マーケティング

過去・雑記

日本は「ガマン」欧米は「Why?」

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

マーケティングにおいて、日本はアメリカに2~3年遅れをとっていると言われています。

その理由の1つに

欲求に対しての意識の違い

があります。

日本では、子どものときに欲しいものを親に言うと「ガマンしなさい」と言われます。

アメリカでは、欲しいものを親に言うと、Why?つまり「なぜ?」と欲しい理由を聞かれます。

そして子どもは、親を説得するように考えて説得できれば手に入れられるわけです。

そりゃぁ遅れをとるわっていう話ですよね。

生まれつき、欲しいものを素直に表現して、それを手に入れるために”説得”するという習慣があるんですから(笑)

日本では”欲求”を素直に表現することは”汚い”というイメージというか、文化があります。

子どもの頃の「これが欲しい」という欲求をおさえるという習慣が、ビジネスにも大きく影響を与えてしまってるんです。

「私は○○という価値をあなたに与えるので、代わりに○○円ください」

という当たり前のことをしてるだけのはずなのに、セールスをすることに対して、後ろめたさを感じてしまう人がほとんどです。

結局のところ、マーケティングって、○○を買って欲しいという”欲求”を伝えてその○○の価値を100%伝えるスキルです

でもこれって、セールスだけに限らず、全てののコミュニケーションで必要ですよね。

「私と付き合って欲しい。私は○○なので△△であなた幸せにできます」
「私を採用して欲しい。私は○○なので△△というメリットがあります」
「私の給料を上げて欲しい。○○をして△△という結果を残します」

重要なのはあなたに○○のメリットがあるということですよね。

ブログでもメルマガでもチラシでも、広告でも、セールスレターでも、

私は○○だから
この商品は○○だから
このサービスは○○だから

で、説得が終わってしまってる人が多いです。

残念なことに”単なる特徴”を伝えるだけで終わってしまっています。

あなた(商品・サービス)の”特徴”
他人(お客)にどんな”変化”をもたらし

その変化によって

他人(お客)はどんな”状態”になれるか

この考えはきっとあなたのビジネス、プライベートで活用できます。

ぜひ習慣づけてみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

立+木+斤=?前のページ

コピーライティングが学べるところ次のページ

関連記事

  1. 蛍光ペン

    過去・雑記

    本に蛍光ペンは使うな!

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。あなたは何かの学び…

  2. 箍

    過去・雑記

    心の箍を外す3つの方法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。本日、奄美大島が梅…

  3. 過去・雑記

    集めると集まるの違い

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。集客は集めるんでは…

  4. セッション

    過去・雑記

    映画『セッション』で学ぶ、人をダメにする2文字の英語

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕は映画が好きで、…

  5. 過去・雑記

    時代に取り残されないために

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。今後10年で人間が…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. 炎上
  2. 女性起業家
  3. 女子高生
  4. フリーライダー
  5. コンサル

最近の記事

  1. ライフスタイル

服部のアタマの中

  1. Twitter

    SNSマーケティング

    コンサルタントが教えるどんどん賢くなるTwitterの使い方
  2. コンテンツ

    WEB集客

    すぐに「〇〇はオワコン」発言をする人はお客さんとコンテンツに対して愛がなさすぎる…
  3. コンサル

    コンサルティング

    常に付加価値を生み出せる「コンサル脳」にアップデートする方法
  4. サラリーマン

    つぶやき・仕事術

    そろそろ一周回って起業家ではなく「スーパーサラリーマン」が輝く時代に
  5. 広告運用

    経営・ビジネス

    情報発信が苦手な人が悪いことをせずにビジネスを軌道に乗せる方法
PAGE TOP