マーケティング

過去・雑記

日本は「ガマン」欧米は「Why?」

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

マーケティングにおいて、日本はアメリカに2~3年遅れをとっていると言われています。

その理由の1つに

欲求に対しての意識の違い

があります。

日本では、子どものときに欲しいものを親に言うと「ガマンしなさい」と言われます。

アメリカでは、欲しいものを親に言うと、Why?つまり「なぜ?」と欲しい理由を聞かれます。

そして子どもは、親を説得するように考えて説得できれば手に入れられるわけです。

そりゃぁ遅れをとるわっていう話ですよね。

生まれつき、欲しいものを素直に表現して、それを手に入れるために”説得”するという習慣があるんですから(笑)

日本では”欲求”を素直に表現することは”汚い”というイメージというか、文化があります。

子どもの頃の「これが欲しい」という欲求をおさえるという習慣が、ビジネスにも大きく影響を与えてしまってるんです。

「私は○○という価値をあなたに与えるので、代わりに○○円ください」

という当たり前のことをしてるだけのはずなのに、セールスをすることに対して、後ろめたさを感じてしまう人がほとんどです。

結局のところ、マーケティングって、○○を買って欲しいという”欲求”を伝えてその○○の価値を100%伝えるスキルです

でもこれって、セールスだけに限らず、全てののコミュニケーションで必要ですよね。

「私と付き合って欲しい。私は○○なので△△であなた幸せにできます」
「私を採用して欲しい。私は○○なので△△というメリットがあります」
「私の給料を上げて欲しい。○○をして△△という結果を残します」

重要なのはあなたに○○のメリットがあるということですよね。

ブログでもメルマガでもチラシでも、広告でも、セールスレターでも、

私は○○だから
この商品は○○だから
このサービスは○○だから

で、説得が終わってしまってる人が多いです。

残念なことに”単なる特徴”を伝えるだけで終わってしまっています。

あなた(商品・サービス)の”特徴”
他人(お客)にどんな”変化”をもたらし

その変化によって

他人(お客)はどんな”状態”になれるか

この考えはきっとあなたのビジネス、プライベートで活用できます。

ぜひ習慣づけてみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

立+木+斤=?前のページ

コピーライティングが学べるところ次のページ

関連記事

  1. リスク

    過去・雑記

    ビールと梅干とリスク

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。事前のリスク回避は…

  2. ルーティン

    過去・雑記

    ルーティン化する5つの理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ルーティンという言…

  3. guilty

    過去・雑記

    知らないことは罪

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。プライベートにおい…

  4. ハリウッド

    過去・雑記

    消える芸能人と消えない芸能人

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。面白くもなく魅力も…

  5. メディア

    過去・雑記

    テレビを見るとバカになる理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。昔から、テレビばっ…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

オススメの記事

  1. オンワード
  2. 報われない 死にたい
  3. ブロガー
  4. AI

最近の記事

  1. ブログ集客
  2. family
  3. 動画編集
  4. ブログ集客
  5. family

服部のアタマの中

  1. AI

    洗脳・マインドコントロール

    AI時代に真っ先に失業するのは「好きなことを仕事にしている人」です
  2. twitter

    SNSマーケティング

    バズったツイートを分析してみたら情報発信の超基礎だった話
  3. Twitter ブログ

    コピーライティング

    ブログやTwitterの語尾は「断定形」で書くべきか「余白形」で書くべきかの基本…
  4. TCD WordPress NUMERO

    WEB集客

    作品と言葉で戦うクリエイター&アーティスト向けWordPressテーマ『NUME…
  5. time

    つぶやき・仕事術

    10,000時間よりも3,333時間
PAGE TOP