ステップメール

WEB集客

ステップメールの2通目:共通の敵の設定

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

ステップメールの2通目は『共通の敵の設定』です。

1通目で無事に「つかみはOK!」となったところで、2通目の内容に入っていきます。

ネガティブな内容(敵)を共感するというのは、人が仲良くなるきっかけになります。

きっとあなたも経験があると思います。

「アイツってムカつくよね~」
「だよね~!わかるわかる~!」

みたいなやりとり(笑)

共通の敵を設定するというのは、ネガティブな情報を共有することに他なりません。

具体的な共通の敵とは?

もう少しわかりやすくお伝えすると、見込み客(読者)の成功をジャマしてるものや、ツライと感じているものを共有するということです。

で、ここで重要なことは「何とか解決できそう」ということです。

言い換えると、自分の力の及ぶ範囲であることです。

「自民党政権が続いてるから将来が心配」
「東京オリンピックに資金を投入しすぎだ」
「日本でこれ以上税金を取られたくない」

といったネガティブな内容の原因を追求したところで、個人の力ではまずどうにもなりませんよね(笑)

ではなく、

・自由な時間がほとんど確保できていない
・月収が横ばいでモチベーションが上がらない
・アクセスはあるのにブログから集客ができない

といった、個人の力で何とでもできそうなことで、ネガティブな印象を与えているものが共通の敵です。

あるいは、ダイエットで言うと、

・どれだけがんばってもリバウンドする
・毎日激しい運動しなければ痩せない
・食事制限をしなければ痩せない

といったことが共通の的になります。

この共通の敵をいかにして倒すかということを、3通目のヒーローストーリーで語っていくわけです。

次のメールへの布石

お気づきかもしれませんが、すべてのメールは次のメールを読んでもらうための、重要な布石になっています。

なので、後味が悪くないように完結させつつ、次回予告を臭わせるとうことが必要だということです。

そのためには、やはり最初のメールが肝心で、最初から共通の敵がズレてしまっていると、解決策やスクリーニング、オファー、セールスなど、すべてがズレてしまいます。

見込み客の本当の敵は何かを理解しておきましょう。

推奨メルマガスタンド

アスメル

日本初!使いたい放題、無制限のステップメール「アスメル」


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ステップメールステップメールの1通目:つかみと共感前のページ

ステップメールの3通目:ヒーローストーリー次のページステップメール

関連記事

  1. アメブロ

    SEO戦略

    アメブロで売上につながる読者を獲得する方法【 Part1】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。そこそこ人に役立つ…

  2. コミュ障

    WEB集客

    「社会不適合者やコミュ障は起業家に向いている」のウソ

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。なぜか、​「起業家…

  3. ブログ

    コピーライティング

    ビジネスモデル別ブログの書き方3パターン

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ビジネスの目的やマ…

  4. マーケティング

    IBCバズマーケティングを成功させた10のポイント

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。最近、少しブームも…

  5. ブログ
  6. ミルフィーユマーケティング

    マーケティング

    美味しいビジネスをつくる『ミルフィーユマーケティング』の仕組み

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。下記のようなオンラ…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

オススメの記事

  1. books
  2. デブ コンサル
  3. 女性起業家
  4. 質問
  5. ブログアイキャッチ

最近の記事

  1. 広告運用
  2. 目標と行動
  3. twitter
  4. 起業と撤退
  5. コロナ

服部のアタマの中

  1. 起業

    経営・ビジネス

    会社や学校を辞めなきゃできないような起業はあきらめよう
  2. 週刊文春

    政治・経済

    そしてこれからも「文春砲(週刊文春)×LINE」という捏造されたニーズに自分の人…
  3. WEB集客

    コンテンツの「どこまでが無料でどこからが有料か」という時代遅れな考え方
  4. Twitter

    SNSマーケティング

    コンサルタントが教えるどんどん賢くなるTwitterの使い方
  5. ゴミ記事

    WEB集客

    ブログのゴミ記事整理は「生け捕り方式」であらゆるリスクを回避しよう
PAGE TOP