洗脳・マインドコントロール

人は無意識に情報を取捨選択している【Part2】

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

 
からの続きで、後半の記事になります。

無意識に何かをしてしまう2つのパターンですが、あなたはどちらのパターンにあたるでしょうか?

無意識のパターンは2つ

無意識に何かをやってしまうとうことには、2つのパターンがあります。

まず一つは、習慣化されているということです。

良くも悪くも継続することによって、無意識レベルで思考し、行動しているパターンです。

もう一つは、何らかの目的があるということです。

目的を達成するためにしている思考や行動が、”無意識だと思ってるだけ”というパターンです。

アドラー心理学的に説明をすると、「ついカッとなって子供を叱りつける」というのも、実は、目的があってのことだというのです。

たとえば、母親が子供を叱りつけてるときに、電話がかかってくると、そのままのトーンではなく、よそ行き用のトーンに一瞬でチェンジできるのは、ある目的を達成するためだと。

つまり、子供を威圧して調教する目的として、怒りという道具を使っているにすぎないわけです。子供の教育はマインドコントロールの一種ですから。

あなたが無意識にやってしまってることは、習慣によるものでしょうか?

それとも、目的達成のためのものでしょうか?

あるいは、その両方である可能性もありますよね。

僕の場合は両方かも知れません。

僕は昔からすぐに「なぜ?」と考える習慣があり、自分に対してだけではなく、他人に対してもです。

ポジティブな部分もネガティブな部分も含めて、

「自分はなぜ●●なんだろう?」
「この人はなぜ■■なんだろう?」
「あの人はなぜ▲▲なんだろう?」

と考えるクセがついています。

目的という視点で考えると、

「もっと人の役に立つ仕事をしないといけない」
「今の仕事は人の役に立っているのだろうか?」

と、どこかで思っているところがあると思います。

あなたも習慣と目的の2つの角度から、自分の無意識と向き合ってみてはどうでしょうか。

自分がしたいことではなく、”すべきこと”があって、それはすでに見えているのかもしれません。
 

PS

ちなみに最初に紹介した少年と少女は、マインドコントロールではなく洗脳されています。

あるいは、両方のミックスです。

マインドコントロールは外側に恐怖が存在するのに対し、洗脳は内側に恐怖が存在します。

子供に「悪いことをすると閻魔様に舌を抜かれるよ」と刷り込むのは、マインコントロールの定義になります。

新興宗教によくあるように、

「外の世界にはあなたを苦しめるものがいっぱい」
「だからあなたはずっと教団にいたほうがいい」

と言って、社会を敵視するのと考え方は同じです。

アメブロなどの一門(師弟)型ビジネスや、泣いて抱き合うようなセミナービジネスも同じですね。

一方、暴力や虐待、DVなどで言うことを聞かすのは、内側に恐怖を植え付けるので、洗脳ということになります。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. Facebook
  2. Twitter ブログ
  3. マーケティング

    嫌われ者こそ声を大きくしなければならない理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。「別にそんなに嫌わ…

  4. emotion
  5. マインドセット

    スピリチュアル系ビジネスの集客について【前編】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。スピリチュアルを信…

  6. 洗脳・マインドコントロール

    起業コミュニティは風俗店である

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。あなたは風俗店って…

無料メール講座

定期購読マガジン

オンラインサロン

オススメの記事

  1. credit
  2. サイコパス
  3. 善と悪
  4. キングコング

最近の記事

  1. コロナ
  2. Brain 迫佑樹
  3. 情弱
  4. サラリーマン

服部のアタマの中

  1. 洗脳・マインドコントロール

    2018年を勝ち抜くための「戦略的サイコパス」とは?
  2. 演繹法 帰納法

    マーケティング

    演繹法と帰納法の上手な使い方
  3. music

    note戦略

    『YouTube × note』でシンプルにマネタイズする方法【ミュージシャン編…
  4. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと
  5. twitter

    SNSマーケティング

    Twitterをビジネス活用する上で一番恐ろしいこと
PAGE TOP