東京オリンピック

過去・雑記

2020年東京オリンピックまでに絶対にやらなければならないこと

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

商品を売るためにお客さんを獲得するのではなくお客さんを獲得するために商品を売る。

この言葉はマーケティングをしている人間にとってはごくごくあたりまえの言葉です。

しかし、この言葉の本当の意味をちゃんと理解してる人はどれくらいいるでしょうか?
 

たとえば、日本の多消費世代の人口は2016年に頭打ちし、どんどん減少していきます。

さらに、日本全体の人口が減っていくことは知ってますよね。

なので、今くらいの、ある程度の悪くもない景気が続くのは、2020年くらいまでだと言われています。
 

で、2020年にあるのが東京オリンピック。

これが終わると、国債の価値が下がって円安に振れます。

そうすると物価が上がってインフレが起こるわけです。

そして、今あなたが蓄えているお金の価値が下がります。
 

であれば、これからあなたがしなければいけないことは、6年後に向けて、お金を貯め込んでいくことではなくて、できるだけ多くのお客さんと繋がって関係性を築くことです。

お金の価値が高い今の間にそのためにガンガン投資をするんです。

ビジネスにおいて、お客さんは最大の資産ですから。
 

お金の価値が下がっても、お客さんという最大の資産がお金を生み出してくれます。

また、あなたのブログも金融資産になるでしょう。
 

2020年以降、不況になっていくことはわかっていても、「じゃぁ何をしていくべきか?」を真剣に考えている経営者はほとんどいません。

ということは、当然潰れる会社が多数出てくるわけです。

つまり、自分でビジネスをしている人間だけじゃなくて今までキャリアを積み上げ、終身雇用を期待している、サラリーマンにも大きな影響が及ぶということです。
 

会社のために身を粉にして働いてる場合じゃないんです。

いかに自分の価値を高めて、その価値を社外の人(顧客)に認めてもらうか、そういう人たちとどれだけ多く繋がれるかが重要になってきます。

サラリーマンじゃ心配だと思って手を出している副業もそう。

家計の足しにと、小遣い稼ぎしてる主婦にしてもそうです。

『副業』ではなく『複業』のマインドセットが必要です。

今すべきことは将来価値が下がる小遣いを稼ぐことじゃなく、お金を生んでくれるお客さんという資産を得ることです。
 

下の画像は超インフレになったジンバブエの買い物風景。

東京オリンピック

これは缶ジュースとパン1個を買うのに必要な札束(笑)

「これじゃいかん」とその後に発行された100兆ジンバブエドル。

東京オリンピック以降は人ごとじゃないですよね。
 

あくまでも可能性の話なので、ジンバブエやギリシャを見て人ごとだと思って過ごすのか、明日は我が身と思って備えるのかはあなたの自由です。

あなたはあと6年、今日から何をしますか?


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

成功者だけが知っている決断の質と方法前のページ

『研修中』の名札は必要ですか?次のページ

関連記事

  1. 過去・雑記

    信用できるコンサルタント

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。コンサルティングや…

  2. 美容師

    過去・雑記

    美容師さんの『プライド』と『誇り』

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。普段よく聞く『プラ…

  3. メディア

    過去・雑記

    テレビを見るとバカになる理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。昔から、テレビばっ…

  4. クレーマー

    過去・雑記

    そのお客さんは神様?貧乏神?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。「クレームに真摯に…

  5. 過去・雑記

    集めると集まるの違い

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。集客は集めるんでは…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. Twitter
  2. WEBマーケティング
  3. ブログ
  4. 承認欲求

最近の記事

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. Facebook

    SNSマーケティング

    Facebookの超危険なワンクリックで人生を終わらせたい人たち
  2. つぶやき・仕事術

    進化し続ける人のゴールデンウィークの仕事の仕方
  3. 承認欲求

    マーケティング

    個人ビジネスで生き抜くための『承認欲求タイプ別マーケティング』とは?
  4. 就職活動

    マーケティング

    就活生はヒッチハイクの前にマーケティングを
  5. Twitter

    SNSマーケティング

    誰も知らない「固定ツイートのポテンシャル」を最大限に引き出す方法
PAGE TOP