろん、芸能人ではない限り、日記のようなブログは何の価値もありませんが、日々、高価値な情報を発信しているのであればそれはマネタイズが可能なブログなんです。

つまり、あなたのブログにある情報は情報コンテンツとして販売できるということです。
 

今まで、体を使ったり、モノを作って提供してお金をもらってきた人にとってなかなかピンとこないかも知れません。

が、あなたも本を買って読んだり、映画を観たり、セミナーに行ったりしていますよね?

カテゴリーは違えどそれも全部情報です。

情報に対してお金を払っているわけです。

必要とされていない情報は無い

犬のしつけ、離婚問題の解決、ゴルフの上達法、これらは、某ASPで販売されている商品で、その中でも特に人気が高い部類に入るものです。

で、この”商品”は、動画、音声、テキストなど形式はいろいろありますが、売られているものは、あくまで「情報」です。

つまり、商品そのものは”無形”なわけです。

世の中にその情報を求めている人がいる限り売れるのです。

あなたにはたまたま必要ないというだけで、いろんなライフスタイルやカテゴリーの中で悩みを解決したいけど、実際はできていなくてでも、「こうなったら嬉しいな」と明るい未来を思い描いている人はいるわけです。
 

もし、あなたが、「私にはそんな売れるものなんか無いよ」と思っているのであれば、自分の人生における経験を否定しているだけか、必要としている人を見つけられていないだけです。

3つをクリアすれば情報は売れる

意外とハードルが低いのにもかかわらず、ほとんどの人は、やる前からあきらめます。

「今までやったことがないから」「自分にはそんな価値がないから」

といった、残念な理由によるものが多いですが、情報を売るというハードルは

1.好きなことや得意なことを見つける
2.1に少し違う要素を掛け合わせる
3.パッケージ化してマネタイズする

の3つだけです。

次回から、この3つのハードルを越える方法を具体的にお伝えしていきます。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

経験や知識を売るための3つのハードル①次のページハードル

関連記事

  1. 女性
  2. コンサルティング

    なぜコンサルタントはファッションセンスが無いのか?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。コンサルタントを思…

  3. コンサル
  4. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part4】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。項目の詳細の後半に…

  5. マーケティング

    ベッキーの不倫騒動から学ぶマーケティング戦略

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。集客の2大要素が「…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. メルマガ
  2. Brain 迫佑樹
  3. マインドコントロール
  4. リストマーケティング
  5. ウシジマくん

最近の記事

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. WEB集客

    ブログは言葉の力だけに頼りすぎたら逆効果になる
  2. RAM WIRE

    マーケティング

    たった4分で号泣できるRAM WIREの『僕らの手には何もないけど、』のミュージ…
  3. 洗脳・マインドコントロール

    起業コミュニティは風俗店である
  4. note

    note戦略

    noteの購入者は価格に見合う価値を手に入れているのか?
  5. ゆたぼん

    洗脳・マインドコントロール

    親が子どものマーケティングを失敗するとどうなるのか?
PAGE TOP