自由

マインドセット




「自由」とは「やりたいことをやって生きること」ではない

こんにちは、服部です。

本当の「自由」というのは人のために何かをしている時だというのは僕の生きる上での指針です。

誰かに教えられたというわけでもなく、自分で気づいたことです。

まぁ、いつかの誰かからのアドバイスによって昇華されたのかもしれませんが。
 

いずれにせよ、自分のために何かをするということには自由も幸せもほとんど感じません。

なので、僕のモットーでもある、

好きなときに
好きな場所で
好きな人と
好きなことを
好きなだけする

というライフスタイルで一番外せないのはやはり「好きな人と」なわけです。

他の何が欠けても良いけどこの「好きな人と」だけは外せないのです。

単に寂しがり屋なだけなのかもしれませんが。
 

まぁ、この辺りの話は今までも何度もしてきているのですが、今回はもう少し論理的に伝えたいなと思いまして。

自由という思い込み

僕は沖縄が好きでよく旅行に行くのですが、そもそも沖縄のこと好きになったのは嫁が好きだったからです。

嫁が行きたいというから行っただけです。

で、行ってみたら、海もキレイで料理も美味しくて何よりそこに人が好きになったわけですね。

そこから、リアルでもネット上でも沖縄の人とつながるようになり、逢う人逢う人みんな優しくて魅力的で才能に溢れているということに気づきました。

そうして、さらに、そんな彼ら、彼女らが住む沖縄という場所は本当はどんな場所で、どんな想いで生きているのか、どのようにして育てばそうなるのかなどに深く興味を持つようになったわけです。

 
他の場所に旅行に行くときもそうで、流行りだからとか、世界遺産があるからとか物理的な目的で行くことはありません。

尊敬している人がいたら、その人がどんな場所で育ったのか、そこで何に触れて生きてきたのかを知りたくてその場所に足を運ぶということが多いです。

実際に好きな人に会いに行ったりと。
 

これって、魂に従っている状態なんですよ。
 

SNSで誰かが沖縄旅行をアップしいるのを見て「羨ましい!自分も沖縄に行きたい!」とかではないわけです。
 
旅行以外のことでもでも同じです。
 

車を買うときも、嫁が海が好きだから綺麗な青の車にしようと思って選びました。

誰かがフェラーリに乗っているから、「オレもフェラーリに乗ってやるぜ!」なんてアホなことはするはずもなく。
 

住む場所を選ぶ時もそう。

嫁とこれから生まれてくる子どもにとって良い環境であるように考えました。

 
お金稼ぐこともそう。

「誰かが年収1億円稼いでいるからオレは3億稼いでやるぜ」とかはなく。

嫁や子どもにしてあげたいことや絶対に整えてあげたい環境があるからそのためにこれだけや稼ぐというのを決めてやっているだけのことです。
 

誰かが良い車に乗っているから、誰かが良い家に住んでいるから、誰かが良いものを食べているから、だから自分もそれを手に入れたいというのは魂に従っていると言えますかね?

超表面的で信念もないですよね。
 

もうわかりますよね?

なぜ、自分のために何かをしている時が不自由な状態なのかというと、そもそも自分のやりたいことというのが思い込みである可能性が非常に高いからです。

自分がやりたいことの大半は誰か他の人がやっているのを見て、自分もそれがやりたいと思ったりそれを手に入れたいと思うことなんですね。

 
であれば、自分の欲求に従ってそれを手に入れて喜んでいる状態というのは、自由でも何でもなくただの「ピエロ」です。

メディアによって洗脳されているだけです。

なぜお客さんを選ぶのか

一方、誰か好きな人のために一生懸命何かをしている時というのは、自分の欲望や欲求は心には全くありません。

好きな人にプレゼントを選ぶときとか、自分の欲望とか入り込むスキはありますか?

まぁ、誰かを落としたいとかであれば、プレゼントを選ぶときも自分の欲求がギラギラしてるでしょうけど。

それはもはや「誰かのために」ではないので。

 
誰かから何かを言われたわけでもなく、メディアで何か情報を見たわけでもなく、自分が好きだと思う人に対して全力で何かをしている状態こそが自由です。

何の邪念もなく、本当の意味で自分がやりたいことをやっているわけなので。
 

だから、自分の欲求に従っている時よりも誰かのために何かをしている時の方が何にも縛られていない自由な状態なんです。

 
僕がお客さんを選ぶ理由もそこにあります。

好きでもないお客さんと仕事をするのは、そんなものは自由ではないからです。

「ちょっとイヤなお客さんだけど給料もらうためにガマンガマン…」

とか思いながら仕事するなんか自由どころか終わっているじゃないですか。
 

仕事相手やお客さんが好きな人であれば努力とも苦労とも思いません。

何時間働こうが別にしんどくないわけです。

傍から見たら拘束されているように見えますが心は最高に自由な状態です。
 

まぁ、身体的な疲労に気付かずに たまに倒れてしまうことはありますが。

こういうスタイルで仕事をしている人には共感してもらえると思います(笑)

1日1つでも好きな人のために

最初に例を出したように、自分がやりたいことをやっている場合でもそれが、自分の魂に従っている場合は限りなく自由に近い状態だと言えるでしょう。

しかし、何らかの影響を大きく受けてそれが自分のやりたいことだと思ってやり、瞬間的な自由や幸せを感じているとしたらそれは間違いなく「不自由」です。

その証拠に、それを続けていても幸福感や満足感は長くは続かないはずです。

 
ただ、残念なことに子どもの頃から洗脳され続けている僕たちは思い込みだということに気づきません。

お金を稼いで好きなことをやることだけが自由で幸せな人生だと勘違いしている人が多いのはそのためです。
 

本当の自由に気づく方法はただ1つ。

好きな人のためだけに何かを全力でしてあげるということです。

本気でやってみれば、それが自分の「思い込み欲求」を消化している時より自由で幸せだということに気づきますから。
 
1日1つでも1分でも良いので、好きな人のために全力で何かしてください。
 

キレイゴトの話でもなんでもないので、自分の欲求を全て捨てろというわけではなくアクションの柱は「好きな人のために」に置きましょうということです。

誰かに与えられた目標や欲求を追いかけていつもモチベーションが続かない人はいっそ人のために全力でやる方が良いです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  2. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダーの推敲・校閲支援ツ…
  3. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  4. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  5. ステップメールの7通目:予告とオファー

関連記事

  1. 洗脳

    洗脳・マインドコントロール

    哲学と洗脳

    こんにちは、服部です。人間、生きていると「哲学」ができてきます…

  2. ブログ

    ブログ集客

    【ブログ療法】心が病んでいてしんどい時ほどブログを書くべき3つの理由

    こんにちは、服部です。今までブログを書いたことがない人も、普段…

  3. 四元亮平

    ブログ集客

    お願いだからブログを書いてください

    1.「そもそも何のためにビジネスをやっているのですか?」2.「あな…

  4. コーチング

    コンサルティング

    あなたが指導者(コーチ・メンター)を選ぶ基準は?

    こんにちは、服部です。先日、Facebookで記事をシェアした…

  5. 見込み客

    洗脳・マインドコントロール

    見込み客の5つの意識レベル

    こんにちは、服部です。市場の需要や潜在顧客、顕在顧客という言葉…

  6. 洗脳・マインドコントロール

    嫌われ者こそ声を大きくしなければならない理由

    こんにちは、服部です。「別にそんなに嫌われてないんとちゃうん?…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. ケイティ・ペリー
  2. デブ
  3. 週刊文春
  4. はあちゅう
  5. 阪神大震災

最新記事

  1. 「社会不適合者やコミュ障は起業家に向いている」のウソ
  2. 現代版コンサルタントのなり方
  3. 炎上に飽き足らない人はビジネス・リストカットに走り出す
  4. 個人ビジネスで生き抜くための『承認欲求タイプ別マーケティング…
  5. 殺し屋のマーケティングの『7つのマーケティング・クリエーショ…

服部のアタマの中

  1. インフルエンサー

    SNSマーケティング

    インフルエンサーが煽る「評価経済社会における基礎体力はSNSのフォロワー数」の大…
  2. 努力不要論

    マインドセット

    努力が報われないのは遺伝で決まっている
  3. 洗脳・マインドコントロール

    2018年を勝ち抜くための「戦略的サイコパス」とは?
  4. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part3 ~マーケティング系~
  5. BEAMS

    集客・マーケティング

    BEAMSの秀逸なプロモーションビデオが教えてくれるアパレル販売員のあるべき姿
PAGE TOP