マインドセット

スピリチュアル系ビジネスの集客について【前編】

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

スピリチュアルを信じるか信じないか、というのは、ヒーラーやカウンセラーの集客の仕事もする僕にとって、ある意味永遠のテーマかもしれません。

ちなみに今まで、ガッツリ系のスピリチュアルカウンセラーの集客は、お手伝いしたことはありません。

目に見えないと言っても、マーケティングコンサルは、心理学や、科学(数字)で表せますが、スピリチュアルは完全に見えませんからね。

信じるか信じないかという話より、客さんにとって正しいか正しくないかで判断してます。

正しいか正しくないかの基準

都合のいいことを言って(言われて)「これでよかった」と意味不明な納得をさせて(して)思考停止にさせる(する)のは違います。

ましてや、それでお金を儲けるのはもっと違う。

ちゃんと現実を受け止めて、これからの行動の糧にできるのであれば、ある種の教義を受け入れるのもありだとは思います。

今世でしっかりと修行して苦労をすれば、来世では必ず良いことがあるといったような、来世利益を約束するような発言も違うと思います。

因果応報として、天に向かってツバを吐けば、そもまま自分の顔に落ちてくるというのは、当然のこととしてわかります。

でも、凄い勢いで天に向かってツバを吐いたとして、何百年後に今度は自分の生まれ変わりの顔に、そのツバが落ちてくるというのは違うかと。

同じように、何百年も前に吐かれたツバが、今の自分の顔に落ちてくるというのも違うかと。

自分が克服したいものがあるのであれば、それと徹底的に向き合って必死に考えることが、ある意味、本来人間がやるべきことだと思います。

宗教やスピリチュアルはほぼ、死後の世界や輪廻転生という概念があります。

しかし、極論、死への恐怖があるのであれば、そこから目をそらさず、徹底的に向き合うべきであって、”来世があるから心配する必要はない”という思想は、それこそ思考停止の典型です。

バランスを保てるのであればOK

全てのスピリチュアルを否定するわけではなくて、要は思考のバランスだと思ってます。

仏教で言うところの”中観”の思想でしょうか。

仮観に偏りすぎていてもいけないし、空の思想にどっぷり使ってるのも危険ですから。

昔も今もメディアやマスコミは、頭のおかしいカルト教団として片付けましたが、本当はそんなレベルの話ではないんですよね。

空観を誤って突き詰めた「ポア」の思想によって、オウムは地下鉄サリン事件を起こしました。

でもそれも、チベット密教を忠実に正確に再現して、それを現代都市でやっただけの話です。

これって、めちゃくちゃ恐ろしいことですよね。

あれだけの信者をマインドコントロールして、中には、東大理系卒の信者も多数いたわけですし。

教団や教祖にどこまでの私利私欲が絡んでいたのか、そこに関してはわかりません。

ただ、宗教団体として、教義の通りに、ただ素直に実践しただけなんです。

宗教におけるバランスの欠如と思考停止による、最悪の結果の見本ですよね。

身を守るために知っておく世界

オウム真理教の地下鉄サリン事件は、宗教やスピリチュアルの最悪なゴールですし、今後も起こりうる可能性があるわけです。

だってあれだけのことがあったにもかかわらず、スピリチュアルブームは加速しています。

当時のオウムの地下鉄サリン事件のことを、なんとなくしか知らない若い世代が、これからもどんどん加速させていくと思います。

そうなると、また同じようなことが起こる危険性は。いくらでもあると思います。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. emotion
  2. アノニマス

    SEO戦略

    テロとアノニマスとWEB集客

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。パリで起きた同時多…

  3. Twitter ブログ
  4. マーケティング

    マーケティング

    マーケティングは正義、セールスは悪だと勘違いしている人へ

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。マーケティングとセ…

  5. コンサルタント
  6. カリスマ

無料メール講座

定期購読マガジン

オンラインサロン

オススメの記事

  1. コンサルタント
  2. お金原論
  3. 起業コンサル
  4. ジョーカー

最近の記事

  1. コロナ
  2. Brain 迫佑樹
  3. 情弱
  4. サラリーマン

服部のアタマの中

  1. マーケティング

    マーケティング

    「知られていないことは存在していないのと同じ」と言うけど、そもそも「知られても良…
  2. note

    note戦略

    noteのポテンシャルを甘く見ている人が後悔する理由をコッソリ教えます
  3. time

    つぶやき・仕事術

    10,000時間よりも3,333時間
  4. アメブロ

    WEB集客

    令和時代は絶対にアメブロで集客をしてはいけない2つの理由
  5. コンサルティング

    コンサルタントVSブロガーVSアフィリエイターVS情報商材屋
PAGE TOP