SNSマーケティング




Facebookの新機能「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」ボタンが及ぼす思考停止の危機

Facebookが2016年1月14日から、
新しいボタンとして、

「超いいね!」
「うけるね」
「すごいね」
「悲しいね」
「ひどいね」

を追加しました。

テストの要素が強そうなので、
今後、継続されるかどうかはわからないですが。

PCでは旧「いいね!」にマウスオーバーすると、
6つのボタンが現れます。

携帯では「いいね!」の長押しという情報もありますが、
今のところiPhoneのアプリでは反応しません。

ちなみに、コメント欄は旧「いいね!」のままです。

今までよりいろんな感情表現ができて便利ですし、
発信者が現実的な反応を知るために、
なかなか良い機能じゃないかなと思います。

が、同時に、コメントする必要性が少なくなって、
ユーザー同士のコミュニケーションが
今までよりも減るんじゃないかなとも思いますね。

今までは素直に投稿に共感できない場合や、
逆に強く共感する場合は、
何かしらのコメントを入れていたものが、
「超いいね!」「ひどいね」で済みますからね。

ただでさえ思考停止になってるSNSユーザーが、
発信する言葉さえ必要がなくなったら
さらに思考停止が酷くなるんではないかと心配です。

今回のこの機能、あなたはどう思いますか?

PS

マーケティングに及ぼす影響に関しては、
また別の記事でそのうち発信しようと思ってますが、
まぁ、情報操作が増えそうな気はしますね(笑)
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  2. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  3. ステップメールの1通目:つかみと共感
  4. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
  5. 集客に欠かせないオシャレでSEOに強いブログ&ホームページ(TCDのハイクオリテ…

関連記事

  1. 金の卵

    マインドセット

    USPをつくるには(本当の)強み発掘と弱みの管理が必要

    こんにちは、服部です。多くの人が、ライバルと差別化しようとして…

  2. GENKING

    SEO戦略

    GENKINGに学ぶInstagram(インスタグラム)マーケティング

    こんにちは、服部です。この記事、ヒントが盛りだくさんです。…

  3. 逆張り

    SNSマーケティング

    アンチ・トレンド(逆張り)戦略の天国と地獄の分かれ目

    こんにちは、服部です。ビジネスで勝ち続けるためには、・…

  4. クライアント

    集客・マーケティング

    零から壱へ

    こんにちは、服部です。更新を減らすと言いつつ、、、あと3日くらいは…

  5. SNSマーケティング

    起業してまで副業禁止を強いられる起業家たち

    こんにちは、服部です。起業や副業のビジネスの相談を受けるときに…

  6. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側①:現代版アメブロで生き残るために

    こんにちは、服部です。アメブロユーザーの数は昨年の時点で4,0…

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

オンライン”コンサル”サロン

consul cafe

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. AI
  2. books
  3. サイコパス
  4. トレンド

最新記事

  1. 世の中の「正しいこと」を支持している時点でもう搾取される側に…
  2. ケイティ・ペリー以外のインフルエンサーは全員ザコである
  3. ブロガーとサイコパスと私
  4. アフィリエイトをする者の覚悟と責任
  5. 12月1日にメルマガを配信するという愚策リストマーケティング…

服部の普段のアタマの中

  1. コンサルタント

    WEB集客

    なぜコンサルタントやコーチはセミナーをせずに収入を獲得できなければ生き残っていけ…
  2. 2016

    つぶやき・仕事術

    2016年に良く読まれた劇薬ブログ記事10選+オマケ
  3. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part5 ~洗脳 /マインドコントロール~
  4. ブルーオーシャン

    コンサルティング

    ブルーオーシャンではなく「グレーオーシャン」を推奨するトンデモなコンサルタントた…
  5. Facebook

    SNSマーケティング

    Facebookの超危険なワンクリックで人生を終わらせたい人たち
PAGE TOP