殺し屋のマーケティング

集客・マーケティング




殺し屋のマーケティングの『7つのマーケティング・クリエーション』を実践してみた

こんにちは、服部です。

最近、僕の周りでも三浦崇典(@takanorimiura)さんの名著『殺し屋のマーケティング』を読む人が増えてきました。

僕は特定の誰かの本だけをひたすらゴリ押しすることはないんですが、この本に関してはかなり実践で”使える”ので宣伝しまくっています。

 
で、著者である三浦さんが、『蔦屋書店』における「7つのマーケティング・クリエーション」をペラ1で表現したものがコレ。

殺し屋のマーケティング

 
元ネタはこちらです。

 
読んでいる人は多いと思うんですが、実際に「7つのマーケティング・クリエーション」に自分のビジネスを当てはめてみた人はどれくらいいるでしょうか?

もし、まだ実践していないという人がいたらぜひやってみてください。

なぜ、「7つのマーケティング・クリエーション」が”使える”のかと言うと、現状把握(棚卸し)と今後のビジネスコンセプト明確化ができるからです。

7つのマーケティング・クリエーション

① STORY:旅立ちの理由
② CONTENTS:商品
③ MODEL:仕組み
④ EVIDENCE:実数値
⑤ SPIRAL:上昇階段
⑥ BRAND:信頼
⑦ ATMOSPHERE:空気

 
上記が「7つのマーケティング・クリエーション」なんですが、僕のビジネスの現状を「7つのマーケティング」に当てはめていきますね。

① STORY:旅立ちの理由

経営コンサルタント、マーケティングコンサルタントとして10年以上活動してきたが、コンテンツが乏しいにもかかわらず似非ブランディングで売れてしまう、

・ブランディング至上主義
・フォロワー数至上主義
・インフルエンサー至上主義

など、「商品は良くて当たり前」という本来のマーケティングとはかけ離れた潮流に疑問を抱く。

ただ、自分自身、コンテンツレベルが低い状態でTwitterやnoteを始めてみた結果、見事に反応が無いという経験をし、「やはり話題性やブランディングが先に必要なのか?」と思い葛藤。

しかし、結局のところ、その仕組みや流れというのは、コンテンツ力がなくても顔や名前が売れた人が教祖化され、また、その信者の一部が引っ張り上げられ、それより下の階層の人間は搾取され続けるという”マッチポンプヒエラルキービジネス”であり、個人の可能性を潰すマーケティングでしかないと気づく。

そんな空っぽのマーケティングの仕組みを破壊し、個人で継続的に稼げる経済圏をつくるために、再度、マーケティングコンサルタントである自分が、世の中の流れとは真逆の”コンテンツ至上主義”マーケティングに振り切って実践した。

インフルエンサーの踏み台になる人や、話題性のためにSNSで炎上して再起不能になる人が1人でも減ることを願って。

② CONTENTS:商品

SNSでのインフルエンス(影響力)を誇示したり、フォロワー数を増やさなくても集客に困らないマーケティングノウハウ。

また、

・ライティング(言葉、情報)
・ファッション(アイコン)
・WEBデザイン(サイトのイメージ)

を同時進行で進めていく手法で、インフルエンサーと比較された際にも対等に戦えるだけではなく、選択を勝ち得た後も充実したコンテンツで顧客をリピート化できる。

③ MODEL:仕組み

全ての集客フェーズで“コンテンツ(マネタイズ)集客”を行うことによって、無料でムダ撃ちをしなくて良くなるため、高度なスクリーニングが可能になり、効率の悪いビジネス展開が可能になる。

また、コンテンツ至上主義ならではのコンテンツ力は、

・コンサルティング
・コンテンツメイク
・アフィリエイト
・オンラインサロン
・ジョイントベンチャー

など、さまざまな横展開が可能になり、参入障壁の高い再現性の低いビジネスモデルとして他の追随を許さない。

参入障壁は高く再現性も低いが、そのハードルは準備期間と継続性、「世の中のマーケティングと真逆のことをする」という精神的ハードルであって、センスや才能、人脈、資金といったハードルではない。

そのため、情報発信を軸とするビジネスモデルはサラリーマンと並行しながらでも実践可能。

④ EVIDENCE:実数値

・Facebook(https://www.facebook.com/musashinya)フォロワー数:約300人
・Twitter(@FACTDEAL)フォロワー数:約1000人
・note(https://note.mu/ims_note)フォロワー数:約200人

という、いわゆる”弱小SNS”で、下記の数字以上のコンテンツ(note)売上をあげている人間は他にいない。


 
また、参加費3〜5万円という業界最高価格にもかかわらず、独自のオンライン“コンサル”サロンを小規模ながら複数運営しており、成約率や顧客転換率はインフルエンサーにも負けない。

⑤ SPIRAL:上昇階段

自社(FACTDEAL Inc. )によるコンサルティング実績も個人、法人を合わせて400件を超え、コンサルティング受注が対応困難な状況に。

特に依頼の多いアパレル業界のマーケティングサポートを強化すべく、アパレル業界、WEBデザイン業界のビジネスパートナーとアパレルのマーケティングに特化した会社(PLAY Inc. )を立ち上げ、ビジネスを成長させ続けている。

また、両社で、まだ他にはない新たなWEBサービスのリリースを準備中。

⑥ BRAND:信頼

SNSや、インフルエンサー、人脈、センス、才能、あるいは、業界の空気にすら依存せずに、個人でも法人でも継続的に(複数に分散して)利益を残せる次世代のマーケティング。

その独自のマーケティングを大々的に宣伝をしてブームにすることもなく、セミナーや複数に向けての養成システムもつくらず、信用できるクライアントのつながりだけにノウハウを提供していくので、現在のポジションが急速に侵される可能性は低い。

また、“コンテンツの積み上げ”は簡単に真似することができないため、大幅にサボらない限りライバルに追いつかれることもないどころか、別カテゴリーのビジネスへどんどんハシゴの架け替えが可能になる。

⑦ ATMOSPHERE:空気

インフルエンスやフォロワー数を掲げてブランディング先行型のビジネスをすることは愚かで恥ずかしい。

コンテンツを積み上げていくことでブランドができあがっていくので、どんな立場の人でもチャレンジできるマーケティング。

そして、マーケティングコンサルタントは、「価格にかかわらず、購入者の人生が豊かになる商品(サービス)を拡げていくこと」という本来の役割を担うことに回帰する。

マーケティングの未来

どうでしょう?

まだ、ATMOSPHERE(空気)とまではいきませんが、独自の経済圏に置いてBRAND(信頼)までは昇華できているかなという感じです。

かなりザックリと表したので、まだまだ掘り下げたり詰めるポイントはありますが、参考になれば幸いです。

ぜひ『殺し屋のマーケティング』を読んで、これからのマーケティングは、「情報」と「コンテンツ」が必須基盤になり、そして「デザイン」や「ファッション」が混ざり合うことで、ブランドや空気になっていくということを知ってください。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  2. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  3. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  4. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. コンサルタント

    経営・ビジネス

    コンサルタントの年収アップに欠かせないニーズとウォンツの基本概念

    こんにちは、服部です。起業した経営コンサルタントで年収が100…

  2. GENKING

    SEO戦略

    GENKINGに学ぶInstagram(インスタグラム)マーケティング

    こんにちは、服部です。この記事、ヒントが盛りだくさんです。…

  3. ジェット二宮金次郎

    マインドセット

    ジェット二宮金次郎から学ぶ情報弱者レベルテスト

    こんにちは、服部です。はい、これ誰だかわかりますか?…

  4. 集客・マーケティング

    浜崎あゆみから学ぶブランドの落とし穴

    こんにちは、服部です。僕はまったくファンではないんですが、…

  5. ニーズ ウォンツ

    ブログ集客

    ビジネスにおけるニーズとウォンツの明確な違いとは?

    こんにちは、服部です。あなたのビジネスは”ニーズ型”でしょうか…

  6. 集客

    経営・ビジネス

    儲かっていない原因が「集客力」だという大いなる勘違い

    こんにちは、服部です。​誰でも参入できる業界ではなく、再現性が…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. 洗脳
  2. 阪神大震災
  3. コンサル
  4. コンサル

最新記事

  1. 「社会不適合者やコミュ障は起業家に向いている」のウソ
  2. 現代版コンサルタントのなり方
  3. 炎上に飽き足らない人はビジネス・リストカットに走り出す
  4. 個人ビジネスで生き抜くための『承認欲求タイプ別マーケティング…
  5. 殺し屋のマーケティングの『7つのマーケティング・クリエーショ…

服部のアタマの中

  1. プロフィール

    コピーライティング

    ライバルが誰も知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブログプロフィールの書き…
  2. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと
  3. アフィリエイト

    WEB集客

    クライアントを効率良く稼がせるために、ビジネス系コンサルタントはアフィリエイトく…
  4. 西野亮廣

    洗脳・マインドコントロール

    キンコン西野くんが「えんとつ町のモンスター信者」に食いつぶされる日
  5. 殺し屋のマーケティング

    集客・マーケティング

    殺し屋のマーケティングの『7つのマーケティング・クリエーション』を実践してみた
PAGE TOP