過去・雑記




努力が報われないたった2つの理由

こんにちは、服部です。

あるネガティブな検索キーワードでこの記事にたどり着くことがあるようです。

その人たちにとって今回の記事の内容というのは、少々辛口に感じられるかもしれません。

そういう人のためにこんな記事を書いたのでこの記事から目を通していただければと思います。

 
そうではない人はこちらからどうぞ。
 

あなたは”努力は報われると思ってる派”ですか?
それても”報われない努力もあると思ってる派”ですか?
そう思う理由はなぜですか?
この辺で、一度人生を振り返って考えてみませんか?

・がんばってうまくいったこと
・がんばったのにうまくいかなかったこと
・がんばってないのにうまくいったこと

っていうことが少なからずあったハズだと思います。
 

僕が思うに、努力は報われます。
 

せっかくがんばってるんですから、報われないことには人生やってられませんよ(笑)

努力は報われます。

普通は。
 

ただ、”例外”というか、”条件付き”とでも言いましょうか、報われないこともあります。

とは言っても、その例外や条件付きを知ることによって、結果として努力は報われます。

その例外、あるいは条件つきには2つあります。

我流でやる

何でもかんでも自分の考えだけででやってしまう人です。

ズレた努力を続けてる人とも言います。

我流で報われる人、ちゃんと成果を出せる人というのは、ご存知の通り、天才さんだけです。

これに気づいてない人がけっこう多いように思います。

しかも、天才さんに限って死ぬほど努力をしてますので、天才でもなく努力もしない人が成果なんか出せるハズはなく、報われるとかという次元の話ではなくなります。

我流をなくし、ズレを修正して努力を続けることで、お客さんに必要とされ、感謝されるようにもなります。

そして、その方法は、

信用・信頼できる人に聞く

ただそれだけです。
 

念のためにお伝えしておくと、この”聞く”ということを、ネット上での情報収集や書籍、教材、セミナーなどで、情報収集することと勘違いしてる人がいます。

これ、結局は自分の胸に聞いてるだけのことなんです。

ほとんどの人は、本や情報教材を買ったり、セミナーやお茶会に参加したりする理由というのは、それに対して何かしらの強い共感を得たからなんです。

「そうそう、そうだったんだよ~」
「まさに、それが知りたかったんだよ~」

って思うからお金を払います。

でもこれは、もともとが自分がズレてる状態なので、ズレてる考えでがズレたモノをチョイスしてるだけです。

つまり、自分に合わせて必要なものを選んでるつもりで、教材やセミナーに自分が合わせにいってるだけなんです。

向こうが売りたいものを買わされてるだけなので、当然、成果なんか出るわけないんですよね。

こういったものは、共感を掴むことで売ってますので。

・楽して儲けたい
・簡単に集客したい
・今すぐ稼ぎたい、
・ありのままでいい
・強みを発掘して起業する、
・運動せずに痩せる
・食べたいだけ食べてキレイになる

これが全部逆だったらどうでしょう?

・簡単に儲けられない
・集客は難しい
・稼ぐには時間がかかる
・自分を変えろ
・弱みを克服できないと成功できない
・運動せずには痩せられない
・キレイになるのは食事制限

心の底では「やっぱりそうだよね~」ってわかってますが、誰も共感しないし、飛びつかないですよね(笑)

「はぁ!?ありえへんやろ!?」
「いやいやいや、それはないわ~」
「え!?それってどいうことなん!?」

っていうことに蓋をしたりスルーすることなく、積極的にお金や時間を投資できる人は少ないんです。

新しい価値観を受け入れることになるので、違和感は満載ですし、精神的にもしんどいからです。

それより「それそれ!」を受け入れる方が簡単です。
 

人間は、

楽して得したい生きもの

ですから。
 

恥やプライド、自信過剰、理由はいろいろありますが、我流を突き通して、他人に聞けない人というのは、天才ではない限り、努力が報われません。

・がんばってうまくいったこと

⇒正しい人に学んで正しく行動したからじゃないですか?がんばる方法も方向も正しかったからじゃないですか?
 

・がんばったのにうまくいかなかったこと

⇒全部自分でなんとかしようとしたからじゃないですか?あるいは、がんばる手段や方法が間違っていたり、がんばる方向や力点がズレていたからじゃないです?
 

・がんばってないのにうまくいったこと
 
⇒なんとなく正しい方法や正しい方向を知っていて、普通の人が時間をかけてズレを修正していたことでも、やってみたら簡単にできたからじゃないですか?

時代の流れに適応できない人

以前の記事で、63歳のスーパーウーマンを紹介したことがありますが、実はそのときに、同時に今回の記事も頭で書いてました。

63歳という年齢で、しかもWEBとは無縁の業界なのにWEBの重要性を敏感に認識して受け入れられていますね。

さらには、ネット上の微妙な情報に惑わされないように、「この人は!」と思う人を決めたら即行動して、実際に会って話を聞くというアクションをされてました。

実際、僕とパートナー契約を結ぶ前にも、いろんな人とあって情報収集をされてたみたいです。

で、最終的には僕を選んでいただいたわけなんですが。
 

常に時代の流れや変化を理解して、情報収集を欠かさず、さらには、その真偽を確かめるために行動しまくる。

そして、ちゃんとリアルな世界で人間に会って話を聞き、パーソナル、ノウハウ、スキルを確認して、信用できると確信したら不都合な事実も全て受け入れる。

あたりまえのようなことなんですが、歳を取れば取るほどできなくなってしまうことなんです。
 

考えてみてください、

小学生 ⇒ 中学生 ⇒ 高校生・大学生 ⇒ 社会

どの時期が親や先生に一番質問をしていましたか?
どの時期が世の中のことに一番興味を持ってましたか?

うまくいってる人や、時代の流れに沿ってる人に聞いて、付いて実践し、常に修正をしてもらえる環境にあれば、成果が出ないハズがないんです。

つまり、努力が報われないことなんかないってことです。

あなたの努力が報われないのはなぜでしょうか?
我流でやってるからでしょうか?
時代の流れに適応できてないからでしょうか?

あるいは、、、自分のことを天才だと思い込んでるからでしょうか?

「オレにはずば抜けたセンスがあるはずだ!」
「ワタシは他の人たちなんかとは違うのよ!」

って。
 

そろそろ目を覚ましましょう。

最後に、恥を承知で誰かに質問したのはいつですか?


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  2. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  3. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  4. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  5. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み

関連記事

  1. ニーズ

    過去・雑記

    『楽して得』の後にある『罠』②

    こんにちは、服部です。前回の続きです。 そ…

  2. シャワー ゾウ

    過去・雑記

    情報のシャワーの正しい浴び方

    こんにちは、服部です。インプットの仕方に関してはいろいろありま…

  3. 北風と太陽

    過去・雑記

    『北風と太陽』の北風くんのその後とマーケティング

    こんにちは、服部です。言わずと知れた、超有名な童話。『…

  4. マインドコントロール

    過去・雑記

    ブログを継続的に読んでもらうには2つの理由が必要

    こんにちは、服部です。最近マインドコントロールやら宗教というあ…

  5. 過去・雑記

    大阪維新の会と日本共産党のコンセプトのレベルの違い Part1

    こんにちは、服部です。昨日の昼間、近所散歩していたら、ある1台…

  6. 大阪都構想

    過去・雑記

    本質は賛成・反対ではなく『CHANGE』できるかどうか

    こんにちは、服部です。大阪都構想に対するツイートのまとめみたい…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. インフルエンサー
  2. コンサル

最新記事

  1. あなたの悩みをTwitterで解決する『140文字コンサル』…
  2. イケダハヤトさん、Twitterのブロック解除をお願いします…
  3. AIと共存するための教育システムを破壊する「大人の事情マーケ…
  4. ビジネスやお客さんを舐めたブログには明るい未来など1mmも用…
  5. 一度逃げたヤツは何度でも逃げる。一度裏切ったヤツは何度でも裏…

服部のアタマの中

  1. WEB集客

    メルマガスタンドを選ぶ際に絶対に外せない10のオススメ機能がついている『ステップ…
  2. 起業

    アフィリエイトの正しい知識

    起業して安全かつ最短でサラリーマンの給料を超える方法
  3. つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part6 ~自己啓発~
  4. ケイティ・ペリー

    洗脳・マインドコントロール

    ケイティ・ペリー以外のインフルエンサーは全員ザコである
  5. ai

    集客・マーケティング

    AIと共存するための教育システムを破壊する「大人の事情マーケティング」
PAGE TOP