ハードル

マーケティング

経験や知識を売るための3つのハードル②

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

前回の記事で、「好きなこと」を基準にしながらも「得意なこと」を見つけましょうとお伝えしました。

ただ、それだけではまだ市場の優位性が低いので、あなたという存在をさらにレア(希少)にしてもっと市場の優位性を高める必要があります。

じゃぁ、そのために何をすればいいのかという話です。

まずは100分の1から

前回の記事で「好きなこと」は明確になったけど、「得意なこと」がまだ明確になっていないという人は。まずは100分の1を見つけてください。

もっと簡単に言うと、

「周りの99人の人はなかなかできないけど自分には当たり前にできること」

です。

この段階で、強く必要とされているかどうかは、そこまで深く考えなくてもいいです。

とにかく、

「あれ?これってみんなできないことなんだ?」

ということを見つけてください。

さらに言うと、才能とかに限らず、「人よりも時間をかけてきたからこそできること」とかでも全然良いわけです。

次は1万分の1に

100分の1の存在では、よほど特殊な能力や才能、スキルがあってそれが必要とされる強いニーズの市場があるという場合を除いてはビジネスにするのは難しいです。

100人に1人の存在なんてゴロゴロいますし、多少の「得意なこと」は真似されて終わりです。

なので、もう一つの100分の1が必要なんですね。
 

例えば最初の100分の1が、「オシャレなホームページが作れる」だったとします。

さらに、もう一つの100分の1として、「フォトグラファーとしてのスキル」があれば、さらに重宝されますよね。

プロフィール画像が重要なセミナー講師業の人や、素材写りが重要な物販のホームページ、美しい風景が魅力の観光地のホームページ、重要文化財があるお寺のホームページなど、ホームページ制作においてかなり高い優位性を獲得することができます。

個人を売ってビジネスをしている人にはプロフィール画像はSNSなどでも重要ですし。

これで、

1/100 × 1/100 = 1万分の1

の存在になるわけです。

レアでも稼げなければ意味がない

参入するビジネスの相場にもよりますが、1万分の1の存在になれれば、ある程度の規模感では稼げる可能性は出てきます。

「可能性」と言ったのは、集客やプロモーション、マネタイズといったビジネススキルがなければたまたま見つけてもらって口コミで広がらない限り収入は発生しないからです。
 

ぶっちゃけ言うと、1万分の1の存在より、100分の1の存在でもビジネススキルがある人の方が稼げるのです。

まぁ、この辺に関しては、優秀なマーケティングコンサルタントを雇えば解決する話ですが。
 

年収500万程度で良い人に関しては、ここまでの「1万分の1+ビジネススキル」で問題なく稼ぐことはできるでしょう。

ただ、最低1000万円以上は稼ぎたいという人や、一発屋で終わってしまわないためにはさらに100分の1の要素が必要になります。
 

3つ目のハードルの超え方、つまり、3つ目の100分の1の要素については、以前からお伝えしているように、コンテンツメイクのスキルを身につけて労働集約型のビジネスモデルから脱却することです。

次回は、その辺をもう少し掘り下げていきます。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ハードル経験や知識を売るための3つのハードル①前のページ

経験や知識を売るための3つのハードル③次のページハードル

関連記事

  1. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part2】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。前回からの続きです…

  2. マーケティング

    マーケティング

    マーケティングがあらゆる人間関係を解決する理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。YouTubeで『…

  3. 夢の国

    マーケティング

    夢の国の価値は「圧倒的な再現性の低さ」にある

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。コンサルティングや…

  4. オンラインサロン

    マーケティング

    誰も知らないオンラインサロンのオイシイ使い方

    こんにちは、 服部です。Twitterのタイムラインで、「オン…

  5. フリーライダー

    マーケティング

    フリーライダー(無料大好き客)は教育可能か?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。「無料にしか興味を…

  6. 貧乏

    マーケティング

    人間は貧乏から先に死んでいく【Part2】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。前回の【Part1…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. credit
  2. 洗脳
  3. 絶歌

最近の記事

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. 動画編集

    YouTube

    格安で買い叩かれる動画編集者と右肩上がりで稼ぎ続ける動画編集者の「違いをもたらす…
  2. Twitter ブログ

    コピーライティング

    ブログやTwitterの語尾は「断定形」で書くべきか「余白形」で書くべきかの基本…
  3. コミュ障

    WEB集客

    「社会不適合者やコミュ障は起業家に向いている」のウソ
  4. コンサルタント

    コンサルティング

    世の中には胡散臭いと言われれば言われるほど儲かるコンサルタントがいる
  5. コンサルタント

    つぶやき・仕事術

    災害時こそ「空・雨・傘」のコンサル思考を
PAGE TOP