情報のシャワー

過去・雑記

情報のシャワーの正しい浴び方

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

インプットの仕方に関してはいろいろありますが、僕は基本的にはこのスタイルです。

・いろんな場所でいろんな人物や情報に触れ
・それらを同じ次元や定義で徹底的に比較し
・取捨選択のスキルを高いレベルで身につけ
・信用できる人から情報のシャワーを徹底的に浴びる

もちろん、情報の取捨選択をやめるというわけではなく、インプットしようとする情報は細かく精査します。

食べ物と同じですね。

見た目もよくて味も美味しそうでも、健康を害するとわかったものは食べませんし、見た目はよくなくて苦くて不味くても、心と体を健やかにするものであれば食べますよね。
 

何でこんなことを言うかというと、上記のツイートを見かけたからなんです。

 
最近、僕の周りにもエクスマ信者はけっこう多くて、毎日のようにタイムラインに流れてきます。

すごい勢いと知名度になってきましたよね。

しかし、だからこそ「余計なことは調べないこと」というのは、影響力がある人間が発する言葉としてはかなり危険な発言なんですね。

なぜなら、これを鵜呑みにした人は思考停止するしかなくなるからです。
 

別にエクスマの教義や思想がダメだとかは一切言いたいわけではなく。

コミュニティは必ず宗教化していくものなので。
 

SNS依存はしない方が良いとは思いますが、エクスマが提唱する「体験を売る」ということは、欧米では大昔から言われているマーケティングの基本中の基本ですし。

例えば、ドリルが欲しい人はマシーンが欲しいわけではなく、穴(を開けた後の世界)が欲しいわけですし、フランクミュラーの時計が欲しい人は、時間を見る道具が欲しいわけではなく、見栄を張ったりや承認欲求を満たしたいだけです。
 

まぁ、マーケティングの話は置いといて、今までいろんな情報を取捨選択してきた人で、人生経験を積んできた人であれば、

「今これをすべきで、次にこれをすべき」
「今のところはこれは必要ない」
「これは調べてもラチがあかないこと」

などをハイレベルで判断することができますが、そうではない人が調べることをやめるということは単なる視野狭窄でしかありません。

選択肢が多いから迷うのではなく、選択するための情報がないから迷うということです。

あるいはスキルがないから判断できないわけです。

それは明らかに情報不足であり、すなわち、経験不足だということに他なりません。
 

あなたは情報をシャットダウンするステージですか?

それとも情報のシャワーを浴びるステージですか?


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

USJマーケティングの基礎を学びたい人が最初に読むべきUSJの本前のページ

ブログとメルマガの「情報の質」のライン引き次のページ国境

関連記事

  1. お客様の声

    過去・雑記

    一瞬で地獄に変える『お客様の声』

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ホームページやブロ…

  2. 過去・雑記

    インターネットのリスクと恐怖『BEST5』

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。世の中がどんどん便…

  3. 過去・雑記

    『研修中』の名札は必要ですか?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。本来はアメブロの感…

  4. セッション

    過去・雑記

    映画『セッション』で学ぶ、人をダメにする2文字の英語

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕は映画が好きで、…

  5. クレーマー

    過去・雑記

    そのお客さんは神様?貧乏神?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。「クレームに真摯に…

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. ホリエモン
  2. リストマーケティング
  3. ケイティ・ペリー
  4. 自己啓発

最近の記事

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. music

    note戦略

    『YouTube × note』でシンプルにマネタイズする方法【ミュージシャン編…
  2. ブログライティング

    ブログ集客

    ブログの執筆スピードが遅いことはとてもスバラシイことです
  3. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
  4. ブランディング

    SNSマーケティング

    プロフィールアイコンやファッションを変えたら売上は変わるのか?に対する絶対的解
  5. コロナ

    マーケティング

    コロナ禍でも余裕のフリーランスはみんな「違いをもたらす違い」を知っている
PAGE TOP